IntelliJ IDEA 13.1におけるJDK8のNashorn JavaScriptのデバッグ

先週より洗練されたJava 8サポートと共にIntellIJ IDEA 13.1 RC2をリリースしました。実はJava 8のコードアシスタンスだけでなく、JD8のNashornのビルトインデバッガも含まれています。NashornはJVMで動作するハイパフォーマンスでライトウェイトなJavaScriptランタイムで、Java 8に標準で付属します。

IntelliJ IDEA 13.1 RC2ではNashonのスクリプトにブレークポイントを設定してJavaアプリケーションと一緒にデバッグすることができます。簡単な例をご覧にいれましょう。以下の例ではNashornスクリプトよりJavaインターフェースをロードしています。インターフェースはsayHelloメソッドがあり、String型の引数をとり、String型を戻します。

Nashornスクリプトを開けば、通常のJavaScriptファイルとほとんど変わりありません。違いはこのスクリプトはJavaランタイムへアクセスしてdemo.HelloHelperをインスタンス化し、demo.HelloWorldインターフェースの実装を定義していることです。ブレークポイントを設定してスクリプトを停止してみましょう。

デバッグモードでアプリケーションを実行すると、ブレークポイントで停止し、ローカル変数の状態を確認しながらスクリプトをステップ実行できます。

他のブレークポイント、Javaサイドでももちろん停止できます。ここではスクリプトより返されたdemo.HelloWorldインスタンスの状態も確認できます。

ステップイントゥをすればスクリプト内に入り込んでステップ実行できます。

demo.HelloHelperというJavaクラスを取得するのにプレフィクスを使っていることに注意してください。これはステップイントゥー実行をサイドした場合、Javaサイドへ戻ることを意味しています。

また、FramesタブではJavaとNashornコードを実行する実際のスレッドのスタックを表示していることに注目してください。

ご覧の通り、IntelliJ IDEAではNashornスクリプトを簡単にデバッグすることができます。この機能によりJavaアプリケーションのスクリプティングがよりパワフルに、より有用になれば幸いです。

いつも通り、掲示板YouTrackへフィードバックをお願いいたします。正式リリースまであともう少しです!

Develop with Pleasure!

原文

This entry was posted in IntelliJ IDEA. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *