IntelliJ IDEA 15 EAPリリース

JetBrainsは開発をより楽しいものとすべく、日々精力的に活動しております。アーリーアクセスプログラム(EAP)はその活動の1つで、より早い段階でフィードバックを頂くべく、最新機能をいち早くお届けしております。そして、IntelliJ IDEA 15 EAPをリリースしました!

15_splash

15 EAPはこちらのページよりダウンロードしてください。数週間に一度は最新ビルドが公開されます。新ビルドの通知を受け取るにはSettings → Appearance & Behavior → System Settings → Updates → Automatically check updates forを“Early Access Program”に設定してください。フィードバックはYouTrack掲示板にお寄せください。

IntelliJ IDEA 15の開発は始まったばかりですが、既に沢山の便利な機能が導入されています。

デバッガ: Lambda表記内でストップ

皆様が着々とJava8へ以降していく中、IDEのJava 8親和性もどんどん高めています。15 EAPではLambda表記内へstep intoしたり、カーソル位置まで実行したりできます:

debugging_lambda

ブレークポイントを設定する箇所がLambda表記であれば、行内のどこに止めたいのかを尋ねてくれます。

コードフォーマッタ: クイックフィックスで設定を調整

コードスタイルをより簡単に設定できるよう、Adjust code style settingsというクイックフィックスを導入しました。このクイックフィックスはエディタ内でコードを選択すると使えるようになります。ポップアップ内で設定を選ぶと、適用結果をライブプレビューできます。膨大な設定を探し回るより素早くコードスタイルを修正できるはずです:

adjust_code_style_settings

バージョン管理: Diffビューワでコード編集

もう1つとても便利なのがDiffビューワの改善です。コミット前にDiffを確認している際、気になる箇所があればエディタへ戻る必要はありません。Diffビューワ内で鍵マークを押せばその場で編集を行えます:

vcs_features

編集はサイドバイサイド(デフォルト)でも、ワンサイドでも行えます。

バージョン管理: Mercurial Queues

Mercurial Queuesをお使いであれば、IntelliJ IDEAに新しく導入されたパッチ管理用の専用ツールをぜひお試しください。パッチを作成したり、ローカルコミットをパッチとしてインポートし、rename、apply、unapply、removeができます:

hg_mq_patches

エディタ脇のガターアイコンよりアプリケーションを実行

メインメソッドや、テストメソッドのあるクラスを素早く実行することができます:

gutter_run

パス内の検索: プレビュータブ

Find in Pathアクションをより効率的なものとすべく、プレビュータブを追加しました。プレビュータブ条件にマッチするファイルのうち100件をリアルタイムに表示してくれます。何度も検索をトライ&エラーすることなく、素早く必要なファイル、行を探し出すことができます:

find_preview

Quick Doc: クリッカブルなリンク

Quick Docポップアップのリファレンスをクリックできるようになりました:

quick_doc_links

Web開発: Polymer 1.0、AngularJS 2.0TypeScript 1.5サポート

Webデベロッパは是非お試しください。初期段階ではありますがPolymer 1.0、AngularJS 2.0、TSLinterをサポートしました。またTypeScript 1.5サポートも強化されています。

データベースツール: ツールウィンドウ内でオブジェクトをグルーピング

データベースツールが強化され、スキーマオブジェクト(テーブル、ビュー、シーケンスなど)とテーブルコンテント(カラム、インデックス、キー、外部キー)をグループ化できるようになりました。:

db_tool_window

データベースツール: データソース/ドライバダイアログの改善

データソース、ドライバを選ぶダイアログが改善され、より使いやすくなりました:

db_data_sources_and_drivers

OS XとJavaバージョン

OS Xユーザーの方はお気づきになるかもしれませんが、Java 6を必要とする.dmgの提供を終了します。かわりにJetBrainsが改善を施したJDK 8を同梱したイメージを今後配布して参ります。つまりIDEの起動にJava 6をインストールする必要はなくなります。もし同梱のJDK 8以外のJavaでIDEを動かしたい場合は、Switch IDE boot JDKアクションより選択することができます。なお同梱のJDK8のままJava 6、Java 7アプリケーションの開発が行えますので特に必要が無い限りはそのままご利用ください:

IDEA 15ではもちろん他にも便利な沢山の機能が追加されていきます。是非EAPリリースをダウンロードし、最新の開発体験をお楽しみください。

繰り返しになりますが、掲示板YouTrackへのフィードバックをお願い致します。

Develop with Pleasure!

 

原文

This entry was posted in IntelliJ IDEA. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *