Category Archives: dotCover

ReSharper Ultimate 2018.3リリース

2019年最初のReSharperのリリースに関するブログポストです。 ReSharper 2018.3新機能のサマリーは以下のとおりです: コードエディタにパラメータ名ヒントを追加しました。 これにより、C# とVB.NETのコードが読みやすくなります。 Visual Studio 2019 Preview 1 の初期サポート。 コードフォーマッタは、コードから直接コードフォーマットスタイルを検出し、それに応じてフォーマッタの設定を調整してくれます。 (ReSharper | Edit | Detect formatting settings) ReSharperフォーマッタ設定を調べて手動で設定する必要はもうありません。 ReSharperは、コードで使用されている命名スタイルを自動検出することができます。 手動で設定する必要がなくなりました。 改善されたC# 7分解(deconstruction)には、新規/更新されたインスペクションとクイックフィックスが含まれています。 VB.​NET 15.3と15.5の言語サポート。 TypeScript 3.0サポート。 最新のASP.NET Coreプロジェクトでは、新しいローカライゼーション手順 の初期サポートが導入されています。 ローカライゼーションインスペクション、リファクタリング、および古いローカリゼーション手順からの慣れ親しんだクイックフィックスのほとんどが使えます。 C# コード解析にたくさんの新しいインスペクション、クイックフィックス、およびコンテキストアクション追加されました。 様々な面でパフォーマンスが最適化されました。 ローカル関数に対して Introduce parameter(パラメータの導入) リファクタリングを導入しました。 ReSharperコマンドラインツールを実行するための新しいキーが追加されました。 md5ハッシュアルゴリズムの使用をやめ、以前のコードベースでの使用をすべて排除することで、ReSharperをよりFIPS準拠にしました。 … Continue reading

Posted in dotCover, ReSharper, お知らせ | Leave a comment

dotCover 2.5リリース: Hot SpotsとReSharper 8連携

お待たせいたしました。dotCover 2.5のリリースです!こちらからダウンロードしていただけます。 新しい機能は以下の通りです: ReSharper 8との連携。ReSharper&#8のユニットテストランナーでカバレッジ測定をするにはdotCoverを2.5にアップグレードする必要があります。 このバージョンではHot Spots viewと呼ばれる昨日によりソリューション内でリスクの高いメソッドを突き止めるのが簡単になります。リスクの高いメソッドとはつまり循環的複雑度が高く、テストカバレッジの低い箇所のことです。 @maartenballiauwのビデオ(英語)をご覧いただければ一目瞭然です: 内部の大幅な改善によりdotCoverのメモリ使用量は大幅に削減されました 異なるフィルタが適用されていてもカバレッジスナップショットをマージできるようになりました 是非最新版のdotCover 2.5をダウンロードしてください。 また、dotCoverをすぐに活用していただけるようビデオ(英語)をたくさん用意しました。多くのユースケースはこのビデオをごらん頂ければカバーできるのではないかと思いますので是非ごらんください。

Posted in dotCover | Leave a comment