Category Archives: お知らせ

JetBrains製品の稟議に役立つ(かもしれない)情報源

こんにちは。JetBrains堀岡です。 先日「「会社で買うなら」知っておきたいJetBrainsのライセンスとお金の話」という内容を紹介しましたが、既に会社の標準開発環境としてJetBrains製品が指定されている場合を除き、JetBrainsを購入するために稟議をあげる必要がある方も多くいらっしゃると思います。私達(=JetBrains製品を販売する立場)としてはせっかく「導入したい」と思っている開発者の皆さんをお手伝いしたいと考えておりますので、今回は稟議の参考資料作りに役に立つ(かもしれない)JetBrains製品に関する情報源を紹介したいと思います。 JetBrains会社概要(日本語版) 課題 「ジェットブレインズ?聞かない名前だね」 という上司や予算承認者の方々へ「JetBrainsとはどういう会社なのか」を紹介するための良い資料はないでしょうか? 対策資料と使い所 JetBrains製品は、日本の開発者コミュニティやTwitter上においては、一定の知名度を得ていると思いますが、予算を管理しているマネジャーの方や設備管理、経営層の方々に対する知名度は改善の余地があると認識しています。 今回JetBrainの会社概要(2018年版)の日本語訳ができました。資料としてはページ数が多いので全て紹介する長くなってしまうと思いますが、例えば以下のポイントがカバーできるページをピックアップすれば良いと思います。 2000年創業のソフトウェアツールベンダー 本社はチェコ、ロシア、ドイツ、米国等にオフィスを構えており、従業員は約1000名(2019年の最新情報) メジャーなプログラミング言語をサポートするIDEが主力製品 チームツール(CI、チケット管理)、最近注目のプログラミング言語(Kotlin)の開発も行っている 世界的に見ると、有償開発ツールとしてはメジャーな存在であり、スタートアップから大企業まで幅広く採用されており、ユーザ数も多い 2016年のZeroTurnaround社による調査や弊社が毎年行っている開発者向け調査「The State of Developer Ecosystem Survey in 2018」によるとIntelliJ IDEAが最も利用者の多いJava開発環境という統計結果が得られています。 IntelliJ IDEAのROI 課題 有償の製品を導入する時に、期待されるROIについて聞かれるケースがあると思いますが、ROIへの考え方は様々であり、何もないところから考えるのは難しいので参考になる資料はないでしょうか? 対策資料と使い所 JetBrainsは昨年(2018年)、第三者機関(Forrester Consulting)による、実際にIntelliJ IDEAを導入しているお客様へのインタービューを行い、JetBrains IntelliJ IDEAの導入によるROIをまとめた資料「The Total Economic Impact™ Of JetBrains IntelliJ IDEA」を発表しました。ここに書かれている内容はあくまで一例ですが、ROIの数値だったり、それをどのような観点で算出しているのか考え方を学ぶ上で有用であると思います。 … Continue reading

Posted in お知らせ | Leave a comment

「会社で買うなら」知っておきたいJetBrainsのライセンスとお金の話

こんにちは。JetBrains堀岡です。 今年も昨年同様、開発者様向けイベント等に参加して勉強させてもらっております。 一方で、私の本来の仕事は営業なので、今回は「会社(法人)で買う場合」のライセンスについてご理解頂きたいポイントをいくつか紹介したいと思います。 以下の話はエンジニアの皆様に役立つ技術的な話ではありません。現在会社や組織においてライセンス購入や管理を担当されている方、これから購入を提案・検討されている方にご参考にしていただけますと幸いです。 ライセンスの種類(法人・個人)について ご存知の方も多いと思いますが、IntelliJ IDEAをはじめとするJetBrainsのIDE製品のライセンスの種類は代表的なものとしてCommercial License(法人ライセンス)とIndividual/Personal License(個人ライセンス)があります。両者の大きな違いはこちらに説明がありますが、 法人ライセンス 法人の経費として購入 価格例(法人ライセンス) 個人ライセンス  個人のお金で購入 価格例(個人ライセンス) であり、ライセンス規約にも記載されています。 個人ライセンスについて補足すると、こちらにあるように個人ライセンスであっても業務利用は可能です。したがって、「プロとして自分が使うツールは自腹を切って準備する」や「諸般の事情から会社ではJetBrainsのライセンスを買ってもらえないので自腹を切らざるを得ない」という方、個人事業主(フリーランス)の方が個人ライセンスを業務利用することは全く問題ありません。 一方で、「会社の経費で買うんだけど、安いから個人ライセンス」という選択はライセンス規約違反となりますのでご注意ください。また時折、個人ライセンスをご利用のお客様から「会社で経費精算したいので、Invoiceの宛先を法人にして欲しい」というご要望をご連絡頂くことがあるのですが、当然ながら出来かねます。 「今まで間違った理解で会社の経費で個人ライセンスを買っていた私はどうしたらいいの?」という方がいらっしゃいましたら、JetBrains営業窓口(日本語で問い合わせ可能です)または、ご購入いただいている代理店様まで(こっそり)ご相談ください。 参考 JetBrainsが提供するライセンスの種類、許可されている用途、ライセンス条件の比較 https://www.jetbrains.com/store/terms/comparison.html#LicenseComparison 法人ライセンスのメリット 法人ライセンスは個人ライセンスと比較すると一見割高に思えるかもしれませんが、以下に紹介するように、法人におけるユースケースを考慮した、法人ライセンスにしかないメリットが複数あります。 JetBrains Accountを利用したライセンスの再割当て 法人ライセンスを購入すると、法人用JetBrains Accountが作成され、1名以上のユーザを管理者として指定することができます。管理者ユーザはライセンスを自分自身や他のユーザにAssign(割り当て)したり、割り当て済みのライセンスをRevoke(無効化)することができます。法人ライセンスの場合、ライセンスの所有者は法人です(個人ではない)ので、このような事ができる訳です。したがって、例えば プロジェクトの完了、変更、中止 従業員の異動、退職 等によりあるユーザが利用していたライセンスが不要になった場合、別のユーザに割り当てることができるので、余剰ライセンスを有効活用することができます。この仕組みを上手く利用すれば、組織内において一定のライセンス数の需要がある場合は、継続割引(2年目20%、3年目40%)を失効させることなくライセンスを更新できるので、チームやプロジェクトの変更の度に解約や新規にライセンスを買い直したりするよりも支出を抑えることができます。 参考 How do I manage and distribute licenses within my organization?  (JetBrains) https://sales.jetbrains.com/hc/en-gb/articles/207240825-How-do-I-manage-and-distribute-licenses-within-my-organization- … Continue reading

Posted in お知らせ | Leave a comment

Rider 2018.3の新機能

このブログポストでは Rider 2018.3 の新機能と、コーディングをさらに簡単にするための改善点を紹介いたします。サムライズム様による新機能の翻訳はこちらになります。 2018.3の新機能と改善点: Code Vision: コードエディタでコードに関する有用な情報を確認できる新しい方法を試してみてください。 Usages、version control info、derived types、extension methods と exposing APIs を追加の操作なしで簡単に表示できます。 SSH経由のリモートデバッグ:リモートマシン上でアプリケーションをデバッグする必要がありますか? 問題ありません。 “Attach to Remote Process…” アクションを呼び出して、プロセスにアタッチできます。 .NET Full/Core および Mono デバッガがサポートされています。 Rename Project リファクタリング: 手動のプロジェクトの名前変更はもう不要です。 このリファクタリングを呼び出して、簡単にできます。 Assembly Explorer で複数のアセンブリを開くことができるようになりました。また、開いているすべてのアセンブリで移動、または探索することもできます。 Zero-latency(ゼロ遅延)タイピング:コードの再フォーマットなどの時間のかかる作業を実行するスマートタイピングアシストでも、RiderのUIはブロックされず、エディタはスムーズのままです。 Launch Settings(起動設定): ASP.NET … Continue reading

Posted in Rider, お知らせ | Leave a comment

JetBrains Storeにおける価格改定(日本円価格導入)のお知らせ

[2019年3月18日 更新] IDE製品の価格を掲載しました お客様各位 平素よりJetBrains製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。 日本のお客様がよりシンプルにJetBrains製品をお買い求めいただけるよう、JetBrains Store(https://www.jetbrains.com/store/) における価格改定を下記の通り行い、全てのJetBrains製品に対して日本円価格による販売を下記の通り開始いたします。 なお、代理店様経由でJetBrains製品をご購入頂いているお客様には、この変更による影響はございません。 価格改定日  2019年4月1日 対象および詳細 JetBrains Storeを利用される全ての日本のお客様*1 向け価格が、USドルから日本円に変更されます。 全てのJetBrains製品に対して(日々の為替変動による影響を受けない)固定の日本円価格*2が設定されます。 日本円価格は上記価格改定日より全てのお見積りおよび購入(自動更新も含む)に対して適用されます。 IDE(Toolbox)製品の日本円価格 Team Tools製品の価格は近日公開予定です。 *1 JetBrainsでは見積りリクエストまたはJetBrains Accountに登録された情報を元に、お客様の居住国を判定しています。 *2 ただし、急激な為替レートの変動においては、予告なく価格を変更する場合があります。 移行措置 2019年3月31日までにJetBrains Storeで発行されたお見積り分については、2019年4月1日以降もUSドル価格による支払いをお受けいたします。 よくある質問と回答 日本円価格はどのように決定されるのですか? 現在のJetBrains StoreにおけるUSドル価格、金融機関における両替レート、過去の市場における為替レートの推移等を考慮の上、決定されます。 日本円価格導入により購入通貨が選べるようになるのですか? いいえ、JetBrains Storeを利用する日本のお客様に対しては日本円価格が適用されます。これは他の国や地域においても同等なポリシーで運営されています(例えばユーロ圏の国のお客様であればユーロ価格が適用されます)。 今回の変更により、今後JetBrains製品の購入はJetBrains Storeのみになっていくのでしょうか? いいえ、今回の変更はJetBrains Storeをご利用のお客様に対する購入体験の改善を目的としたものであり、日本市場におけるJetBrains代理店制度を変更するものではありません。例えば、法人のお客様における「月末締め翌月払いによる請求書払い」など、お客様の基準に応じたお支払い条件をご希望の場合や、日本語によるテクニカルサポート、トレーニング等、各代理店様が提供される独自サービスをご要望・ご利用の場合、引き続き代理店様経由によるご購入をおすすめいたします。 その他、本件に関してご質問等ございましたら、JetBrainsセールスサポート窓口 (日本語対応可能です)までお問い合わせください。

Posted in お知らせ | Leave a comment

アートをコーディング

様々なツールを作り、それらを改善するのは人間の本性です。 JetBrainsはこの伝統に基づき、開発者の皆様に日常的にご愛好いただいている、日常業務の一部を自動化する様々なツールを開発しています。 約2年前、JetBrainsでアートワークを作成している方法についてのストーリー(英)と、皆様独自のJetBrainsスタイル付きアートを作成するために使える、クールで少しマニアックなツールを共用しました。 今日、私たちはアートワークを作成するための生成的アプローチの進捗状況をお伝えし、皆様にこのツールの新バージョンを紹介したいと思います。 私たちは2017年以来、地道に取り組みを続けていました。その結果、技術は改善し、グラフィックはより鮮やかになり、プロセスはさらにシンプルになりました。 JetBrainsには現在、22個の製品がございます。 それぞれは年間に2〜3回のメジャーリリースがあります。それらをかけ合わせると、当社はどのくらいの画像を作らないといけないのかをおわかりいただけるはずです。 このような作業では、自動化が必要です。 また、コードを特定のスタイルにフォーマットするのに役立つツール(IDE)と同様に、自動アートワークツールも、明確な統一された視覚的境界を使用して画像を標準化するのに役立ちます。 さて、本題に入りましょう。 code2art.jetbrains.comにアクセスして、素晴らしいアートワークを作ってみてください! このバージョンのツールでは静止画像ではなく、アニメーションが表示されます。 そのフレームのどれかを画像として、またはHTML5でアニメーションとして保存できます! ユーザーインターフェースはだいぶ変わりましたが、相変わらずオプションが豊富で、とてもわかりやすいはずです。 製品スタイル付きプリセットの定義済みリストから選択できます。 各アートワークは3つのレイヤーで構成されており、いずれも個別に設定、または完全に削除することもできます。 アニメーションはいつでもストップできます。画面上の任意の場所をクリックして、Spaceキーでコントロールを隠すだけです。 静止フレームはPNGとして、アニメーションはHTML 5として保存できます。 必ず正しいサイズを選択してください。 「I feel lucky」ボタンをお見逃しなく。作成できる様々な種類のグラフィックをすべて見てみるのに最適です。 HTML5がなぜ必要なのか不思議に思うかもしれません。 私たちはカスタムスクリーンセーバーを作成できるよう取り組んでおり、今後それを発表する予定です。 ご期待ください! すでにブラウザで素晴らしい無限のアニメーション用にそれをご利用いただけます。 詳細 好奇心旺盛な方(もっと知りたい!という方に)向けに、以下にてツールの仕組を紹介します。 ジェネレータはElm言語で書かれており、アニメーションはElm-WebGLライブラリと、Flat Surface Shaderの助けを借りて動いてます。 UIはdat.gui上で構築されています。 しかし、私たちは、生成されたアニメーションはSF映画のイントロに似ていることに気づきました。そこで私たちは、宇宙船にいるかのように感じたい方向けに、もう一つのユーザインターフェースを開発しました(同じくElmで)。 ぜひお試しください — https://code2art.jetbrains.com/#tron! このアプリケーションのソースコードは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスでGitHubで入手できます。 楽しんで使ってみてください ! そして、ぜひ結果を他の方と共有し、JetBrainsをタグしてください!  … Continue reading

