Category Archives: Rider

JetBrainsの.NET IDE、Rider正式リリース

クロスプラットフォーム.NET IDEであるRiderが正式リリースとなりました。本日よりRider 2017.1をダウンロード、購入して頂けます。All Products PackはRiderをカバーいたしますので、ご契約の皆様はすぐにご利用いただけます。 JetBrains Riderとは Riderをご存じでない方のために簡単にご紹介いたします。 Riderはクロスプラットフォーム.NET IDEです。WindowsはもちろんのことMacやLinuxでもお使い頂けます。RiderではASP.NET、.NET Core、.NET Framework、Xamarin、そしてUnityアプリケーションを開発できます。 RiderはJetBrainsのテクノジーをいくつか組み合わせて構成しています。ReSharperのパワフルな.NETサポートをIntelliJ IDEAのUIに載せ、WebStormのフロントエンド開発機能とDataGripのSQLとデータベース管理機能を追加プラグインのインストールなしに最初から備えています。 Riderは多岐にわたる言語をサポートしており、C#、VB.NET、F#、ASP.NETのRazorシンタックス、JavaScript, TypeScript、XAML、HTML、CSS、SCSS、LESS、JSON、そしてSQLをカバーします。 Riderは各サポート言語に渡って2000以上のライブコードインスペクション、500以上のリファクタリング、様々なコードベースナビゲーションヘルパー、ユニットテストランナー、デバッガー、リッチなコーディング支援をはじめとする先進的なIDE機能を備えています。 Riderのライセンスモデル 以前ブログでご紹介した通り、Riderは他のJetBrains IDEと同じライセンスモデルに基づきます。企業向けと個人向けに分かれており、月間または年間の支払いオプションがあります。継続してサブスクリプションをご契約いただくことで3年目以降は最大で40%オフとなります。 上記のスタンドアロンライセンスに加え、RiderはAll Productsパックでもカバーされておりますので、他のJetBrains IDEや.NETツールと共にご利用頂けます。またReSharper Ultimate + RiderパックもありますのでReShaperやdotTraceといった他のJetBrains .NETツールのサブスクリプションコストを抑えながらRiderを併せてご利用いただけます。 RiderはMicrosoft MVP、ASP.NET insider、学生、教師、そして非営利のオープンソースプロジェクト向けに無償提供も行われます。 価格や見積もりに関して詳しくはRiderの購入ページ(英語)やパートナー様のページ(日本語)をご覧ください。 Riderの今後 年内に少なくとも2回以上のリリースを計画しております。まずは避けられないバグフィクスリリースは数週間以内に、メジャーリリースとなる2017.2は秋になります。MSTestサポートや、.NET Core 2.0もSDKのリリース次第対応予定です。皆様のフィードバックを心よりお待ちしておりますので、何かご意見などございましたら是非サポートフォーム(英語)、YouTrack、Facebookコミュニティにお寄せくださいませ。 [原文]

Posted in Rider, お知らせ | Leave a comment

JetBrains Rider パブリックEAPリリース

1月にProject Riderを発表いたしました。3月にはプライベートEAP(Early Access Program)を開始しましたが、ついにどなたもRider EAPをお試し頂けるようになりました! プライベートEAPの間、すばらしいフィードバックを頂きました。Riderの開発はリリースに向けて順調に進んでいます。まだ機能全ての実装が完了したわけではなく荒削りな部分もありますが、JetBrains内外で既にRiderを通常の開発に利用している方が多くおります。皆様も是非お試しの上この素晴らしい製品を体験してください。もちろん問題があればYouTrackへ報告したり、コメントを残したり 、Twitter(@JetBrainsJP)へお知らせください。 忙しい方向けのまとめ RiderのパブリックEAPをこちらからダウンロードして頂けます Riderのホームページはこちら、課題一覧はこちらです。サバイバルガイドをご覧になり、既知の問題や回避方法をご確認ください。 Rider #とは? Riderはクロスプラットフォームのフル.NET IDEで、IntelliJプラットフォームとReSharperがベースになっています。フロントエンドユーザーインターフェースはWebStormやIntelliJ IDEAと同じく定評のIntelliJプラットフォーム上に構築されています。Windows、Linux、Macをサポートしており、エンジン部分はReSharperが別プロセスで動いています。 これは大変調整のとれたアーキテクチャで、IntelliJとReSharperが先進のIDE機能を提供しつつ、ReSharperが個別プロセスで動くため、VisualStudioをリソースやメモリを共有する状態から解き放たれます。 機能 RiderパブリックEAPには何が含まれているでしょうか? Riderは言語機能を提供するためにReSharperを使っており、JetBrainsのゴールはReSharperの機能を極力バージョン1.0で提供することです。ReSharperは12年かけて開発してきた製品で、その機能は膨大です。 幸いなことに、Riderで提供する機能の多くは大変素早く実装できます。Riderは既にReSharperのリッチなナビゲーション、利用箇所の検索、自動・スマートなインポート補完、ReSharperの2200を超えるインスペクションの多くと、1000を超えるコンテクストアクションとクイックフィックス、ユニットテストサポート、ソリューションワイドの検索を提供しています。 もちろんRiderはIDEで、フルIDE機能を実装せねばなりません。これはReSharperが提供していないビルド、デバッグ、プロジェクト管理(ソリューション、リファレンス、NuGet等など) といった機能も含みます。 Riderの提供する機能を挙げるのはきりがありませんので、いくつかの異なるシナリオ – .NET Framework、.NET Core、Xamarin、Unity をベースに説明させてください。 .NET デベロッパ Riderは標準.NETフレームワークまたはMonoプロジェクトをサポートします。Visual Studio .slnと、MSBuildベースのプロジェクト(.csprojなど)を読み込めます。 ソリューション読み込みプロセスは独自に持っていますので、素早く開けるのをご確認頂けます。また、プロジェクトファイルを外部で編集しても、Riderはほぼ感知出来ないくらい素早く自動的に変更を読み込んでくれます。 ソリューションエクスプローラで右クリックすればリファレンスを確認できます。また新規に実装されたNuGetウィンドウを使ってNuGetパッケージを検索したり更新したりできます。伝統的にこの機能はVisual Studio提供してきましたが、JetBrainsならではの実装はもちろん結果をキャッシュしたり、バックグラウンドで更新したりしますのでそのスピードを是非お楽しみください。 またRiderはビルド、実行、デバッグをサポートします。プロジェクトはMSBuild、またはMonoでクロスプラットフォーム開発していればXBuildでビルドできます。実行とデバッグはIntelliJのパワフルな基盤がベースになっています。(ReSharperにも似た機能があります)。 Run設定ではプロジェクトを起動するための設定を好きなだけ指定できます。Riderは数多くの.NET向け起動テンプレートを用意しており、独自の起動設定、.NET Coreの起動設定なども用意です。 さらに、Riderはデバッグ実行設定も可能です。.NET Framework、Mono、.NET … Continue reading

Posted in Rider, お知らせ | Leave a comment