Category Archives: Upsource

Upsource 2018.2の新機能

Upsource 2018.2が先月リリースされました。(サムライズム様による新機能の翻訳はこちらになります。) Upsourceの最新バージョンではたくさんの改善点があり、レビューの作成とアップデートプロセスを簡素化しました。 自動化が一層進み、色々な面で強化されているため、管理作業の代わりにコーディングとコードレビューに集中できます。 また、Java 9のサポート強化や、もちろん、コード警告やサジェストを管理するIntelliJ IDEAエンジンの通常のアップデートもございます。   自動化の強化 コードレビューの作成と保守は、開発ワークフローの面倒な作業の一部であってはいけません。 Upsourceにはすでにレビューの作成を自動化できる方法がいくつか提供されていました。しかし、2018.2バージョンでは事前定義されたパターンに一致するコミットメッセージから自動的にレビューを作成したり、特定のコミットが自動的にレビューを作成しないようにする機能があります。 そしてもちろん、これを他のトリガーと組み合わせることもできます。 例えば、特定のトピックを含むメッセージがあるコミットのレビューをUpsourceに自動的に作成させ、その分野のエキスパートに割り当てることができます。 レビューを作成するためのこのような合理化されたプロセスの欠点の1つは、レビューアの空き状況などの他の要因を考慮できない可能性があると、お考えかも知れません。 しかし、Upsource 2018.2では、自分を不在(Out of office)としてマークすることが可能になりました。 つまり、レビューは自動的にあなたに割り当てられることはなく、あなたのチームはあなたのステータスを見て、あなたがコードをレビューできるかどうかを判断することができます。 レビューに自動期限を設定できます。 期限はレビュー作成後の日数として計算され、その日数は設定できます。 この期限は、レビューがアップデートされた場合(新しいコードがあったり、新しいレビューアがいる場合など)、自動的に延長されます。 よりシンプルなレビュープロセス コミットページのツールチップでレビューの概要情報を見れるようになりました。 これにより、別のページにクリックスルーしなくても、レビューに関する重要な情報を確認できます。 Upsource 2018.2では、レビューから複数のリビジョンを削除できるため、レビューを構成するリビジョンを1つのステップで簡単にアップデートできます。 Java 9サポート Java 8からアップテートした方にとって、良いニュースです。 Upsource2018.2は、シンタックスのハイライト、コードインテリジェンス、およびJava 9、10、および11のナビゲーションをサポートしています。 Java 9をご使用の場合は、当社の What To Look For In … Continue reading

Posted in Upsource, お知らせ | Leave a comment

一挙大公開 – Kotlinから.NETまで JetBrains Night 2018

こんにちは、JetBrainsの堀岡です。 皆様、年末年始いかがお過ごしでしょうか? 既にTwitter等で紹介しましたが、残念ながらイベントに参加できなかった皆様や、動画をチェックしようと思っていたけれど年末までじっくり時間が取れなかった皆様、年末年始TV特番に飽きたエンジニアの皆様の箸休めとして、2018年11月に開催されたJetBrainsイベントのセッション動画を紹介したいと思います。 英語セッションは英語が苦手の方は字幕をオンにして見るのがオススメです。 JetBrains Night Tokyo 2018のセッション動画 1. オープニング(前半英語、後半日本語)- Alexey Reshtenko, Masaru Horioka JetBrainsの会社紹介および2018年から開始した日本市場における新たな取り組みを簡単に紹介します。 2. 開発者の生産性を上げるための組織作り―JetBrainsでの取り組み(英語)- Hadi Hariri JetBrainsは、2000年の創業以来、ビジネスの成長に伴い組織も拡大し、現在は世界8箇所にオフィスを有し、社員数も900名を超えさらに成長し続けています(参考:会社概要)。このセッションでは、スタートアップのスピード感を保ちながら会社をスケールさせていくためのJetBrains社内での組織のあり方や、コミュニケーション、タスク管理、会社のカルチャ等の取り組みについて議論します。 3. IntelliJ IDEA ヒントとトリック 、及びJava 11関連のアップデート (英語) – Mikhail Vink IntelliJ IDEAは機能が豊富なので、多くのユーザにとって知られていない便利機能が沢山あります。さらに、リリースごとに新たな便利な機能が増えていきます。このセッションでは、Toolboxや便利なプラグインの紹介に加え、IntelliJ IDEAをより活用するための便利機能や最近のリリースの新機能を紹介します。 4. GoLandでGoコーディングの生産性を向上(英語)- Florin Pățan このセッションでは、どのようにGoLandを利用して、デベロッパーが生産的にGoコードを書き、時間と労力を節約できるのかを見ていきます。コードナビゲーション、補完、テンプレート、VCS、テスト、デバッグ、および自動化などの、初心者と経験豊富なデベロッパーの両方に役立つコンテントがカバーされます。 5. Kotlin/Anywhere(英語) – … Continue reading

Posted in GoLand, IntelliJ IDEA, Kotlin, Rider, TeamCity, Upsource, YouTrack | Leave a comment

フィードバックヘルパー Monty 1.0 リリース

コードレビューで一番難しいのは平易かつ有用なフィードバックを提供することです。明確で、的を射ていて、コードレビューを戦場にしてしまわないようなフィードバックです。ツールを通じてデベロッパは変更箇所を可視化したり、理解を進めたり、プロジェクトへの影響を図ったりしますし、問題をより簡単かつ素早く見つけることが出来ます。しかしながら問題箇所にコメントする際、最適な単語を見つけることを手助けしてくれるツールはありません。ありませんでした、これまでは。 そこでMontyの登場です。MontyはUpsourceのプラグインで、不適切で不明確なコードレビューコメントを大幅に減らすことができ、コードレビューのディスカッションの生産性をより高めます。チームで全く新しいレベルのコラボレーションが出来るようになるでしょう。 このプラグインをインストールしたら、プロジェクト設定の“Feedback analysis”を有効化するだけでお使いいただけます。 乱暴、不明瞭、または何かしら問題のあるコメントをタイプしたらMontyはその問題をハイライトして修正を勧めてくれます。 Montyはささいなコミュニケーション問題も手助けしてくれます。 深刻な場合Montyはコメント追加ボタンを無効化します。 チーム内のコミュニケーションを改善したいですか?プラグインを今すぐダウンロードしてください! 質問、問題、新機能の提案などございましたらお気軽にフィードバックをお寄せください。可能であればMontyでご確認の上・・・😉 The Upsource Team [原文]

Posted in Upsource | Leave a comment