Category Archives: IntelliJ IDEA

IntelliJ IDEA 2018.1 EAP: Gitの部分コミットなど

IntelliJ IDEA 2018.1 EAPの最新ビルドをリリースしました。サイトからダウンロードするか、Toolbox Appよりアップデートしてください。 IntelliJ IDEA 2018.1ではついにGitの部分コミット(git add -p)をサポートしました。選択した部分だけをコミットし、他をスキップすることができます。 コミットダイアログのdiffビューにてコミットしたい部分にチェックを入れてください。 さらに、変更箇所を 別のチェンジリストにひも付けて別のタイミングでまとめてコミットすることも可能です。別のチェンジリストに移動するにはdiffペインで右クリックしてください。 別の方法として、エディタのガターエリアをクリックすればチェンジリストを選択したり新しいチェンジリストを作ったりできます。 近々Gitの部分コミットについては別のブログポストを公開する予定ですのでお待ちくださいませ。 新しいIntelliJ IDEA 2018.1 EAPではローカルの変更をディレクトリ、モジュール、リポジトリ別にグループ化して表示することができます。Version ControlツールウィンドウのLocal ChangesタブのGroup byアイコンより選択できます。これまではディレクトリとモジュールで同時にグループ化することしか出来ませんでした。今回より全部、または一部のみ、必要な形でグループ化できます。もちろんリポジトリでグループ化するのはプロジェクトで2つ以上のルートが設定されている場合のみ可能です。 Postfix code completionの改善 IntelliJ IDEA 2018.1ではPostfix code completionに改善が施され、カスタムpostfix Java templatesをPreferences | Editor | General | Postfix Completionより定義出来るようになりました。 自分で作成したり、リネームしたり、デフォルトで定義されているものを編集したり出来ます。 … Continue reading

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

IntelliJ IDEA 2018.1 EAP: 外部アノテーションのインライン表示、Javaコンパイラ対応の強化など

新しいIntelliJ IDEA 2018.1 EAPビルドをリリースしました。こちらからダウンロードして頂くか、Toolboxアプリより更新してください。 ご存じの通りIntelliJ IDEAではコードをannotations.xmlファイルより、ソースコードの外部からアノテート出来ます。 これらの外部のアノテーションはライブラリのクラスなど、ソースコードをいじれない場合に便利です。IntelliJ IDEAは外部でアノテートされているコード脇のガターに@ iconを表示します。最新のIntelliJ IDEA 2018.1ではこの機能が強化され、外部アノテーションをコードにインライン表示してくれます。 IntelliJ IDEAは自動的に@NotNullまたは@Nullableアノテーションを推測し、ガターアイコンに推測によりアノテートされたもの(inferred annotation)であることを示します。最新のEAPではソースコード内に表示する機能もあります。 このオプションはデフォルトで無効化されています。この機能を使うにはPreferences | Editor | General | AppearanceのShow inferred annotations inline チェックボックスにチェックを入れてください。 アノテートすると良い候補が複数ある場合は、サブメニュー内にグループ表示してくれます。 新しいconstant conditions and exceptionsインスペクションはnullableな値をアノテートされていないフィールドに代入しようとしたとき警告します。 この機能を使うにはPreferences | Editor | Inspections | Probable bugs | Constant Conditions … Continue reading

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

Java Annotated Monthly – 2018年2月

イベント レーダー上にひっかかったのはブリュッセルで開かれた FOSDEM です。FOSDEMはオープンソース界隈で最も重要なイベントの一つです。Javaはオープンソースで重要な位置を占めますので、FOSDEMでは1トラック丸々Java向けとなっています。イベントを見過ごした方も、ほとんどのセッションのビデオやスライドはオンラインでご覧頂けます。ビデオ一つ分見るくらいの時間しか確保できないお忙しい方にはMark ReinholdのState of OpenJDKをお勧め致します。 また、Kotlin Conf 2018が10月3日〜5日にアムステルダムで開催されることがアナウンスされたことも忘れてはいけません。Kotlinを使っている、または使おうとしているのであればカレンダーに印を入れておきましょう。我こそは講演を!という方はこちらより応募 してください。 Java Oracleは新しいJava Magazineを発行しました。メイントピックはリアクティブプログラミングです。まだリアクティブプログラミングをウオッチしていなかったという方は、この機会を使って是非チェックしてみてください。 また、OracleはJava SEサポートロードマップをアップデートしました。重要なのはJava SE 8アップデートが2019年1月まで延長となったことです。法人組織外でご利用になる場合については2020年末まで延長されました。 Javaのリリースサイクルについて言うと、Stephen ColebourneがJava9について興味深いポストを書き下ろしました。 Mark ReinholdはJava 10がリリース候補のフェーズに入ったとアナウンスしました。最初のリリース候補は既にダウンロードしていただけます。 ローカル変数の型推論以上にJava 10がなにをもたらすのか、知識をリフレッシュしたいのであればArtem Smotrakovによるすばらしいまとめをご覧ください。 もうJava 10は完全にマスターしてしまったという方はJEPでJava 11をターゲットとしている項目をご覧ください。 また、いくつか注目すべきJEPドラフトが最近上げられました: launching single-file source programs (java HelloWorld.java)、raw string literals (エスケープなし、かつ改行を含められる)、incubating language and VM … Continue reading

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

IntelliJ IDEA 2017.3 EAP でローカル変数の型推論をサポート

IntelliJ IDEA 2017.3 EAP でローカル変数の型推論をサポートしました。 待望のJava 9が数週間前にリリースされましたが、我々は既にJava 10がもたらすものを楽しみにしています。といっても次のバージョンはJava 10とは呼ばれないことになるかもしれません。オラクルは6ヶ月毎に新しいJavaをリリースする方向性を打ち出しており、次のバージョンは2018年3月に手に入り、Java 18.3と呼ばれる可能性があります。 バージョンがどうなるにせよ、次のJavaではJEP 286によるローカル変数の型推論が導入される見込みです。ローカル変数の宣言をシンプルにしようというものです。 IntelliJ IDEA 2017.3ではこれをサポートします。既にある変数宣言で文脈より型推論が可能な箇所ではvarと置き換えることを提案します。 現在のところ明示的な型宣言でvarを置き換えられる箇所も検出します。 この新しい機能により未来のJavaリリースを垣間見ることができます。是非お試しください。これは実験的な機能で、皆様のフィードバックを心よりお待ちしております。ただ、JEP 286はまだリリースされておらず、今後変更となる可能性があることに注意してください。その場合はIDEも変更を追随します。是非Twitterへ、YouTrackへコメントを寄せてください。 Happy developing!   [原文]

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

IntelliJ IDEA 2016.1リリース

ついにIntelliJ IDEA 2016.1の登場です。2016年最初のリリースになります。4ヶ月でJetBrainsが達成した内容にきっと驚くことと思います。是非ダウンロードして新機能の数々を体験してみてください。このポストでは主な改善点をお知らせ致します。   新機能 デバッガ Evaluate ExpressionとウォッチでJavaコードをデバッグしている場合もGroovy表記が使えるようになりました。Groovyのコンパクトな表現により、特にコレクションを扱っている場合に便利です。 現在のスレッドが他のスレッドによりブロックされている場合、再開することをサジェストします。 今までは再開すると他のサスペンド中のスレッド全てが再開していました。現在のスレッドのみを再開するように設定出来るようになりました。 デバッグ中のクラスファイルと、見ているソースコードに違いがある場合教えてくれるようになりました。無駄な時間、間違いを防げます。 バージョン管理 Git 2.5で導入されたgit worktreeをサポートしました。リポジトリの多数のリビジョンをシンプルに扱えるようになります。 ブランチのメニューに二つのアクションが加わりました: Checkout with Rebase(リベースしてチェックアウト)とリネームです。Checkout with Rebaseを使うと個別に二つのアクションを実行するよりも早く作業が完了します。 リビジョンのマージと比較はワード単位の差異ハイライトにより見やすくなりました。 エディタ コードエディタにre-order method arguments、array elements、tag attributes(メソッド引数、配列要素、タグ属性の順序変更)アクションが加わりました。Alt+Ctrl(Cmd)+Shift+←または→にて移動させることができます。 スタティックメソッドや定数はクラスと同様、Alt + Enterを押すだけで自動的にインポートされるようになりました。 Add unambiguous imports on the fly(曖昧なインポートを自動的に追加)オプションはスタティックメソッドや定数に対しても効くようになりました。 コードエディタがRTL言語(アラビア語、ヘブライ語)をサポートしました。 Gradle IDEのプロジェクトモデルはGradleに準拠するようになりました。GradeプロジェクトのソースセットはIDEにて個別のモジュールとして扱われ、個別に依存を持つことができます。これにより多くのユーザーが抱えていた問題が解決するはずです。 … Continue reading

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

IntelliJ IDEA 15.0.4 リリース

お待たせ致しました。IntelliJ IDEA 15.0.4をリリースいたしました。このアップデートでは古くからあるUnity(Ubuntu)におけるグローバルメニューの問題を含むたくさんのバグフィクスが施されています。 また、15.0.4ではKotlin 1.0プラグインもバンドルしています。Kotlinは正式版が先日リリースされ、安定してご利用いただけます。是非お試しください。 Develop with pleasure! 原文

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

IntelliJ IDEA 16パブリックプレビューリリース

IntelliJ IDEA 15を発表してからあっという間に3ヶ月がたちました。とても楽しい、というのも我々は新しい機能に触れていたからですが、そして忙しい、というのも多くのアップデートを約束したからですが、そんな3ヶ月でした。突然ですが、我々は自信を持ってIntelliJ IDEA 16のパブリックプレビューを送り出したいと思います。 最新版はこちらよりダウンロードしていただけます。では、新機能の概要を紹介します。 IntelliJ IDEA 16では引き続きJavaデバッガーを改良しています。Javaアプリケーションのデバッグ中に、ウォッチウィンドウにてGroovyの記法を使うことができるようになりました。 マルチスレッドのデバッグがより簡単にできるようになっています。 実行時のコードと異なるコードの部分をステップオーバーする場合にIDEから警告が発せられるようになりました。 エディターも新機能がついて進化しています。ステートメント全体を左右にシフトすることができます。 スタティックインポートも簡単になっています。またエディターはRTL系言語のサポートします(アラビア語とヘブライ語)。 多くのコードインスペクションを追加しました。例えばJava8のメソッド参照やラムダ表記やOptional型へのマイグレーションなどがあります。 インラインリファクタリングやチェンジシグネイチャーリファクタリングもメソッド参照などに正しく対応するように更新されました。 IntelliJ IDEAのプロジェクトモデルはGradleのものと整合しました。個々のソースセットの依存性を解決することによりカスタムソースセットをサポートするようになります。 この機能に関する報告は我々のユーザーによって大量になされていました。 VCS連携はいくつかの新しい機能を獲得しました。またログビューワーやDiffビューワー、マージダイアログのUIも変更されました。 Git連携ではGitワークツリーをサポートしました。 Spring Boot、Spring MVC用のコードアシスタンスを追加しました。またSpring Coreに関する多くのイシューを解決しています。 Thymeleaf用のビルトインコードアシスタンスはバージョン3に更新されました。またThymeleaf2に関するイシューも修正されています。 Kotlinの待望のバージョン1.0のリリースがIntelliJ IDEA 16にバンドルされます。 他のJVM言語についても更新があります。Scalaのコード補完についても改善されています。 IntelliJ iDEA 16ではJavaScript、ECMAScript6、TypeScriptおよびAngularJSについて、 コード補完、リファクタリング、よりよいデバッガー、インスペクションなど多くの改善がなされています。 Dockerプラグインにも様々な改善が施されています。UIを更新した他、Docker Machineのサポートを追加しました。 IntelliJ IDEA 16(およびIntelliJプラットフォーム全体)がJava 8に対応しました。 つまりデベロッパーはJava … Continue reading

