Category Archives: GoLand

GoLand 2019.1がリリースされました!

GoLand 2019.1がリリースされました! GoLand 2019.1では、ビルトイン Memory、CPU、Block、Mutexプロファイラが統合され、高度な機能でデバッガが強化され、新しいリファクタリングを追加しました。また、GoLand 2019.1はさまざまな方法で式にnilを使用することで発生する可能性があるエラーについて警告してくれます。 新しいバージョンでは、IDEから直接Go SDKをダウンロードしてインストールできるようになり、新しい設定済みの Sublime Text キーマップを使用できます。 これらは、新しいGoLandが提供する新機能のわずかなリストです。 ぜひこのまま詳細をお読みいただくか、当社のWhat’s Newページに移動し、Goモジュール、ナビゲーション、インテンションアクション、バージョン管理、ウェブ開発、データベースについて当社が行ったことの詳細をご覧ください。サムライズム様による翻訳はこちらにございます。 GoLand 2019.1をダウンロード 一方で、GoLandをまだお試しになられていない場合、ぜひ30日間の無料体験版を使用し、新機能を試してみてください。 ハイライトをお読みいただくか、こちらのクイックデモでそれらをご確認ください(英語): プロファイリング ワンクリックでビルトインMemory、Heap、CPU、Mutex、またはBlockプロファイラを実行できます。 GoLandで専用のツールウィンドウを使って、分析結果を確認し、ソートできます。 デバッガ 一連の呼び出しとネストされたメソッド呼び出しのデバッグが、新しいデバッガアクションの Smart Step Into(スマートステップイントゥ) を使用することで、はるかに簡単になりました。 デバッガはスレッドの代わりにゴルーチンを表示します(その逆も)。 Int変数の表示方法を2進数、10進数、16進数のいずれかで選択できます。 ゴルーチンリストを右クリックして、Debugger タブで Copy Stack(スタックのコピー)を使うと、フレームスタック全体をクリップボードにコピーできます。 マウスジェスチャーとして、Run to Cursor(カーソル位置まで実行)が利用できます。 Windowsミニダンプがサポートされています。 Run/Debug(実行/デバッグ)設定はsudoで実行できるようになりました。 リファクタリング 新しい … Continue reading

Posted in GoLand, お知らせ | Leave a comment

一挙大公開 – Kotlinから.NETまで JetBrains Night 2018

こんにちは、JetBrainsの堀岡です。 皆様、年末年始いかがお過ごしでしょうか? 既にTwitter等で紹介しましたが、残念ながらイベントに参加できなかった皆様や、動画をチェックしようと思っていたけれど年末までじっくり時間が取れなかった皆様、年末年始TV特番に飽きたエンジニアの皆様の箸休めとして、2018年11月に開催されたJetBrainsイベントのセッション動画を紹介したいと思います。 英語セッションは英語が苦手の方は字幕をオンにして見るのがオススメです。 JetBrains Night Tokyo 2018のセッション動画 1. オープニング(前半英語、後半日本語)- Alexey Reshtenko, Masaru Horioka JetBrainsの会社紹介および2018年から開始した日本市場における新たな取り組みを簡単に紹介します。 2. 開発者の生産性を上げるための組織作り―JetBrainsでの取り組み(英語)- Hadi Hariri JetBrainsは、2000年の創業以来、ビジネスの成長に伴い組織も拡大し、現在は世界8箇所にオフィスを有し、社員数も900名を超えさらに成長し続けています(参考:会社概要)。このセッションでは、スタートアップのスピード感を保ちながら会社をスケールさせていくためのJetBrains社内での組織のあり方や、コミュニケーション、タスク管理、会社のカルチャ等の取り組みについて議論します。 3. IntelliJ IDEA ヒントとトリック 、及びJava 11関連のアップデート (英語) – Mikhail Vink IntelliJ IDEAは機能が豊富なので、多くのユーザにとって知られていない便利機能が沢山あります。さらに、リリースごとに新たな便利な機能が増えていきます。このセッションでは、Toolboxや便利なプラグインの紹介に加え、IntelliJ IDEAをより活用するための便利機能や最近のリリースの新機能を紹介します。 4. GoLandでGoコーディングの生産性を向上(英語)- Florin Pățan このセッションでは、どのようにGoLandを利用して、デベロッパーが生産的にGoコードを書き、時間と労力を節約できるのかを見ていきます。コードナビゲーション、補完、テンプレート、VCS、テスト、デバッグ、および自動化などの、初心者と経験豊富なデベロッパーの両方に役立つコンテントがカバーされます。 5. Kotlin/Anywhere(英語) – … Continue reading

Posted in GoLand, IntelliJ IDEA, Kotlin, Rider, TeamCity, Upsource, YouTrack | Leave a comment

GoLand 2018.3がリリースされました!

このリリースでは Google App Engine、Goコアダンプ、Mozilla rr などのデバッガの新ツール、またはシグネチャの変更(Change Signature)リファクタリングや Testify サポートをお楽しみいただけます。 新しいコードインスペクションとインテンションアクション、コード補完の改善、ダイアグラムのサポート、VCS、Docker、Kubernetesのアップデートなどがあります。 GoLand 2018.3をダウンロード GIFを含む新機能の説明を確認するには、What’s Newページ (サムライズム様による翻訳はこちらです)をご覧ください。 本リリースのハイライトを簡単に見てみましょう。 リファクタリング 新しい Change Signature リファクタリングを使うと、数回クリックするだけで、関数、メソッド、またはメソッド仕様シグネチャを変更できます。 Inline は、適用後にインライン化されたコードをハイライトします。 Rename は、名前の変更によって発生する可能性のあるコンフリクトがある場合は警告します。 デバッガ 本リリースでは、さまざまな点でデバッガが改善されています。 以下を行えるようになりました: Google App Engine アプリケーションをローカルで実行してデバッグできます。 サードパーティツールを使用せずに コアダンプ(Go core dumps)を解析できます。 Run | Open Core Dump を選択するだけです。 Mozilla rrデバッガがサポートされています。 … Continue reading

Posted in GoLand, お知らせ | Leave a comment

GoLand 2018.2で次のレベルへGo!

GoLand 2018.2 リリースです。 このメジャーアップデートには、Go modules(Go モジュール、vgoとしても知られている)のサポート、強化された Move リファクタリング、新しいクイックフィックス、Postfix Completion と Intention Actions ファミリーへのさまざまな追加、そしてアップグレードされたデバッガなどの新機能が含まれています。 GoLand 2018.2 では、VCSとの作業が改善され、フロントエンド関連のアップデートや Touch Barのサポートなど、最新の IntelliJ プラットフォームリリースから多くの機能が組み込まれています。 こちらをクリックしてGoLand 2018.2をダウンロードするか、このままリリースのハイライトをお読みください。 goモジュール(vgo)との統合。 Move リファクタリングには、識別子が必要かどうかを示す新しいダイアログと、パッケージ間でシンボルを移動する機能が追加されました。 Convert to expected type (期待される型に変換) という新しいクイックフィックスは、言語が許す限り、値を目的の型に変換します。 新しい Implement missing methods クイックフィックスを使用すると、予想される型がインターフェースである場合に欠落したメソッドを簡単に追加できます。 Implement Methods アクションは、メソッドをインターフェースから選択したタイプに追加するだけでなく、すぐにそのタイプを作成することもできます。 新しいインテンションアクション: Add … Continue reading

Posted in GoLand, お知らせ | Leave a comment

Go the Distance: GoLand 2018.1 リリース!

GoLand 2018.1がダウンロード可能になりました。 4ヶ月前にGoLandの最初のバージョンがリリースされて最初の大規模なアップデートであり、チームにとっても重要なマイルストーンです。 このアップデートでは、コードアシスタンスを中心に強化しています。また、IDEと連携するツールの統合により磨きをかけています。このアップデートは部分 Git コミット、Dep との統合、ローカルGoプロセスのデバッグを可能にし、またDocker Compose サポート改善、Kubernetesリソースファイルのスマートコーディングアシスタンスを提供します。 注目の新機能は次のとおりです: Go Dep との統合 Run と Debug ローカルプロセスへアタッチしてデバッグ Build 設定で複数のファイルを実行 コーディングアシスタンス Go 1.10 のサポート Move リファクタリング (同じパッケージ内) Negate completion 新しい Postfix テンプレート: .if と .p Default values completion たくさんの新しいインテンションアクションとクイックフィックス 新しいフォーマットオプションとEnterで自動フォーマット Optimize imports on-the-fly エディタ機能 クイック Documentation ポップアップの改善  (exampleファンクションの表示も可能) Scratch Files 用のPaste とカスタムテンプレートのインポートの処理 自動インポートメカニズムは結果にエラーがない時のみ実行 パフォーマンス GOPATH 全体をインデックス化しないオプション(dep managerを使用する場合に適切) グローバルシンボルのRenameとFind Usages の高速化 他 テストランナー … Continue reading

Posted in GoLand, お知らせ | Leave a comment