Category Archives: ToolBox

JetBrains Toolbox 2019.3リリースのハイライト

2019.3の製品アップデートではIntelliJベースの全IDE製品の起動が高速化され、UIの応答性が向上し、UIやエディタのフリーズが減少し、メモリ消費量が削減され、多数の新機能を利用できるようになりました。 JetBrains Toolbox 2019.3ツールファミリーには多数のアップデートが行われています。あらゆるツールが強化されており、新年ではさらなる生産性の向上を見込めます。 IntelliJベースの各種IDE製品の2019.3リリースでは、ツールのパフォーマンスと品質に注力しました。JetBrainsチームは直近2カ月間にわたって品質改善を行い、その間に多数のバグを修正し、新機能を開発しました。 私たちの懸命な取り組みの結果を皆様にお届けできることを大変うれしく思います。 すべてのIntelliJベースの各種IDE製品に対し、次のような注目に値する改善が行われています。 起動時間の高速化 UIの応答性向上 UIやエディタのフリーズを削減 メモリ消費量の削減 また、このリリースでは皆様からご要望のあった多くの新機能を実装しています。 .NETツール 2019.3 Riderは特に.NET開発者向けに強化されており、機能豊富なT4テンプレートに対応し、.NET Core用のクロスプラットフォーム対応プロファイラとUnity用のテストカバレッジを提供し、パフォーマンスが改善されています。 また、ReSharper Ultimateでは最新のLocalization Managerのほか、クロスプラットフォーム対応のReSharperおよびdotTraceのコマンドラインツールが導入され、C# 8.0の言語対応も改善されています。 以下の製品ニュースの簡単な概要をご覧ください。 IntelliJ IDEA 2019.3 当社の主力IDEの今年最後となるメジャーリリースでは大幅なパフォーマンスとユーザビリティの改善が行われています。これらの改善にはIDEの起動高速化、全体的なUIの応答性向上、テーマやキーマッププラグインのインストールの簡略化、VCSワークフローの強化、マイクロサービスフレームワークやMongoDBへの対応追加などがあります。 WebStorm 2019.3では起動の高速化、Vue.jsサポートの大幅な強化、JavaScriptやTypeScriptに対するコード補完のより高度なスマート化、長く未解決であった多数のバグの修正が行われています。 PhpStorm 2019.3はPHP 7.4のすべての新機能をサポートし、それらに対応したインスペクションやクイックフィックスを実装しています。 また、PSR-12対応、リモートインタプリタ用のWSL、MongoDB対応、HTTPクライアントの更新、IDEの起動高速化、パフォーマンスの改善、その他多数のユーザビリティ改善が行われています。 Rider 2019.3は優れたT4テンプレート対応機能、.NET Core用のクロスプラットフォーム対応プロファイラ、Unity用のクロスプラットフォーム対応テストカバレッジを提供します。起動速度が向上し、デバッガがDocker Composeに対応し、バージョン管理とXamarinへの対応が全面的に強化されています。 PyCharm 2019.3は、Jupyterノートブック用の対話型ウィジェット、MongoDB対応機能、およびPython 3.8の全機能に対応したコード支援が実装されています。 PyCharmチームはこのリリースで品質とパフォーマンスに注力し、インタプリタと多数のバイナリパッケージの初期インデックス作成処理の高速化などの重要な結果を達成することができました。 ReSharper … Continue reading

Posted in ToolBox, お知らせ | Leave a comment

便利なJetBrains Toolbox App、お使いですか?

こんにちは。JetBrainsの堀岡です。 先日自己紹介して以来、間が空いてしまい、そろそろインフルエンザの予防接種の季節になってしまいました。なんとか試用期間も終え、営業に関することは完全に理解したので、日本語ブログも書かなくてはと思っておりました。 ということで、今日はJetBrains歴が長い方でも実は使っていない人もいる、便利なJetBrains Toolbox Appをチョットご紹介したいと思います。 JetBrains Toolbox Appとは ひとことで言うと、JetBrainsのToolbox製品(=IDE製品)の起動、インストール、更新および設定を一元管理するための無料のソフトウェアです。 こちらからダウンロード可能です。 以下、代表的な機能を紹介していきます。 新バージョンの通知とインストール JetBrainsのIDEは様々なライブラリやフレームワーク、プログラム実行環境をサポートしながら日々進化しています。メジャーリリースは年に3回、バグフィクスを含む、マイナーアップデートは数週間に1回リリースされますので、気持ち良く利用するためには、常に最新バージョンの利用をお勧めしています。 一方で、新バージョンのリリースを見落としていたり、忙しい時はバージョンアップを後回しにしてしまった結果、最新バージョンでは修正済みのバグで悩んでしまったり、便利な最新機能を使う機会を逃してしまうことは少なくはないと思います。 ToolBox Appを使うと、お使いのJetBrains  IDE製品の新バージョンが利用可能になるとToolBox内でToolsタブ内で通知され、UpdateボタンまたはUpdate allリンクのワンクリックでバージョンアップが可能になります。リリースノート(What’s new)へのリンクも提供されるので、新バージョンの内容を確認してからバージョンアップということもできます。 複数のバージョンおよびEAP(Early Access Program)の管理 残念ながら、あなたを幸せにしてくれるはずの新バージョンが不幸を呼んでしまうことも起こりえます(バージョンしたら動かなくなった等)。そんなときも安心。ToolBox Appなら、Roll Back to <version> からワンクリックで1つ前のバージョンにロールバックする(古いバージョンに戻す)ことができます。 リリース前の新機能を試してみたいという冒険好きのあなたや、正式リリースまでBug fixを待てないというお困りのあなたのために、EAP(ベータ版)もワンクリックでインストールしてお試しいただくこともできます。 EAPバージョンをインストールすると、インストール済みIDE一覧にEAPマーク付きのIDEアイコンが表示されます。 一元化されたJetBrains IDEの起動とプロジェクト管理 最近では、モバイルアプリやデバイス側とサーバーサイドを一人で担当し、複数のプログラミング言語を用いて開発したり、勉強会等に参加して、チュートリアルを自分で試してみたり、複数のツールを用いて複数のコードベースで作業する方も少なくないと思います。 「この前PHPで試したあのコード、どこにあったっけ。。。えっとJavaのコードは。。。」なんてことは無いでしょうか?私は物忘れが激しいのでよくあります。でもToolbox Appを使っていれば、前述のToolsタブからインストール済みのIDEを起動することはもちろん、 Projects タブから以下のようにインストール済みのすべてのIDEで使用したプロジェクト一覧を表示することが、(複数のIDEバージョンがインストールされている場合)IDEのバージョンを指定してプロジェクトを開くことができます。 各種設定の一元管理 比較的規模の大きいプロジェクトで開発していて、IDEの動作がもっさりしている時は、IDEが使うJava heap … Continue reading

Posted in ToolBox | Leave a comment