JetBrainsのC++ IDE: 最新の状況とビデオ

以前アナウンスしたJetBrainsのC++ IDEの開発計画について対する期待の声が寄せられています。プライベートプレビューに対して大変な数の応募がありました。たくさんのフィードバックと、リリースを期待する声に驚いています。ここで現在の状況をお伝えしたいと思います。

プライベートプレビュービルドは現時点の機能セットでカバーできる一部のプロジェクトにのみ提供する予定で、近々お届けできる見込みです。プライベートプレビュービルドの主要機能は以下の通りです:

  • CMake + GCC + GDB7.
  • あらゆるプラットフォームむけ開発: Linux、OS X、Windows (Cygwin, MinGW).
  • C++11 サポート (ラムダ関数、raw string literals、variadic templates、decltype、autoなど)
  • Code解析とたくさんのクイックフィックス
  • リファクタリング(メソッド/変数/typedef/define等の抽出、シグニチャの変更、リネーム、安全な削除など)
  • Code生成とテンプレート
  • プリプロセッササポート(これにひょり高度なエディタ機能はマクロもサポートできます)

Clang/LLDBサポートは以降のEAPビルドにて実装される予定です。

そして機能紹介のビデオをどうぞ!

今後をお楽しみに!

The AppCode and C++ IDE チーム

原文

This entry was posted in AppCode, お知らせ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *