YouTrack 2018.4リリース

YouTrack 2018.4 には多くの新機能と改善点がございます。(サムライズム様による翻訳はこちらになります。)

blog@2x (1)

カスタムプロジェクトテンプレート

既存のプロジェクトを新しいプロジェクトのテンプレートとして使うことができます。 テンプレートとしてマークされたプロジェクトは、プロジェクト作成ページの使用可能なプロジェクトタイプに追加されます。

Custom_project_templates_new

プロジェクトのクローン

既存のプロジェクトをクローンして時間を節約できます! 新しいプロジェクトは、プロジェクトチーム、アクセススキーム、カスタムフィールド、タイムトラッキング、ワークフロー、インテグレーション、およびアジャイルボードなど、元のプロジェクトの設定を継承します。

Clone_project

タイムシートレポート

このレポートは、あなたのチームがどのように時間を費やしたのかをカレンダーベースのスプレッドシートに表示します。 レポートは、ユーザーごと、または課題ごとに費やされた時間を示す2つのビューで切り替えることができます。 課題ごとのビューでは、課題IDをクリックして、選択した課題をシングルの課題ビューで開くこともできます。

Timesheet_report

ユーザーのメンションで検索

特定のユーザーの@メンション (@mention) を含む課題を検索できるようになりました。 この機能を使って、これらの課題の通知だけに頼ることなく、自分のアカウントをメンションしているレポートおよびリストを生成することもできます。

search_mentions

SAMLでアイデンティティプロバイダー起点のシングルサインオン

SAML 2.0認証モジュールをアップデートしました。IDプロバイダ側からのシングルサインオンリクエストを扱えるようにしました。

アップデートとエンハンスメント

レポートの集計オプション

いくつかのレポートで新しい「合計を表示」オプションが使えるようになりました。 このオプションを選択すると、レポートには投票の合計と、インテジャー(integer)、浮動小数点数(float)、または期間として値を保存している他のフィールドが表示されます。 こ機能を使って、投票の総数、見積もり、費やした時間などを示すレポートを作成できます。

課題リンクの改善

課題リンクパネルのタブベースのナビゲーションを使用すると、リンクタイプ別でリンクされた課題をすばやく見つけることができます。 また、リンクパネルを課題の概要のすぐ下に移動しました。

Issue_links

プロジェクトページからアジャイルボードへのリンク

アジャイルボードへの新しいリンクは、プロジェクトリストの各プロジェクトの管理メニューとプロジェクトの概要のサイドバーから利用できます。 これらのリンクを使って、関連プロジェクトの課題を表示するアジャイルボードへ直接アクセスできます。

Agile_boards_project_new

VCS統合の改善

バージョン管理システムとの統合プロセスをシンプルにしました。 YouTrackプロジェクトをGitHubやGitLab、Bitbucket内のリポジトリに直接インテグレートできるようになりました。

VCS_integration

プロジェクトチームインターフェースをアップデート

プロジェクトチームを管理するための新しいインタフェースで、シングルステップでユーザーやグループを追加または削除できます。 プロジェクトチームに割り当てられているデフォルトの役割を変更することもできます。

Teams

アクティビティストリームの経過時間用の表形式レイアウト

前回のリリースの後、新しいアクティビティストリームに関するフィードバックが寄せられました。 私たちはそのフィードバックに基づいて、機能を改善しました。 YouTrack 2018.4以降、アクティビティストリームで経過時間として表示される作業データは一連のカラムに表示されます。

Spent_time

タイムレポートの改善

タイムレポートの設定の新しいオプションを使用すると、親の課題ごとにグループ化したり、作業項目にコメントを表示したり、親タスクの合計経過時間を表示できます。

Time_report_UI

通知用のカスタム返信先アドレス

グローバル設定およびプロジェクトの編集ページに追加された新しいオプションを使用すると、YouTrackから送信された通知への返信を処理するための専用メールアドレスを指定できます。

GitHub認証モジュール用に許可された組織

GitHub認証モジュールの新しい設定により、ログインを特定のGitHub組織のメンバーに制限できます。 YouTrackのインストールにインターネットでアクセスできる場合は、組織に属するユーザーにGitHubアカウントでサインインさせることができます。

その他の改善

– フィールド値のユーザーツールチップ
– 課題リンクのショートカット
– 新しい通知テンプレート
– 新しい課題ビューでRTL言語をサポート
– LDAPグループマッピング
– Confluence統合用の課題マクロを作成する機能
– 複数のスプリントにカードを追加する機能
– レイアウトの改善

実験的な機能

シングル単語検索の最適化

この機能を有効にすると、一つの単語を含む検索では、その単語と完全に一致する単語により高い関連性スコアが割り当てられます。 クオートに囲まれた単語を含む検索クエリは、指定された単語形式に完全に一致する結果のみを返します。

YouTrack 2018.4 を試してみてください!

今すぐダウンロード

フィードバックも大歓迎です!以下のコメント欄からお気軽にお知らせください。

このリリースの詳細については、リリースノートをご参照ください。 新機能の設定の詳細については、最新のドキュメントをご参照ください。

クラウドでYouTrackをご使用の場合は、当社のメンテナンスカレンダーに従って、あなたのインスタンスは自動的に最新バージョンにアップグレードされます。

よろしくお願いいたします!

[原文Original post in English is written by Natasha Katson

About Elizaveta Semakova

Regional Marketing Manager for Japan at JetBrains
This entry was posted in YouTrack, お知らせ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *