Monthly Archives: September 2013

PhpStorm 7 パブリックプレビュー

たくさんの改善と、たくさんの新機能をひっさげてPhpStorm 7 パブリックプレビュービルド 131.98 をリリースしました。 すでにEAPビルドをお使いの方は最新ビルドをダウンロードし、何か不具合があればYouTrackへ報告をして頂きますようお願いいたします。 6.0.xの安定バージョンを使っている方向けにまとめたバージョン7.0(2013年10月または11月にリリース予定)の主な新機能は以下の通りです: PHP 言語サポート: PHP 5.5対応、構造・タイプインターフェース・PHPDocのカラーリングの改善、新しいリファクタリング(スタティックメンバーの移動やインターフェースの抽出)、新しいインスペクションやクイックフィックス 内蔵ツール: Vagrant, 内蔵 SSH コンソールとリモートツール、ローカルターミナル、より多くのコマンドラインツールサポート(Zend Framework 2 Tool), Symfony Consoleベースのツール (LaravelやDoctrine, Drush for Drupalなど), Google App Engine for PHPサポート デバッグとテスト: デバッグ設定の検証、スマートステップインデバッグ、サーバサイドのPHPUnitサポートの改善 フレームワークとプラグイン: Drupal プラグイン、Symfonyやその他のフレームワークのサードパーティプラグイン PhpStorm 7はWebStorm 7由来の新しいツールキットも含みます: Web テンプレートサポート(EJS、Mustache、Handlebars) Web … Continue reading

Posted in PhpStorm | Leave a comment

ReSharper最新オススメプラグイン

今年初めから、ReSharperのプラグインについて(英語)のブログポストを沢山書いてきました. ReSharper 8では新しいエクステンションマネージャーを備えており、プラグインのインストール、配布、ライブテンプレートの設定は一層簡単になりました。この改善で既にコミュニティのコントリビュートが増えています。中でも注目すべきプラグインをこのエントリでは取り上げます。 JetBox JetBoxはReSharperの設定をDropBox経由で同期させることができる素晴らしいプラグインです。複数のマシンで作業する方には重宝することでしょう。 DropBoxとのリンクはReSharperの設定画面より行えます。一度リンクしてしまえば設定の変更内容は随時マシン間で同期されます。 Go to Word ReSharperではGo to Everythingによりあらゆるシンボルやファイルへジャンプできます。ソリューション内の特定の単語にジャンプしたい場合はFindダイアログを使ってグローバルな検索を行います。全ての検索結果が表示されるまでしばらくご辛抱ください。でもGo to Wordを使えば待たされることはありません! Go to Wordを使えばプロジェクトファイル内のどんなテキストでも検索できます。ReSharperのキャッシュを活用しているので検索は凄まじく高速です! Visual Studioのホットキーとして設定してしまえばGo to Everythingと同じ感覚で使えます: Postfix Completion Postfix Completionはコードの文脈に応じたコード補完機能を追加します。例えば以下の例では配列の変数に対してforeachを選択すれば配列のループ構文が生成されます。 .prop ではプロパティの作成と代入を、.notnullではnull値チェックコードを生成します。ブール式に対して.whileを選べばそのブール式を使ったwhileループを生成します。このエクステンションではこのような便利なショートカットを20も追加してくれます! Utility Pack Utility Packはコードの前後関係に応じたたくさんのアクションを追加します。メソッドの複製、Abstractに変更、Virtualに変更、パラメータの引き出し、Forループの逆転、Operationとして使用、キャストの使用、String.Compareの使用、StringBuilderの使用です。 二つの文字列が同じか、String.Compareを使って確認したいといった場合はUtility Packがまさにやってくれます: 明示的なキャストよりもasを使いたい場合も簡単です! 他にも9個のアクションがUtility Packプラグインによって追加されます。是非お試しください。 Introduce Namespace Alias refactoring … Continue reading

Posted in ReSharper | Leave a comment

PyCharm 3.0 EAP build 131.91 リリース

PyCharm 3.0のリリースが近づいています。ロードマップに挙げられている機能は着実に実装が進んでおり、EAPビルドに反映されています。今回のEAPビルドの主要機能は以下の通りです: Python console内の変数ビュー(Variables view) PEP8命名規則違反の検出とハイライト PyQtとPyGTK対応の強化 Subversion 1.8対応(まだベータ、初期段階のクオリティ) カスタムスケルトン(サードパーティーライブラリの型定義)はPyCharmにパッチをあてることなく使えるように。既存のスケルトンはGitHubリポジトリへ移動しました このビルドはEAP pageよりダウンロードしていただけます。詳しい変更内容はリリースノートをご覧ください。またいつも通りYouTrackへのフィードバックは大歓迎です。

Posted in PyCharm | Leave a comment

PhpStormのLiveEdit

Live Edit は編集内容をブラウザを手動でリロードさせることなく即座に確認できる機能です。ブラウザのエクステンションをインストールすればHTML、CSS、JavaScriptで編集している箇所のみをブラウザ内で自動的にリロードし、カーソル位置の要素をハイライトしてくれます。コード補完もライブに行えます。 以下のビデオをご覧いただけばフロントエンドデベロッパにとってLive Editがいかに生産性を向上させるのかご理解いただけるでしょう: Live Editの設定や利用方法はPhpStorm 7 / WebStorm 7で大きく修正されました(これまでは挙動が不安定でブラウザやPhp/WebStormを再起動させないとうまくはたらかないこともありました)。挙動をより安定させるため、Live EditはJavaScript debug session内でのみ有効となります。つまりRun/Debug 設定を先に行う必要があります。 HTMLファイル用のRun/Debug設定はコンテクストメニュー内のDebug [ファイル名] を選択するだけで自動的に作成されます。 または手動でRun/Debug設定を作ることもできます。 ところで、Live EditはReload in Browserアクションも提供しています。ページ全体をリロードしたい場合はブラウザに移動することなく、割り当てたホットキーでPhpStormからリロードさせることができます。(PHPファイルだけでなくSmarty/Twigテンプレートでも有効です)。 Live Editのチュートリアルもあわせてごらんください。 是非 PhpStorm 7 EAP をお試しいただき、YouTrackや掲示板へフィードバックを頂ければ幸いです。 Develop with pleasure! – JetBrains PhpStorm チーム

Posted in PhpStorm, WebStorm | Leave a comment

IntelliJ IDEA 12.1.5 EAP 129.1237 リリース

IDEA 12.1.5アップデートに先立ってプレビュービルドである IntelliJ IDEA 129.1237をリリースしました。いくらかのバグ修正とパフォーマンスの改善が施されています。 詳しくはリリースノートをごらんください。 また、お気軽に掲示板やYouTrackへフィードバックをお寄せください。 Develop with Pleasure!

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

IntelliJ IDEA 13 EAP 132.197 リリース – Groovyサポートを強化

IntelliJ IDEA EAP ビルド132.197をリリースしました。このビルドでは沢山の機能強化が施されており、特にGroovy対応がより強力になっています。 詳しくはリリースノートをごらんください。 また、お気軽に掲示板やYouTrackへフィードバックをお寄せください。 Develop with Pleasure!

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

IntelliJ IDEA 13 EAP 132.106 リリース

IntelliJ IDEA EAP ビルド132.106をリリースしました。いつも通り数多くのバグ修正は機能強化が施されています。 詳しくはリリースノートをごらんください。 また、お気軽に掲示板やYouTrackへフィードバックをお寄せください。 Develop with Pleasure!

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

PhpStorm 7 EAP 131.61 リリース

焼きたてフカフカのPhpStorm 7 EAP 131.61をリリースしました。 このリリースの主な新機能は以下の通りです: Scope highlighting for PHP control structures – alternative syntax (WI-566) Type inference fixes (e.g. @return static[] now works as it should, WI-13242) Symfony Console standalone for Laravel and Doctrine (WI-18196) PHPUnit on Server fixes Traits-related inspections … Continue reading

Posted in PhpStorm | Leave a comment

dotCover 2.5リリース: Hot SpotsとReSharper 8連携

お待たせいたしました。dotCover 2.5のリリースです!こちらからダウンロードしていただけます。 新しい機能は以下の通りです: ReSharper 8との連携。ReSharper&#8のユニットテストランナーでカバレッジ測定をするにはdotCoverを2.5にアップグレードする必要があります。 このバージョンではHot Spots viewと呼ばれる昨日によりソリューション内でリスクの高いメソッドを突き止めるのが簡単になります。リスクの高いメソッドとはつまり循環的複雑度が高く、テストカバレッジの低い箇所のことです。 @maartenballiauwのビデオ(英語)をご覧いただければ一目瞭然です: 内部の大幅な改善によりdotCoverのメモリ使用量は大幅に削減されました 異なるフィルタが適用されていてもカバレッジスナップショットをマージできるようになりました 是非最新版のdotCover 2.5をダウンロードしてください。 また、dotCoverをすぐに活用していただけるようビデオ(英語)をたくさん用意しました。多くのユースケースはこのビデオをごらん頂ければカバーできるのではないかと思いますので是非ごらんください。

Posted in dotCover | Leave a comment

ReSharper 8.0.1 リリース!

ReSharper8.0の最初のアップデート、ReSharper 8.0.1をリリースしました。 130を超える修正が施されております。主な修正内容は以下の通りです: Unit test runner (フリーズ、クラッシュ、不正確なテスト状態、NUnit Test Adapterとの衝突など) Export of settings Code analysis (ダブルチェックロックの二回目のチェックが必ずtrueであると誤指摘する問題) UI (License Information ダイアログの見た目の修正) Internationalization (Move HTML to Resource が正常に動作しない) Code completion Performance (ユニットテスト実行、CSS周り) 修正内容の一覧はReSharper 8.0.1 release notesにあります。 ReSharper 8.0.1のリリースを終え、次はReShaper 8.1に向けて動き出しました。ReSharper 8.1ではTypeScriptサポート、JavaScriptサポートの改善、Project依存ビューやVisual Studio 2013連携、カスタムDPI設定周りのユーザビリティ関連問題が修正される見込みです。お楽しみに!

Posted in ReSharper | Leave a comment