Libraries

kotlinx serialization 1.2.0

kotlinx.serialization 1.2 のリリース: JSON 高速処理、値クラスのサポート、ドキュメントの見直しなど

先日、kotlinx.serialization 1.2 がリリースされました! 当社のマルチプラットフォーム向けシリアル化ライブラリの最新バージョンにはいくつかの改善点が盛り込まれています。以下、その概要を紹介します。 JSON のシリアル化がこれまでで最速に。 バージョン 1.2 では、JSON を型安全な Kotlin オブジェクトに解釈し、Kotlin オブジェクトをテキストとして表示する処理を過去のバージョンよりも最大で 2 倍も速く処理できるようになりました。 Kotlin 1.5 で追加された型システムのサポート。 Kotlin の他のクラス同様に、値クラス(value class)・符号なしの数値を JSON に変換し、また元に戻すということができるようになりました。 新しくなった API ドキュメント を使用すれば、kotlinx.serialization が提供するすべての機能を簡単に見つけられます。 バージョン 1.2 には、JSON フィールドの代替名に対するサポートが新しく盛り込まれているほか、それにより、Kotlin クラスから自動的に Protobuf スキーマを生成する新しい実験的なアプローチも提供されています。この機能については、ぜひご意見をお聞かせください! それでは、今回の新バージョンに関する変更点や追加機能を一緒に見ていき