IntelliJ IDEA 13.1 アーリープレビュー

春(Spring)が近づいてきましたが、まだまだ寒い日続きますね。IntelliJ IDEA 13.1のアーリープレビューのリリースで心を温めていただければ思います。

IntelliJ IDEA 13.1 Early Access

IntelliJ IDEA 13.1では新しいSpring APIが導入され、Spring framework向けのサードパーティープラグインを書けるようになります。詳しくはAPIドキュメントをご覧ください。今回のプレビューリリースでは以下の機能も追加されています:

– 基本的な機能

  • 新しく、より洗練されたコード補完
    • 新しいインスペクション
    • インターフェースを@FunctionalInterfaceでアノテート
    • プラットフォームデフォルトキャラクターセットの暗黙的な使用の検出
  • Windows/Linuxの高解像度ディスプレイのサポート(-Dis.hidpi=true)

– Groovy

  • オーバーロードされたバイナリオペレータのハイライト

– Springフレームワーク

  • たくさんのXML設定ファイルを含むプロジェクトにおけるパフォーマンスの大幅な改善

– Web開発

  • より進んだAngularJSサポート
  • JavaScript開発におけるSpy-jsトレーシングツールの連携
  • Webブラウザパス設定の簡易化

AngularJSとSpy-jsサポートについて詳しくはWebStorm 8 EAPのアナウンスをご覧ください。

– クラウド

  • OpenShiftのデバッガ

– Mercurial

  • Amendコミット
  • branchメニューにおける無名ヘッド(unnamed heads)のサポート

もちろん、他にもたくさんあります。今後詳しくブログポストをあげていきますのでお楽しみに!ひとまずはEAPビルドをダウンロードしてお楽しみください。 フィードバックは掲示板へ、また何か問題があればお気軽にYouTrackへどうぞ。

Develop with Pleasure!

原文

This entry was posted in IntelliJ IDEA. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *