JetBrainsテクニカルサポートの利用方法

こんにちはJetBrains堀岡です。 JetBrains製品を使っていて問題に遭遇した時に、 ググってみたけど解決方法が見つからず Twitterで誰となく助けを求めてる みたいにお困りの方、時折お見かけします。 以前、「最近始めた人、これから始めたい人向けJetBrains製品関連の情報源」で説明したことはありますが、まだまだJetBrainsのテクニカルサポート窓口が存在することを認知されていないのかなと思っていたところ、ちょうど良いタイミングでPhpStormのRoman Pronskiyから「PhpStorm and YouTrack: We Want Your Feedback」というJetBrainsのサポートの利用方法に関するブログポスト(英語)がありました。本記事は、こちらの内容を一部抜粋、加筆したものになります。 ちなみに現在(2019年7月時点)でJetBrainsにおける日本のお客様へのサポート体制としては JetBrainsの営業関連のお問い合わせは日本語で対応 JetBrains製品のテクニカルサポートとのコミュニケーションは*原則英語で対応 となっております。もし、日本語でテクニカルサポートを受けたい場合は、サムライズム様からのサポート付きプランの購入をご検討ください。それ以外の方は、こちらで解説する方法を参考にJetBrains製品のテクニカルサポートをご利用いただければと思います。 JetBrains IDEからテクニカルサポートへの連絡方法 今回の記事では(PhpStormやIntelliJ IDEA等の)IDE画面上からJetBrainsのテクニカルサポートに連絡する方法を解説します。以下の画面例のようにIDE上ではHelpメニューからテクニカルサポートへの連絡が可能です。 (IDEから)テクニカルサポートへの問い合わせの種類には以下の3種類があります。それぞれの用途は以下のとおりです。 Contact Support… – サポートチケットを起票するためのウェブフォームを開きます。製品の使用法や、バグかどうかわからない場合の問い合わせ等にこちらをご使用ください。 Submit a Bug Report… – 明らかにバグを思われる場合や、Feature Request(機能拡張要求)に利用します。YouTrackと呼ばれる課題管理システム上にIssueを作成します。初めて利用する場合はSign up(アカウント登録)が必要です。 Submit Feedback… – 上記以外の場合に利用します。 もちろん、IDE上からではなくJetBrainsのウェブサイトから直接テクニカルサポートに連絡することも可能です。詳細は「最近始めた人、これから始めたい人向けJetBrains製品関連の情報源」を御覧ください。  YouTrackを初めて利用する方へ ここではSubmit a Bug Report…(バグレポートや機能拡張要求)で利用するJetBrains製の課題管理システムYouTrackについてもう少し詳しく見ていきます。既にJiraやRedmine、Backlog等をお使いの方は、似た感じだと思いますので、特に難しい内容ではないでしょう。  Issue(課題)画面の説明 ここでは過去にPhpStormに報告された問題・課題(以下Issue) https://youtrack.jetbrains.com/issue/WI-46383 の画面を例に、皆さんが参照すべき箇所を紹介します。PhpStorm独自の例も含まれるかもしれませんが、他のIDE向けプロジェクトでも基本同じかと思います。 代表的なフィールドの説明 Project – Issueの報告対象となる製品やコンポーネントを表します。報告されたIssueにはProject毎のPrefixが付きます。PhpStormの場合「WI-」が付きます(理由はもともと「WebIDE」だったからだそうです)。一点注意としては、PhpStormはIntelliJ プラットフォームやWebStorm等の複数の機能の組み合わせで構成されています。そのため、Issueの内容・原因によっては、報告いただいたProjectとは別のProjectに割り当てられることがあります。 Fix versions – Issueの修正が提供されるバージョン。最新のメジャーリリース(2019.1.3 )と1つまえのメジャーリリース(2018.3.6)のように、複数のバージョンが指定されることがあります。 Affected … Continue reading JetBrainsテクニカルサポートの利用方法