Posted in お知らせ | Leave a comment

Upsource 2018.2の新機能

Upsource 2018.2が先月リリースされました。(サムライズム様による新機能の翻訳はこちらになります。) Upsourceの最新バージョンではたくさんの改善点があり、レビューの作成とアップデートプロセスを簡素化しました。 自動化が一層進み、色々な面で強化されているため、管理作業の代わりにコーディングとコードレビューに集中できます。 また、Java 9のサポート強化や、もちろん、コード警告やサジェストを管理するIntelliJ IDEAエンジンの通常のアップデートもございます。   自動化の強化 コードレビューの作成と保守は、開発ワークフローの面倒な作業の一部であってはいけません。 Upsourceにはすでにレビューの作成を自動化できる方法がいくつか提供されていました。しかし、2018.2バージョンでは事前定義されたパターンに一致するコミットメッセージから自動的にレビューを作成したり、特定のコミットが自動的にレビューを作成しないようにする機能があります。 そしてもちろん、これを他のトリガーと組み合わせることもできます。 例えば、特定のトピックを含むメッセージがあるコミットのレビューをUpsourceに自動的に作成させ、その分野のエキスパートに割り当てることができます。 レビューを作成するためのこのような合理化されたプロセスの欠点の1つは、レビューアの空き状況などの他の要因を考慮できない可能性があると、お考えかも知れません。 しかし、Upsource 2018.2では、自分を不在(Out of office)としてマークすることが可能になりました。 つまり、レビューは自動的にあなたに割り当てられることはなく、あなたのチームはあなたのステータスを見て、あなたがコードをレビューできるかどうかを判断することができます。 レビューに自動期限を設定できます。 期限はレビュー作成後の日数として計算され、その日数は設定できます。 この期限は、レビューがアップデートされた場合(新しいコードがあったり、新しいレビューアがいる場合など)、自動的に延長されます。 よりシンプルなレビュープロセス コミットページのツールチップでレビューの概要情報を見れるようになりました。 これにより、別のページにクリックスルーしなくても、レビューに関する重要な情報を確認できます。 Upsource 2018.2では、レビューから複数のリビジョンを削除できるため、レビューを構成するリビジョンを1つのステップで簡単にアップデートできます。 Java 9サポート Java 8からアップテートした方にとって、良いニュースです。 Upsource2018.2は、シンタックスのハイライト、コードインテリジェンス、およびJava 9、10、および11のナビゲーションをサポートしています。 Java 9をご使用の場合は、当社の What To Look For In … Continue reading

Posted in Upsource, お知らせ | Leave a comment

ReSharper Ultimate 2018.3リリース

2019年最初のReSharperのリリースに関するブログポストです。 ReSharper 2018.3新機能のサマリーは以下のとおりです: コードエディタにパラメータ名ヒントを追加しました。 これにより、C# とVB.NETのコードが読みやすくなります。 Visual Studio 2019 Preview 1 の初期サポート。 コードフォーマッタは、コードから直接コードフォーマットスタイルを検出し、それに応じてフォーマッタの設定を調整してくれます。 (ReSharper | Edit | Detect formatting settings) ReSharperフォーマッタ設定を調べて手動で設定する必要はもうありません。 ReSharperは、コードで使用されている命名スタイルを自動検出することができます。 手動で設定する必要がなくなりました。 改善されたC# 7分解(deconstruction)には、新規/更新されたインスペクションとクイックフィックスが含まれています。 VB.​NET 15.3と15.5の言語サポート。 TypeScript 3.0サポート。 最新のASP.NET Coreプロジェクトでは、新しいローカライゼーション手順 の初期サポートが導入されています。 ローカライゼーションインスペクション、リファクタリング、および古いローカリゼーション手順からの慣れ親しんだクイックフィックスのほとんどが使えます。 C# コード解析にたくさんの新しいインスペクション、クイックフィックス、およびコンテキストアクション追加されました。 様々な面でパフォーマンスが最適化されました。 ローカル関数に対して Introduce parameter(パラメータの導入) リファクタリングを導入しました。 ReSharperコマンドラインツールを実行するための新しいキーが追加されました。 md5ハッシュアルゴリズムの使用をやめ、以前のコードベースでの使用をすべて排除することで、ReSharperをよりFIPS準拠にしました。 … Continue reading

Posted in dotCover, ReSharper, お知らせ | Leave a comment

YouTrack 2018.4リリース

YouTrack 2018.4 には多くの新機能と改善点がございます。(サムライズム様による翻訳はこちらになります。) カスタムプロジェクトテンプレート 既存のプロジェクトを新しいプロジェクトのテンプレートとして使うことができます。 テンプレートとしてマークされたプロジェクトは、プロジェクト作成ページの使用可能なプロジェクトタイプに追加されます。 プロジェクトのクローン 既存のプロジェクトをクローンして時間を節約できます! 新しいプロジェクトは、プロジェクトチーム、アクセススキーム、カスタムフィールド、タイムトラッキング、ワークフロー、インテグレーション、およびアジャイルボードなど、元のプロジェクトの設定を継承します。 タイムシートレポート このレポートは、あなたのチームがどのように時間を費やしたのかをカレンダーベースのスプレッドシートに表示します。 レポートは、ユーザーごと、または課題ごとに費やされた時間を示す2つのビューで切り替えることができます。 課題ごとのビューでは、課題IDをクリックして、選択した課題をシングルの課題ビューで開くこともできます。 ユーザーのメンションで検索 特定のユーザーの@メンション (@mention) を含む課題を検索できるようになりました。 この機能を使って、これらの課題の通知だけに頼ることなく、自分のアカウントをメンションしているレポートおよびリストを生成することもできます。 SAMLでアイデンティティプロバイダー起点のシングルサインオン SAML 2.0認証モジュールをアップデートしました。IDプロバイダ側からのシングルサインオンリクエストを扱えるようにしました。 アップデートとエンハンスメント レポートの集計オプション いくつかのレポートで新しい「合計を表示」オプションが使えるようになりました。 このオプションを選択すると、レポートには投票の合計と、インテジャー(integer)、浮動小数点数(float)、または期間として値を保存している他のフィールドが表示されます。 こ機能を使って、投票の総数、見積もり、費やした時間などを示すレポートを作成できます。 課題リンクの改善 課題リンクパネルのタブベースのナビゲーションを使用すると、リンクタイプ別でリンクされた課題をすばやく見つけることができます。 また、リンクパネルを課題の概要のすぐ下に移動しました。 プロジェクトページからアジャイルボードへのリンク アジャイルボードへの新しいリンクは、プロジェクトリストの各プロジェクトの管理メニューとプロジェクトの概要のサイドバーから利用できます。 これらのリンクを使って、関連プロジェクトの課題を表示するアジャイルボードへ直接アクセスできます。 VCS統合の改善 バージョン管理システムとの統合プロセスをシンプルにしました。 YouTrackプロジェクトをGitHubやGitLab、Bitbucket内のリポジトリに直接インテグレートできるようになりました。 プロジェクトチームインターフェースをアップデート プロジェクトチームを管理するための新しいインタフェースで、シングルステップでユーザーやグループを追加または削除できます。 プロジェクトチームに割り当てられているデフォルトの役割を変更することもできます。 アクティビティストリームの経過時間用の表形式レイアウト 前回のリリースの後、新しいアクティビティストリームに関するフィードバックが寄せられました。 … Continue reading

Posted in YouTrack, お知らせ | Leave a comment

TeamCity 2018.2がリリースされました:セカンダリノード、GitHubプルリクエスト、プラグイン作業の改善、テスト結果にスクリーンショットを追加、Kotlin DSL Previewなど

TeamCity 2018.2、今年2回目のメジャーリリースです。 このバージョンでは、VCS変更の収集をセカンダリノードにアウトソース、GitHubプルリクエストをビルド、またはサーバーを再起動せずにプラグインをインストールできます。 テスト結果にスクリーンショットを追加することが可能になり、自動調査の割り当て、複数のNuGetフィードも導入されています。 このブログポストでは、本リリースの主な新機能について説明いたします。(サムライズム様による翻訳はこちらになります。) セカンダリTeamCityノードによるスケーラビリティの向上 セカンダリTeamCityノードは、バージョン管理システムから変更を収集してチェックするタスクを引き継ぐことによって、メインTeamCityサーバーの負荷を下げるように設計されています。 VCS変更の収集をセカンダリノードにアウトソースし、インストール全体のスケーラビリティを向上させることができます。 また、セカンダリノードを使ってHigh-Availability設定(高可用性設定)を行うこともできます。 GitHubプルリクエストをビルド TeamCityはGitHubプルリクエストのサポートを強化しました。 プルリクエストを作成者別にフィルタリングし、内部または外部の共同作業者に限定、あるいは全員に公開できます。 ターゲットブランチでプルリクエストをフィルタリングするオプションもあります。 プラグインとの作業をもっと簡単に プラグインリポジトリからインストール。 TeamCityのプラグインをJetBrainsプラグインリポジトリから直接閲覧してインストールできるようになりました。 サーバーを再起動する必要がなくなりました。 プラグインリポジトリからプラグインをインストールすると、それを適用するためにTeamCityサーバを再起動する必要はなくなりました。 手間のかからないプラグイン開発。 同様に、TeamCity用のプラグインを開発する場合、サーバーを再起動する必要がなくなりました。 テスト結果にスクリーンショットを追加 TeamCity 2018.2では、スクリーンショットや、リンク、アーティファクト、ログ、数値などの他のテストデータをテスト結果に追加することができるようになりました。 これらは、UIのテスト詳細セクションでネイティブに表示されます。 Kotlin DSL Preview 設定 Kotlin DSL形式の設定をどのように記述するのが最適なのかわかりませんか? TeamCityはすべての設定用のDSLコードを自動的に生成します。それを管理UIでプレビューすることができるようになりました。 DSLフォーマットの学習や、ただDSLの一部をコピーして既存の settings.kts ファイルにペーストするのに便利です。 調査の自動的な割り当て TeamCityでは、ヒューリスティックの数に基づいてチームメンバーに調査をサジェスト、または自動的に割り当てることができるようになりました。 そうすれば、ビルドを壊した可能性が最も高い人は、通知を受けて失敗を調査できます。 複数のNuGetフィード TeamCity 2018.2では、プロジェクトとそのすべてのサブプロジェクトのビルドで使用される複数のNuGetフィードを指定できます。 また、NuGet … Continue reading

Posted in TeamCity, お知らせ | Leave a comment

DataGrip 2018.3リリース!

こんにちは! DataGrip 2018.3リリースについてのニュースです。 いつものように、このリリースサイクル中にIDEの改善をサポートしていただいたEAP参加者の皆様に感謝申し上げます。 最も積極的にご支援いただいた方々には、感謝の気持ちを込めて、無料でDataGripサブスクリプションを贈呈させていただきました。 このアップデートの詳細な概要を確認したい場合は、当社のWhat’s new ページをご覧ください(サムライズム様による翻訳はこちらです)。このブログポストの続きを読んで、DataGrip 2018.3の拡張機能の全リストをご確認ください。 データベース・オブジェクト — Cassandra データベースサポート — 選択したオブジェクトのSQLファイルを生成 — PostgreSQLextensions サポート — PostgreSQL 11 でのストアドプロシージャ(stored procedure)をサポート — Quick Doc の統計 — Use drop cascade syntax オプション   コード補完 — Postfix completion — テーブル名を完成する際にエイリアスを自動的に追加する … Continue reading

Posted in DataGrip, お知らせ | Leave a comment