Upsource 2018.2の新機能

Upsource 2018.2が先月リリースされました。(サムライズム様による新機能の翻訳はこちらになります。)

800x500_blogUP_2018_2_

Upsourceの最新バージョンではたくさんの改善点があり、レビューの作成とアップデートプロセスを簡素化しました。 自動化が一層進み、色々な面で強化されているため、管理作業の代わりにコーディングとコードレビューに集中できます。 また、Java 9のサポート強化や、もちろん、コード警告やサジェストを管理するIntelliJ IDEAエンジンの通常のアップデートもございます。

 

自動化の強化

コードレビューの作成と保守は、開発ワークフローの面倒な作業の一部であってはいけません。 Upsourceにはすでにレビューの作成を自動化できる方法がいくつか提供されていました。しかし、2018.2バージョンでは事前定義されたパターンに一致するコミットメッセージから自動的にレビューを作成したり、特定のコミットが自動的にレビューを作成しないようにする機能があります。

コミットメッセージ

そしてもちろん、これを他のトリガーと組み合わせることもできます。 例えば、特定のトピックを含むメッセージがあるコミットのレビューをUpsourceに自動的に作成させ、その分野のエキスパートに割り当てることができます。

レビューを作成するためのこのような合理化されたプロセスの欠点の1つは、レビューアの空き状況などの他の要因を考慮できない可能性があると、お考えかも知れません。 しかし、Upsource 2018.2では、自分を不在(Out of office)としてマークすることが可能になりました。 つまり、レビューは自動的にあなたに割り当てられることはなく、あなたのチームはあなたのステータスを見て、あなたがコードをレビューできるかどうかを判断することができます。

オフィスの外

レビューに自動期限を設定できます。 期限はレビュー作成後の日数として計算され、その日数は設定できます。 この期限は、レビューがアップデートされた場合(新しいコードがあったり、新しいレビューアがいる場合など)、自動的に延長されます。

よりシンプルなレビュープロセス

コミットページのツールチップでレビューの概要情報を見れるようになりました。 これにより、別のページにクリックスルーしなくても、レビューに関する重要な情報を確認できます。

Upsource 2018.2では、レビューから複数のリビジョンを削除できるため、レビューを構成するリビジョンを1つのステップで簡単にアップデートできます。

複数リビジョンの削除

Java 9サポート

Java 8からアップテートした方にとって、良いニュースです。 Upsource2018.2は、シンタックスのハイライト、コードインテリジェンス、およびJava 9、10、および11のナビゲーションをサポートしています。 Java 9をご使用の場合は、当社の What To Look For In Java 9 Code(英)というブログ記事をぜひお読みください。

java11

そして最後に

Upsource のユーザーインターフェイスがアップデートされ、より一貫した体験が得られます。 外観が良くなっただけでなく、使いやすくもなっているはずです。 Upsourceのパフォーマンスも強化され、Mercurial 4.6以降を実行しているサーバー用のサポートが追加されました。これらすべてにより、ユーザーエクスペリエンスが向上しています。

Upsource 2018.2は、コードレビューをさらにシンプルにするためのものです。

今すぐダウンロード

フィードバック大歓迎です!Twitter(@jetbrainsjp)ヘお気軽にお知らせください。

[原文Original post in English is written by Trisha Gee

About Elizaveta Semakova

Regional Marketing Manager for Japan at JetBrains
This entry was posted in Upsource, お知らせ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *