CLionの良くある質問と答え

先日CLionのパブリックEAPをリリースしたあと、Twitterやメール、YouTrack、掲示板にて沢山のフィードバックを頂いておりJetBrainsは正直なところ過負荷に陥っております。皆様の声に感謝すると共に、ここに良くある質問と答えをまとめたいと思います。

ツールの選択肢

Q: CLionを使う上でCMakeを使わなければなりませんか?

A: はい。CLionは現在のところCMakeベースのプロジェクトのみサポートしています。

Q: 今忙しいですか他のビルドシステムをサポートする予定はありますかいつになりますか?

A: はい、予定には入っています。YouTrackのフィーチャーリクエストをご覧頂き、ご希望のものがあれば是非投票したりコメントしたりしてください。CLionバージョン1.0ではCMakeのみのサポートとなります。それ以降については皆様のフィードバックを元に決めて参ります。現在のところ人気のある機能リクエストは以下の通りです:

Q: Windowsで必要なツールチェーンは何ですか?

A: 選択肢として2つあり、Cygwin かMinGWをお使いいただけます。具体的には以下のように設定してください:

  • Cygwin: 最新の64-bitバージョンをダウンロードし、インストール時にgcc/g++、cmake、make、gdb 7.8を指定してください。
  • MinGW: CLionは現在オフィシャルサイトより取得できるMinGWx32 3.20のみサポートしています。MinGWをアップグレードする際にいくつか問題が発生することもわかっています。もし問題が発生したら最初からインストールし直すか、source forgeのバージョンをお試しください。MinGWx64バージョンはまだサポートしていません。必要な場合はこちらのissueをウォッチしてください。さらにmakeとgcc/g++ パッケージをインストールするのを忘れないでください。CLionと連携するのに必ず必要です。

Q: 初期画面で選択したツールチェーンを後から変更できますか?

A: Preferences/Settings | Build, Execution, Deployment | Toolchainsより変更できます。

Q: どのコンパイラを使えますか?またどうしたらコンパイラを変更できますか?

A: 現在のところCLionはGCCとClangコンパイラをサポートし、ライブラリやヘッダーパスもそれらを経由して取得します。次のリリースではサポート対象のコンパイラを増やす予定です。

コンパイラを変更するにはCMakeツールウィンドウのCacheタブよりコンパイラのパスをCMAKE_CXX_COMPILER変数に指定、Enterを押してから”Apply Changes and Reload”ボタンを押してください:

cmakecache

CMakeの設定

Q: CLionからCMakeに渡す環境変数やパラメータはどこから指定すれば良いですか?

A: 現在2つの方法があります: CMakeLists.txtファイルに指定するか、CMakeCacheから指定する方法です。将来、別のオプションとして設定する方法を提供する予定(CPP-188)もあります。

独自の変数を指定したい場合はこちらの回避策をご参照ください。(これは現在のビルドにある既知の問題のためです)

Q: CLionのビルド出力パスは変更できますか?

A: 以下のようにCMake変数を指定すれば簡単に変更できます:

set(CMAKE_RUNTIME_OUTPUT_DIRECTORY "my_dir")

GUIで設定したい場合はこちらのissueをご参照ください。

また、Run/Debug Configurations ダイアログ(Run | Edit Configurations…)からはプログラムの実行時のパラメータ、ワーキングディレクトリ、環境変数を指定することができます。

Q: CLionがいくつかのヘッダファイルを検出してくれません。どうしたらよいですか?

A: CLionはCMakeと同じようにヘッダファイルを探します。CMakeのINCLUDE_DIRECTORIES変数を指定してCLionが認識できるようにしてください。

ちなみにこちらのwikiに便利なCMake変数の説明が詳しく書いてあります。特にCMakeに明るくない方は是非ご参照ください。

Q: コンパイルは成功しますが、リファクタリングやシンタックスハイライトが正しく働きません。

A: 恐らくプロジェクトファイルが正しく認識されていません。(この場合ファイルはグレーアウトしています):

non-project-files

CMakeLists.txtファイル内において以下の書式で書かれている情報を取得しています:

set(SOURCE_FILES main.cpp)

add_executable(my_exec ${SOURCE_FILES})

これによりCLionはmain.cppがプロジェクトに含まれていると認識します。現在のところ、ヘッダーファイルも同様にプロジェクトに取り込まれます。

デバッグ

Q: 自分のプロジェクトではデバッグに失敗します

A: 古いLinuxディストリビューションではバンドルされているGDBとCMakeに問題があり 高いC/C++ ABIレベルを必要とします。なるべく早い段階で修正すべく開発を進めています。現在のところ、CMake 2.8とGDB 7.8を使うことで回避していただけます。

Q: LLDBをサポートする予定はありますか?

A: はい。ぜひこちらのissueをウォッチしてください。

キーマップ、ショートカット

Q: Visual Studio / Xcode などのキーマップが好みですが、CLionではどのように設定すれば良いですか?

A: CLionは様々なキーマップをサポートします。Preferences/Settings | Appearance and Behavior | Keymapよりお好みのものを選択してください。またはCtrl+`を押すことで素早く切り替えられます。

Q: 特定のショートカットがうまく働きません。どうしたら良いですか?

A: バグレポートをする前に以下のことをお試しください:

  • CLionショートカットがシステムレベルのショートカットと衝突していないか
  • 現在指定しているキーマップセットとは違うショートカットを押していないか

どちらにも当てはまらない場合はYouTrackへ報告してください。

ちなみに、JetBrainsお勧めのトップ10ショートカットは以下の通りです:

  • クイックフィックス(Alt+Enter): インテンションアクションやクイックフィックスの提示
  • スマートコンプリ—ション(Ctrl+Shift+Space): 通常のコード補完よりも正確な補完候補を提示(カーソル位置の型などから類推します)
  • ここをリファクタ(Ctrl+T): 現在のカーソル位置で有効なリファクタリングアクションを提示
  • パラメータ情報(Ctrl/Cmd+P): メソッドの引数を型情報と共にポップアップ:parameter_info
  • 関連するシンボルへジャンプ(OS X: Ctrl+Cmd+↑、Windows/Linux: Ctrl+Alt+Home): .hと.cpp間などを双方向にジャンプ
  • コード生成(OS X: Cmd+N、Windows/Linux: Alt+Insert): コード生成オプションをポップアップ
  • コードを囲む(Cmd/Ctrl+Alt+T) : if..else、do..while、#ifdefなどで選択したコードを囲むオプションをポップアップ
  • 使用箇所を探す(Alt+F7): 選択しているシンボルを参照している箇所を検索
  • ファイル構造(Cmd/Ctrl+F12): ファイル内のメソッドやフィールド定義などにジャンプfile_structure
  • アクションの検索(Shift+Cmd/Ctrl+A): アクション名で検索できるポップアップを表示

その他の質問

Q: タイプや補完などが遅い

A: どのような状況で遅くなるのか調べるため、皆様より詳しい情報をいただければ幸いです。現象を再現できるプロジェクトや、可能であればCPUのスナップショットをこちらeに記載してある方法で取得して送ってください

Q: CLionは有償の製品ですか?IntelliJ IDEAのプラグインとして使えるようになりますか?

A: CLionはオープンソースのIntelliJ Platform上に構築された有償の製品です。他のJetBrains製品と同じくCLionは無償から有償のものまで様々なライセンスの選択肢をご用意する予定です。

少なくともCLion 1.0リリースまではIntelliJ IDEAのプラグインとして使えるようにする予定はありません。今後検討いたします。

Q: CLionのプラグインを書くことは出来ますか?

A: はい。他のIntelliJ Platform製品と同じくCLionのプラグインはどなたでも開発することができます。詳しくはConfluenceのページをご覧ください。バージョン1.0リリースまではAPIは安定せず、修正しないと将来のバージョンで動かなくなる可能性もあります。

原文

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
Posted in CLion | Leave a comment

IntelliJ IDEA 14、WebStorm 9はPhoneGap / Cordova、Ionicに対応します!

IntelliJ IDEAはJavaデベロッパ向けの最高のツールであり続けると共に、Java以外のテクノロジーのサポートも怠りません。特にWeb開発については力を入れています。IntelliJ IDEAをJavaScript、CSS、AngularJS開発に使った事がある方ならばそのパワーをご理解頂いているかと存じます。

そしてIntelliJ IDEA 14ではその方向性がより明確になります。最新のEAPをお使い頂ければHTML5ハイブリッドモバイルアプリケーション開発に体する強力な面を感じて頂けるはずです。

本日お知らせしたいのはIntelliJ IDEAとWebStormが公式にPhoneGap/Apache Cordova、そしてIonicフレームワークを専用のプラグインでサポートすることです。

phonegap_console

詳しくはチュートリアルをご参照ください。

このプラグインは既にIntelliJ IDEA 14 EAPでお試し頂けます。是非ダウンロードしてみてください。うまく動かないことがありましたら掲示板YouTrackへフィードバックを頂ければ幸いです。

またPhoneGap/CordovaプラグインはオープンソースでGitHubリポジトリにありますので、どなたでもコントリビュートしていただけます。

Develop with Pleasure!

原文

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
Posted in IntelliJ IDEA, WebStorm | Leave a comment

CLion— C / C++ デベロッパ向けの新しいIDE

待望のC/C++ IDEをCLionとして公開致します!

CLion_EAP_splashJetBrainsはソフトウェア開発を生産的で楽しいものにするため常に注力しています。Javaのシンプルなリファクタリングツールに始まり、Java、.NET、Python、Ruby/Ruby on Rails、PHP、JavaScript、HTML、Objective-Cなど様々な言語、プラットフォームに対応してきました。 JetBrainsのスマートなツール群はコードの品質を高めたり、効率良くリファクタリングしたりコーディング出来ることで広く知られています。

CとC++はプログラミング言語の中でも特に歴史が長く、原始スープ(primordial soup)の中でも根強く生き残っているの言語として認識されています。そこでJetBrainsは信念に基づき、C/C++デベロッパの作業をより効率的なものとするため専用のIDEをリリースすることになりました。

是非EAPのページへ訪れて、CLionをお試しください。Quick Start Guideをご覧いただければすぐに慣れ親しんで頂けるかと存じます。

日々楽しんでいただけるツールとなるよう、皆様のフィードバックを心よりお待ちしております。アーリーアクセスプログラムを提供しているのはそのためです。ただしアーリーアクセスのビルドはベータレベルにも達していないことをご承知おきください。バージョン1.0をリリースするまでにすべきことはまだまだ沢山あります。

このビルドで提供している主な機能は以下の通りです。:

CMake

CLionはプロジェクトモデルにCMakeを採用しています。プロジェクトの情報(ソースファイル、コンパイラ設定、targetの説明など)はCMakeに記載し、変更内容は自動的にプロジェクトに反映されます。

CMakeベースのプロジェクトがあれば、IDEでメインのCMakeLists.txtファイルを開いてください。無い場合はシンプルなウィザードに従って必要な情報を入力していけばCMakeLists.txtを初期化することができます。CMakeLists.txtに変更を加えるとCLionは自動的に読み込まれます(手動でReload CMake Projectを呼び出すこともできます)。もちろんプロジェクトをビルドする際、IDEは自動的にCMakeを起動します。

CMakeCache変数とCMakeエラーはIDEのCMakeツールウインドウ内で扱えます:

cmake_cache_b

コンパイラとデバッガ

CLionはGCCとClangコンパイラに対応しています。デバッグについては現在GDB 7.6をサポートしています。デバッグ機能はデベロッパが期待する機能を一通りサポートします。つまりプログラムのステップバイステップ実行、ブレークポイントの設定、式の評価、ウォッチの追加、実行時の変数の設定といったことができます。

debugger_b

クロスプラットフォームコンパチビリティ

CLionはクロスプラットフォームIDEなのでOS X、Linux、Windowsで使えます。WindowsではMinGWCygwinを使えます。クイックスタートガイドにて各プラットフォームで対応するツールを確認することが出来ます。

注: C++開発にVisual Studio(そしてVisual C++コンパイラ)をお使いの方はReSharper for C++をお試しください。

サポートする言語スタンダード

CLionは様々なスタンダードをサポートします:

  • C (C99 バージョン)
  • C++ (C++03、C++11、ラムダ関数、rawストリングリテラル、variadic templates、decltype、autoなどなど)
  • HTML (HTML5)、CSS、JavaScript、XML
  • プラグインにより他の言語も一部サポート(Luaなど)

インテリジェントなIDE

CLionは特に生産性と、コードのクオリティを高めるためにデザインされています。

スマートなエディタが提供するコード補完、ハイライトにより多くの時間を節約できます。スマートなコード補完は表記している型に一致する型の一覧、メソッド、変数で絞り込んでくれます。

効率的なプロジェクトナビゲーションによりコードの必要な箇所を素早く見つけ、ジャンプすることができます:

  • プロジェクト全体からの使用箇所の確認:find_usages_b
  • ファイル構造ナビゲーション
  • クラス・ファイル・シンボルへのジャンプ
  • 宣言・定義・親定義・子定義へのジャンプ:
    go_to_subclass_b
  • タイムラインからのジャンプ(最近のファイル、最近の変更、最後に編集した箇所、等)
  • どこでも検索をはじめとする強力な検索機能

CLionはクリーンで正確な状態に保てるようコードを常に確認します。エラーや問題となり得る箇所も検出し、修正候補を提案します:

inspection_b

CLionはさらに様々なコードリファクタリング機能により、関連コードをまとめて自動的に修正します:

  • リネーム (CMakeLists.txtの参照箇所にも適用可能):rename_b
  • メソッド、変数、typedef、define等の抽出
  • シグニチャの変更:
    change_signature_b
  • 安全なデリート
  • インライン化

コード生成機能を使えばコードを書くのはもっともっと楽になります:

  • コンストラクタ/デストラクタの生成
  • getter/setterの生成
  • Override/implementの生成
  • Live template
  • if-else、while、#ifdefなどで囲む:
    surround_with_1_b

CLionの動作の様子:


興味を持って頂けましたか?お試しください!

次のステップは?

バージョン1.0を2ヶ月以内にリリースする予定です。バージョン1.0までに現在実装済みの機能に加えてLLDBやGoogle Testのサポートも加えられればと考えています。特に欲しい機能があればYouTrackへ登録していただくか、既にあるissueへvoteをお願いいたします。バージョン1.0リリース後、将来のリリースへのロードマップへ可能な限り含められればと思います。

より詳しくはWebサイトをご覧ください。質問などあれば是非掲示板Twitter、そしてブログをご確認ください。問題があればお気軽にサポートチーム(clion-support at jetbrains.com)か、YouTrackへご報告ください。

Develop with pleasure!

The CLion チーム

原文

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
Posted in CLion, お知らせ | Leave a comment

IntelliJ IDEA 14 EAPではバックスペースがより賢く!

まだIntelliJ IDEA 14 EAPをお試しでない方の背中を押したいと思います。

最新EAPの特徴の1つとしてバックスペースの挙動が賢くなっていることが挙げられます。バックスペースを押すと単にインデントやスペースを取り除くだけでなく、指定してあるコーディングスタイルに準拠するようリアルタイムに補正してくれます。この新しい設定はSmart Backspace Indentと呼ばれており、コーディングをより気持ちよく、効率的なものにしてくれます。コードスタイルを壊してしまう心配なく、不要なスペースをより素早く取り除けます:

Backspace Smart Indent

この設定はSettings → Editor → Smart Keysより有効化できます(デフォルトで有効):

Backspace Smart Indent Settings

もちろんIntelliJ IDEA 14 EAPは現在進行中で日々改善が行われています。是非お試しの上皆様のフィードバックを掲示板YouTrackへ寄せて頂ければ幸いです。

Develop with Pleasure!

原文

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

RubyMine Tsubaki EAP をリリース!

次のメジャーリリースに向けてのロードマップをお知らせしてから1ヶ月が経ちました。本日より「Tsubaki」の新機能をEarly Access Programでお試しいただけます。 実装済みの新機能は以下の通りです:

splashTsubaki

  • Slimのコードフォーマット
  • Puppet pluginの大幅な改善: コード補完や関数解決の強化
  • デバッグセッションのコンテクストでコンソ—ルを走らせられるように
  • RVMをリモートSDKとしてセットアップ可能に
  • Vagrant- and deployment-ベースのリモート SDKの改善
  • Emmet展開前のプレビュー (自動プレビューはSettings | Emmetより設定可能)

詳しくはスクリーンショットも豊富なリリースノートをご覧ください。是非お試しいただき、フィードバックを寄せて頂ければ幸いです。Tsubakiはもちろん今後も改善してまいります。ご期待ください!

Develop with pleasure!

JetBrains RubyMine チーム

原文

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
Posted in RubyMine | Leave a comment

IntelliJ IDEA 14 EAP 138.1029 リリース – Javaデコンパイラを内蔵

IntelliJ IDEA 14 EAPをお試しの方は是非最新のビルドをダウンロードしてください。まだお試しでないかたも、これを機に是非!

最新ビルドで注目の機能は内蔵のJavaクラスデコンパイラです。サードパーティプラグインをインストールすることなく、ソースコードがないライブラリ内でどのようなことが行われているのか確認することができます。Java 8のバイトコードや、非Javaクラスの場合はうまく働かない場合もありますが、改善を重ねてまいりますのでフィードバックを頂ければ幸いです。

IntelliJ IDEA Java decompiler

他に注目して頂きたいトピックは以下の通りです:

  • WindowsインストーラはJava 8 JREをバンドル
  • JREバンドル版OS XインストーラはJava 7 Update 60を使用
  • STSプロジェクトをインポートする際、Spring bean configurationもインポート
  • ウェルカムスクリーンのOpenアクションで単体ファイルを開くことが可能に

変更内容の全てはリリースノートよりご確認いただけます

是非お試しの上、掲示板YouTrackへフィードバックやバグ報告を寄せてください。

Develop with Pleasure!

原文

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

RubyMine Tsubaki(椿)ロードマップ

こんにちは。

夏はJetBrainsにとって一息ついて未来を見つめるシーズンです。開発においてはつまり次期バージョンのプランを練るタイミングです。

Tsubaki

RubyMineの次期バージョンのロードマップ をご覧ください。RubyMineのコードネームは日本の木に由来するものをつけており、今回はなじみ深い常緑樹であるTsubaki(椿)としました。このコードネームはJetBrainsの熱心なファンである今井勝信さんの提案によるものです。すばらしいコードネームをありがとうございます!

次期バージョンの目玉機能はChefとPuppetサポート、スリムフォーマッタ、コンソールのデバッガコンテクストへの連動、RVMをremote SDKとして設定、EditorConfigサポート、等々です。

EAPのリリースまで今しばらくお待ち下さい!

Develop with pleasure this summer!

JetBrains RubyMineチーム

原文

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
Posted in RubyMine | Leave a comment

IntelliJ IDEA 14アーリープレビューリリース!

IntelliJ IDEAの最新バージョン14、コードネームCassiopeiaのアーリープレビュー版をリリースしました!正式版は今年末にリリース予定です。こちらよりダウンロードしてお試しいただけます。

idea_logo

このリリースでの主な新機能は以下の通りです:

  • Javaデバッガ:
    • 全言語用にIntelliJプラットフォームで用意したunified Debuggerツールウィンドウ、APIを使って新たに書き起こしました
    • Watchesタブの式が永続化されるように
    • ブレークポイントはユーザーグループによってアレンジできるように
    • 長い配列、コレクションの要素はデフォルトで隠れ、必要に応じで表示できるように
  • Javaエディタ:
    • バックスペーススマートインデントにより、バックスペースを押してもコードフォーマット設定を尊重してインデントが崩れることがなくなりました
    • メソッドへのテストを生成したり、既存のテストクラスに追加したり出来るようになりました
  • IDE全般:
    • 新しいCode cleanupアクション(Analyze → Code Cleanup、またはVCSでコミット時に起動可能)によりクイックフィクスを複数ファイルに適用できるようになりました
    • Find in pathアクションが改善され、未知の拡張子がついたファイル内も検索できるようになりました。また識別子が3文字以上の場合はインデックスを検索することでより高速になりました
    • 追加でプラグインをインストールすることなくコードをHTML/RTFフォーマットでコピー出来るようになりました。プレゼンテーションスライドやリッチなブログエディタにコードを貼り付ける際便利です
    • IDE起動時間の短縮
  • JavaFX:
    • SceneBuilder 2.0をIntelliJ IDEAのUIエディタに統合したため、.fxmlファイルを編集するのにIntelliJ IDEAを離れる必要がなくなりました(この機能を使うにはIntelliJ IDEAをJava 8で起動する必要があります)
  • Spring:Grails、Gradle統合の強化
    • 沢山のXMLデスクリプタをもつSpringプロジェクトを扱う際のパフォーマンスが大幅に改善
    • Select Inアクションで、Spring toolウィンドウへのジャンプが可能に
    • Spring Websocketをサポート
  • Mercurial:
    • Pushダイアログの改善
    • ログビューワのロード高速化
    • ログビューワのcurrent changesから未コミットマージ/アップデートのリバートが可能に
    • ログビューワで現在のリビジョンを表示
    • incoming/outgoing changesの通知を含む様々な改善
  • Web開発:
    • JavaScriptのPostfix completion
    • Spy.js、Node.jsは1つの実行設定から同時に起動可能に

さらにCode Coverage ツール、Structural Search and Replace、そしてType Migrationリファクタリングはコミュニティエディションでも利用できるようになりました。

IntelliJ IDEA 14の開発は全力を注いでいます。もっと沢山の驚く機能を今後リリースしていく予定です。それまでの間、EAP版をお試しになり掲示板へフィードバック、YouTrackへのバグ報告、FacebookコミュニティTwitterの情報交換やをして頂ければ幸いです。

今後の新情報もお楽しみに!

Develop with Pleasure!

原文

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

AppCode 3.0.1リリース: Xcode 6とSwiftの基本的なサポート

先週Apple社はiOS/OS Xデベロッパに向けて数多くの素晴らしいソフトウェア、テクノロジーを発表しました。新しいOS X、新しいiOS、新しいXcode、そして新しい言語—Swiftです!これらのめざましい革新には弊社も大変期待しています。JetBrainsももちろんこれらの新技術に挑戦していきます。先週のWWDCからベストを尽くし、この短期間でXcode 6のサポートをSwiftの基本的なサポートを遂げました。新しいAppCode 3.0.1をお楽しみください!

新機能を試すには、Xcode 6をインストールし、AppCodeのPreferences | XcodeよりXcode 6を選択してください。Xcode 6のテンプレートからの新しいプロジェクトの作成、ビルド、シミュレータやデバイスでの実行が行えます。

既知の問題が二つあり、一つはXCTestのiOS7.1/iOS8デバイスの動作、またLogic testsのシミュレータでの動作は現在行えません。これらの問題は次のアップデートで修正される見込みです。

またJetBrainsはAppleの新しいプログラミング言語にとても興奮しています。Swiftはとても簡潔で、モダンなアイディアをふんだんに取り入れています。JetBrainsが開発している言語、Kotlinに似ている点もあり大変親近感を覚えています。AppCode 3.0.1ではSwiftの基本的なサポートをしており、シンタックスハイライト付きで*.swiftファイルの編集を行えます。是非この素晴らしい言語をお試しください。

他にも多くの修正や改善がなされており、特にUIデザイナ回り出発生する例外や、UITableViewCell/UICollectionViewCell subviews (OC-9654)の追加、フォントサイズの改善(OC-10161)がなされています。

AppCode 3.0の新機能についてはこちらのページをご覧ください。

Develop with pleasure!

AppCode チーム

原文

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
Posted in AppCode | Leave a comment

0xDBE—SQL開発者、DB管理者向けの新しいIDE

エキサイティングなお知らせです!

JetBrainsはソフトウェア開発をより生産的で楽しいものにするためJava、.NET、PHP、Python、Ruby、Objective-Cを始めとする言語やプラットフォーム向けのツールを提供してきました。

今日、そのツール群にDB管理者、SQLデベロッパ向けのIDE、0xDBEが加わります。

何年にも渡り開発、洗練されてきた弊社のIDEファミリのデータベースサポート機能が独立したIDEとなります。SQL開発、データベース管理にフォーカスしたいエンジニアにはぴったりです。

0xDBEはまだ開発のまっただ中ですが、プライベートEAP (Early Access Program)を開始します。0xDBEのアーリーアダプタとなるべく、是非ご応募ください。

0xDBEについて詳しくは http://jetbrains.com/dbe/ をご覧ください。

0xDBEの最新ビルドを手に入れるには以下のページよりサインアップしてください:

http://jetbrains.com/dbe/eap/

Develop with Pleasure!

0xDBE チーム

原文

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
Posted in 0xDBE | Leave a comment