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

IntelliJ IDEA 16 EAPビルド144-2925リリース

お待たせ致しました。新しいIntelliJ IDEA 16 EAPビルドのリリースです。いつも通り、沢山のバグフィクスと共に、二つの新機能があります。 concurrency annotationの利用方法を検出するインスペクションがjavax.annotation.concurrent.*でも働くようになりました: これまではnet.jcip.annotations.*にしか対応していませんでした。 KotlinプラグインはBeta 4へとアップデートされ、インクリメンタルコンパイラのパフォーマンスが上がり、言語、ライブラリのマイナーな修正、そしてコードアシストの改善も施されています。詳しくはこちらのブログポスト(英語)をご覧ください。 いつも通り、掲示板へのフィードバックや、YouTrafckへのバグ報告をお待ちしております。 Develop with Pleasure! 原文

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

IntelliJ IDEA 16 EAP 144.2608 リリース

IntelliJ IDEA 16 EAPの新しいビルドをリリースしました。 このビルドよりIntelliJ プラットフォームはすべてJava8へと移行いたします。Java 8より古いJDKでは起動できなくなりましたのでご注意ください。そしてデベロッパは144.*ビルド以降、または2016年春のメジャーリリース移行では、プラグイン開発などでJava 8の機能を利用出来るようになります。143.*ビルドのバグフィックスアップデートではJava6互換のままとなります。 コードの重複を検出するインスペクションは自動生成されたコードを無視できるオプションができました。 さらに、新しいインスペクションとして可視性を弱くできる(Declaration access can be weaker)ことを検出できるようになりました。有効化すれば、不要にフィールド、メソッド、クラスがpublicとして宣言されることを防げます。 このインスペクションはプロジェクト外のみでパブリックなAPIとして使われることを意図している場合は不要に警告してしまいます。必要なスコープ内で有効化するよう設定するか、Run Inspection by Name(Alt + Shift + Ctrl + I 、OS Xの場合:Alt + Shift + Ctrl + I )により都度実行するかしてください。 Mercurialではブランチ間のリビジョンの比較が出来るようになりました。これまでは単一のブランチ内のリビジョン間でしか比較できませんでした。 変更内要の全てはリリースノートをご覧ください。 お試しになりましたら、是非掲示板へフィードバックしたり、YouTrackへバグ報告したりして頂ければ幸いです。 Develop with pleasure and happy New Year! 原文

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

IntelliJ IDEA 15 EAPの実行状況インジケータ

IntelliJ IDEA 15 EAPの新しいビルドをリリースしました。いつも通り沢山の改善や新機能追加が施されています。中でも便利な実行状況インジケータをご紹介いたします。 通常、同じ実行設定を使って複数同時に起動する必要に迫られることはありません。例えばポートが衝突したりするからです。ポートや起動パラメータを変えて別の実行設定を定義するのが通常です。特定の実行設定が起動中かどうかを見極めるのはやや面倒です。そして誤って多重起動してしまうことも多々ありましたが、新しいIDEA EAPにおいてこれを解決するため”Single instance only option”を導入しました: 実行設定は小さい緑色のインジケータにより実行中かどうかを示してくれます。実行設定が”Single instance only”として指定している場合、IntelliJ IDEAは実行ボタンではなく、リスタートボタンを表示してくれます。”Single instance only”ではない場合、その実行設定でいくつ起動しているのか小さく数字で表示してくれます(そしてこれまで通り多重起動できます)。 Settings → Appearance & Behaviour → Menus and Toolbars、よりStop actionをツールバーに追加するよう設定うれば、起動中の任意のプロセスを手軽に終了させられるようになります: 小さな改善ですが、少しでも開発中のストレス緩和になれば幸いです。特に実行設定が沢山あるプロジェクトでは大いに役立つかと存じます。 また、WindowsインストーラはJRE 1.8 Update 51を使うようになりました。 新機能をお試しになりたい方はIntelliJ IDEA 15 EAPをダウンロードし、よろしければ掲示板やYouTrackへフィードバックを頂ければ幸いです。 原文

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment