Category Archives: お知らせ

JetBrains Rider パブリックEAPリリース

1月にProject Riderを発表いたしました。3月にはプライベートEAP(Early Access Program)を開始しましたが、ついにどなたもRider EAPをお試し頂けるようになりました! プライベートEAPの間、すばらしいフィードバックを頂きました。Riderの開発はリリースに向けて順調に進んでいます。まだ機能全ての実装が完了したわけではなく荒削りな部分もありますが、JetBrains内外で既にRiderを通常の開発に利用している方が多くおります。皆様も是非お試しの上この素晴らしい製品を体験してください。もちろん問題があればYouTrackへ報告したり、コメントを残したり 、Twitter(@JetBrainsJP)へお知らせください。 忙しい方向けのまとめ RiderのパブリックEAPをこちらからダウンロードして頂けます Riderのホームページはこちら、課題一覧はこちらです。サバイバルガイドをご覧になり、既知の問題や回避方法をご確認ください。 Rider #とは? Riderはクロスプラットフォームのフル.NET IDEで、IntelliJプラットフォームとReSharperがベースになっています。フロントエンドユーザーインターフェースはWebStormやIntelliJ IDEAと同じく定評のIntelliJプラットフォーム上に構築されています。Windows、Linux、Macをサポートしており、エンジン部分はReSharperが別プロセスで動いています。 これは大変調整のとれたアーキテクチャで、IntelliJとReSharperが先進のIDE機能を提供しつつ、ReSharperが個別プロセスで動くため、VisualStudioをリソースやメモリを共有する状態から解き放たれます。 機能 RiderパブリックEAPには何が含まれているでしょうか? Riderは言語機能を提供するためにReSharperを使っており、JetBrainsのゴールはReSharperの機能を極力バージョン1.0で提供することです。ReSharperは12年かけて開発してきた製品で、その機能は膨大です。 幸いなことに、Riderで提供する機能の多くは大変素早く実装できます。Riderは既にReSharperのリッチなナビゲーション、利用箇所の検索、自動・スマートなインポート補完、ReSharperの2200を超えるインスペクションの多くと、1000を超えるコンテクストアクションとクイックフィックス、ユニットテストサポート、ソリューションワイドの検索を提供しています。 もちろんRiderはIDEで、フルIDE機能を実装せねばなりません。これはReSharperが提供していないビルド、デバッグ、プロジェクト管理(ソリューション、リファレンス、NuGet等など) といった機能も含みます。 Riderの提供する機能を挙げるのはきりがありませんので、いくつかの異なるシナリオ – .NET Framework、.NET Core、Xamarin、Unity をベースに説明させてください。 .NET デベロッパ Riderは標準.NETフレームワークまたはMonoプロジェクトをサポートします。Visual Studio .slnと、MSBuildベースのプロジェクト(.csprojなど)を読み込めます。 ソリューション読み込みプロセスは独自に持っていますので、素早く開けるのをご確認頂けます。また、プロジェクトファイルを外部で編集しても、Riderはほぼ感知出来ないくらい素早く自動的に変更を読み込んでくれます。 ソリューションエクスプローラで右クリックすればリファレンスを確認できます。また新規に実装されたNuGetウィンドウを使ってNuGetパッケージを検索したり更新したりできます。伝統的にこの機能はVisual Studio提供してきましたが、JetBrainsならではの実装はもちろん結果をキャッシュしたり、バックグラウンドで更新したりしますのでそのスピードを是非お楽しみください。 またRiderはビルド、実行、デバッグをサポートします。プロジェクトはMSBuild、またはMonoでクロスプラットフォーム開発していればXBuildでビルドできます。実行とデバッグはIntelliJのパワフルな基盤がベースになっています。(ReSharperにも似た機能があります)。 Run設定ではプロジェクトを起動するための設定を好きなだけ指定できます。Riderは数多くの.NET向け起動テンプレートを用意しており、独自の起動設定、.NET Coreの起動設定なども用意です。 さらに、Riderはデバッグ実行設定も可能です。.NET Framework、Mono、.NET … Continue reading

Posted in Rider, お知らせ | Leave a comment

PyCharm 2016.3 リリース

PyCharm 2016.3をリリースいたしました。こちらからダウンロードしていただけます。 PyCharm 2016.3をより良いIDEにするため、以下の機能を実現させました: Djangoサポートの強化 Pythonコンソールを改良 Python 3.6のフルサポート VCSサポートの強化 変数エクスプローラーの改良 カバレッジおよびプロファイリングツールのアップグレード さらに沢山の機能はこちらをご覧ください 11月30日 15:00(16:00ヨーロッパ、午前10時東部)、我々はアドボゲートエンジニアのポール・エベリットによるPyCharmの新機能紹介のオンラインセミナーを予定しています。 ここからサインアップしてください。 2015年10月以前にPyCharmライセンスをご購入の方には、キャンペーンが適用されますのでこれを機会に新バージョンへアップグレードをご検討ください。年内に新しいサブスクリプションモデルに切り替えて頂くと40%オフとなります。このキャンペーンは年内まで有効です。  PyCharmが最高のPython IDEであり続けられるよう、PyCharmをより良くするアイディアがございましたら、是非YouTrackへフィードバックをいただければ幸いです。 -PyCharm チーム [原文]

Posted in PyCharm, お知らせ | Leave a comment

WebStorm 2016.3 リリース: Flowサポート、TypeScriptサポート、React Native appsのデバッグ対応、 Stylelint(CSS)に対応など

2016年3回目のWebStormのアップデートです。新機能がたくさん詰まったWebStorm 2016.3を試してください。 Webだけではなく、モバイル制作においてもスムースな作業ができるよう、過去4ヶ月、JetBrainsはES、TypeScript、Flowに対するサポートを改善し、より多くの機能をIDEに追加させるために努めました。 WebStorm 2016.3の新機能について詳しくはこちらのページをご確認いただくか、以下のビデオをご覧ください。 この中から、注目するべき機能はこちら Flowに対応: エディタ内で型エラーを指摘、Flowベースのコード補完 React Nativeに対応: コード補完、WebStorm上でアプリの実行とデバッグ TypeScriptの対応改善: TypeScriptの言語機能を活用したより正確なコード補完や解析; 継承関係を考慮したスマートなリネームリファクタリング ES6へ移行するためのインスペクションやクイックフィックス、Convert to class(クラスへ変換)インテンション 他に注目すべきアップデートは、Stylelintのサポート、PostCSSのプラグイン経由でのサポート、Protractorによる動作及びテストとデバッグ 、Node.jsアプリのDocker上での実行・デバッグ、ES6サポートの強化による分割代入(Destructuring assignment)の対応、等。     2015年11月よりも前にお買い上げのWebStormライセンスをお持ちの方は新しいサブスクリプションモデルへ40%オフで移行していただけます。このキャンペーンは年内に限り有効ですのでお早めにどうぞ! JetBrains WebStorm チーム [原文]

Posted in WebStorm, お知らせ | Leave a comment

JetBrains Toolboxがリリースされました!

JetBrains Toolboxアプリケーションが公式にバージョン1.0をリリースしたことをお祝いしてください! コーディングはクリエイティブな作業なので、私たちJetBrainsは「フロー状態」にいるときこそが最高の状態だ、と考えています。私たちの製品すべて、この原則にしたがってデザインされています。そのため、定期的にプロダクトのアップデートをダウンロードしたりインストールしたりすることは、あなたがそんなにやりたいことではないでしょう。 そこでToolboxアプリケーションを導入してください! JetBrainsツールを今までよりも楽しく使うことができる、ささやかですが、気の利いたアプリケーションです。これは、ワンストップのコントロールパネルの一種で、JetBrainsのツール、インストール、アップデート、そしてプロジェクトさえも管理するのを手伝ってくれるようにと設計されています。 このアプリケーションはアルファ版が5月25日に公開されましたが、そのときから今まで皆さまからたくさんの有益なフィードバックをいただき、またご好評をいただいております。このアプリケーションがバージョン1.0のリリースのためにより良いものとなる助けになってきました。皆さまのご厚意とご支援に感謝します! それではToolboxアプリケーションでどんなことができるのか見てみましょう: それぞれのIDEに対してのインストール、アップデート、削除、前のバージョンへのロールバック Early Access Program (EAP) への簡単なアクセス JetBrains Account のインテグレーション すべてのプロジェクトをひとつの場所で GitHub インテグレーション そしてその他のささやかな機能 もし既にToolboxアプリケーションをインストールされていれば、バージョン1.0をインストールするために’Check for updates’のUIを見てみてください。試してみたいのであれば、ウェブページ Toolbox App web-page からダウンロードしてください。 皆様がどんなことを考え、そしてどの機能が皆さまにとって有用であるかを是非知りたいと思っています。この記事へのコメント、YouTrack、あるいは @jetbrainsjp までお寄せください。 Toolboxアプリケーションチームより [原文]

Posted in お知らせ | Leave a comment

2016年11月22日(火) JetBrains Nightを開催します #jbnight

実に3年ぶりとなるJetBrains Nightの開催です。 JetBrains NightはJetBrains製品の最新情報やベストプラクティスについて直接情報交換ができる場です。 IntelliJ IDEA、PhpStorm、ReSharperをはじめとするJetBrainsのツールはその生産性の高さから日々注目を集めています。 日本市場でのJetBrains製品の盛り上がりを受けて、JetBrainsのメンバーが来日いたします。 既にJetBrains製品をご利用中の方も、これから使ってみたいという方もお気軽にご参加ください。 皆さまの参加をお待ちしております。 無料でご参加いただけますが、事前にお申し込みいただく必要がございます。 以下のサイトよりお申し込みくださいませ。 https://www.jetbrains.com/languages/jp/jetbrains-night-2016/ 会場を快くご提供くださいましたYahoo! Japan様に御礼申し上げます。

Posted in お知らせ | Leave a comment

IntelliJベースIDE v2016.1と古いバージョンのセキュリティアップデート

IntelliJプラットフォームベースのIDEについて重要なアップデートをリリースいたしました。このアップデートは重大なセキュリティ脆弱性を修正しています。脆弱性は過去のバージョンにも存在するため、パッチもリリースしております。 この脆弱性を突いて攻撃した事例についての報告は受けておりませんが、可能な限り早くアップデートして頂くことを強く推奨いたします。 詳しくは以下にご説明いたします。 内蔵Webサーバの脆弱性 クロスサイトリクエストフォージェリー(CSRF)により攻撃者が悪意のあるWebページを使い、ユーザーの同意なしにローカルファイルシステムへ アクセスすることを許可します。 インターナルRPCの脆弱性 不必要に寛大なCORS(Cross-Origin Resource Sharing)設定により、攻撃者は悪意のあるWebサイトを使うことで様々なインターナルAPIエンドポイントを利用することができ、IDEで保存しているデータにアクセスしたり、IDEバージョンといったメタデータを収集したり、プロジェクトを開いたりできます。 この脆弱性を報告頂き、緊密に協力してくださったJordan Milne、この修正にあたり完璧なコラボレーションを発揮してくださったGoogleのAndroid Studioチームに感謝いたします。 アップデート方法 IDEの‘Check for Updates’よりアップデートするか、www.jetbrains.comより最新版をダウンロードしてください。過去のバージョンをお使いの方は以下のリンクを参考にしてください。 FAQ Q: どの製品/バージョンがアップデートされましたか? A: IntelliJプラットフォームベースの全ての製品に影響があります。以下の表でアップデートをリリースした最低のバージョンを示します。以下の表にあるバージョンまたはそれ以降のバージョンをお使いの場合はアップデートの必要があります。 製品 アップデートのあるバージョン(ビルド番号) AppCode 2.1 (129.772) CLion 1.0 (141.353) DataGrip 1.0 (143.1410.7) IntelliJ IDEA 12.1 (129.161) MPS 3.0 (129.350) … Continue reading

Posted in お知らせ | Leave a comment

Javaチャンピオンは無償でIntelliJ IDEA Ultimateをお使い頂けます

本日よりJavaチャンピオンの方は簡単な確認をするだけでIntelliJ IDEA Ultimateを無料で取得して頂けます。何年にも渡ってJetBrainsはJavaチャンピオンの方々と仕事上の関係にとどまらず、個人的にも知り合う機会が多くございました。継続的にIntelliJ IDEAやIntelliJプラットフォームベース製品のフィードバックを沢山頂いております。そこで感謝の気持ちをIntelliJ IDEA Ultimateの提供をもって表せればと考えております。 現在Javaチャンピオンの方々はhttps://www.jetbrains.com/shop/eform/javaChampionよりお申し込みいただけます。java.netのリンクを必ず含めてください。 IntelliJ IDEA UltimateはJavaチャンピオン以外にも、オープンソースプロジェクト、学生や教員、クラスルーム環境でお使いになる教授やトレーナーに対して無償で提供しております(IDEA以外の製品も含みます)。 [原文]

Posted in お知らせ | Leave a comment

JetBrains Toolbox – リリースとバージョニングの変更

サブスクリプションへ移行することのゴールの一つに、1年に1回メジャーリリースを行うリリースサイクルから、バージョニングとは関係なしに継続的に価値を提供するしくみへと変わることがあります。 このモデルの変更によって今後バージョンが意味するところは何なのかという質問がありました。一般的にユーザーが新しいバージョンで気になること言えば次のようなものです: 新バージョンは何を提供してくれるのか? 新バージョンによって自分の作業がどう変わるのか? 新バージョンを利用することは可能なのか? しかし、これらの質問よりもよくある質問に答えることにしましょう。つまり、IntelliJファミリーのIDEに共通な機能がありますが、一つの製品でなされた新機能やバグフィックスが他の製品にも反映されているのかという声を良く伺います。使っているのが複数製品であるか単一製品であるかにかかわらず、共通的な新機能や修正がいつ個々の製品に反映されるのかは明確でなければなりません。 別の問題、といってもこれは内部的な問題ですが、我々のバージョンの管理です。複数の製品、複数のリリースを年間何度もおこなっていくにあたってバージョン番号を上げていきたいということです。 シングル・バージョン。並行リリース。 我々はJetBrainsツールボックスにあるすべての製品について同一のバージョン体系に変更します。これらにはすべてのIDEおよび.NETツールが含まれています。 加えて、新たなバージョン体系を導入します。これは次のようなフォーマットで表されます。 YYYY.R yyyyが表すのは年です。rはその年のリリースを表します。一年のうちに複数回のリリースをするという狙いがここには込められています。各製品には各製品独自のビルドナンバーがあり、それはyyyy.r.n.m*という形で表されます。 例えば、IntelliJ IDEAの2016.2というバージョンでそのビルドナンバーが2016.2.1.10というものをリリースするでしょう。引き続きWebStormの2016.2でビルドナンバーが2016.2.5.30というものをリリースするでしょう。それらはともに2016.2のリリースの一部です。 結果、現在JetBrainsツールボックス製品でEAPとして提供しているものはバージョン2016.1としてリリースされることになります。 この変更によりバージョン方式が統一されるだけでなく、平行リリースも行われるようになります。つまり、JetBrainsツールボックスの製品は年間を通して同じ回数のリリースがあり、それらは一定の期間内にリリースされます。 *なお新しいバージョン体系の適用はバージョン2016.1から始まりますが、関連作業が全て終わり完全に統一されるのは2016.2となる見込みです。 これによって何がもたらされるか? この変更がユーザーおよび我々に幾つかの利点があると考えています。 ユーザーの利点 頻繁な製品のアップデート サブスクリプション制への移行の目標は年間のリリース回数を増やすことでした。これにより新機能や改善を準備出来たらメジャーリリースを待たずに提供できるようになります。 年ベースのバージョン 2016.2というバージョンは単純な11よりも意味にあふれています。なぜなら最近のリリースかどうか年という観点でわかりますし、その年のいつのリリースかもわかります。 並行バージョン すべての製品が同じバージョンになります。WebStormの2016.2とIntelliJ IDEA2016.2とを比較するのはWebStormの11とIntelliJ IDEAの16との比較に比べて容易にできます。 可用性 サブスクリプションが有効であるなら、最新バージョンが利用可能です。どのバグフィックス更新がお手持ちの恒久フォールバックライセンスで利用可能かどうかについては、JetBrainsアカウントからご覧になれます。 JetBrainsの利点 より頻繁なリリース JetBrainsは価値を提供することに注力しており、新機能か修正かにかかわらず、提供可能になったらすぐにリリースしたいと考えています。そして、1年に1度というゆっくりなペースでメジャーバージョンアップリリースするような体系を保持するべきではないと考えています。より頻繁なリリースにより我々はより早く価値を提供し、より速くフィードバックが得られます。 年ベースのバージョン 複数の製品を扱っているためコラボレーションやリリースプランニングにとって製品のリリース、新機能やバグフィックスのリリースがいつだったかをバージョンナンバーによりひと目で判別がつくのは非常に都合が良い。新しいバージョン体系は我々によりよい時間のメンタルモデルを与えてくれる。 並行した内部・公開バージョン 我々は共通のプラットフォームを利用しているため、内部的にはツールがシングル・バージョン体系に従っている方がより都合がよくなります。各製品のバージョン番号も我々のブランチに合わせてあるため、実際のビルドナンバーであるほうが都合がよくなります。この変更に唯一直接的な影響を受けない製品は.NETツール群です。しかし我々の新製品Project Rider .NET IDEはIntelliJプラットフォームを共有するほか、それらの製品はJetBrainsツールボックスから利用可能であるため、単純化して同一のモデルに従うのがよいと判断しました。 … Continue reading

Posted in お知らせ | Leave a comment

Kotlin 1.0 リリース: JVMとAndroid向けの実用的(Pragmatic)言語

Kotlinバージョン1.0をついにリリースいたしました! 長く、エキサイティングな道のりでしたが、ついに1.0のリリースとなりました。ロゴも新しくなりました: See discussions on Reddit and Hacker News   Kotlin #とは? KotlinはJVMとAndroid向けのオブジェクト指向かつ関数型な実用的(Pragmatic)言語です。相互運用性、安全性、明瞭性、そしてツールサポートにフォーカスしています。 汎用言語であるKotlinはJavaが動作する場所であればサーバサイドアプリケーション、モバイルアプリケーション(Android)、デスクトップアプリケーションを含むどこでも動作します。以下のメジャーなツールやサービスに対応しています: IntelliJ IDEA、Android Studio、Eclipse Maven、Gradle、Ant Spring Boot (KotlinサポートがKotlin 1.0と同時にリリースされました!) GitHub、Slack、Minecraft Kotlinの焦点として大事なのが相互運用性、JavaとKotlinをミックスしたプロジェクトのシームレスなサポートです。これにより、既存プロジェクトを段階的に簡潔かつよりタイプセーフなコードに移行していくことが可能です。さらに、Kotlinは拡張可能な標準ライブラリを備えており、バイトコードのフットプリントを小さく抑えます。もちろん、どんなJavaライブラリもKotlinから呼び出せますし、逆も然りです。 実用的(Pragmatic) #とは? 長きに渡るプロジェクトでは人のコアバリューを理解することが非常に大切です。Kotlinのデザインを一言で表すならば実用主義(pragmatism)です。Kotlinの主眼は早い段階から新発明や、研究ではありませんでした。結果的に沢山の発明がありましたが、あくまでプロジェクトのポイントではありません。我々が開発してきた物はだれもが利用可能なバグを防ぐための型システムであったり、コードの再利用を促す抽象化メカニズムです。我々はこの言語を素晴らしい物とすべく常にユースケースにフォーカスしてきました。 特に、既存コードとの相互運用性は重要です。全てをスクラッチから書き直すことをだれが望むでしょう?私にもそんなことをしたいと思ったことがありました・・・極めて稀ですが。Kotlinの開発はJavaとの相互運用性やMavenインテグレーション、Android互換性を無視すれば極めて簡単なものだったでしょう。アプローチもよりエレガントになったかもしれません。しかし、エレガントであることはゴールではありません。ゴールは便利(useful)であることです。新しく覚えること、新しく発明すること、スクラッチから繰り返すことが少ないほど、再利用はしやすく、より便利ツールとなり得ます。 Q. なぜKotlinは独自のパッケージマネージャーやビルドシステムを持たないのですか? A. すでにMavenやGradleがあり、多大な既存資産を再利用できることは多くのプロジェクトで重要だからです。 Q. 新しくデザインし直すことをせず、なぜJDK互換のコレクションインターフェースを開発することに注力したのですか? A. 既存のJavaコードはJDKのコレクションフレームワークに多大に依存しており、言語の境界をまたがる際に変換をするのは面倒だからです。 Q. なぜKotlinはJava6のバイトコードをサポートするのですか? A. 多くの人はいまだにJava6を使っているからです(Androidデベロッパが多いですが、Androidだけではありません). … Continue reading

Posted in Kotlin, お知らせ | Leave a comment

IntelliJ IDEA 16 EAP新ビルド – Spring Bootサポートの改善とKotlin 1.0 RC

新しいIntelliJ IDEA 16 EAPビルドをお試し頂きます。バグフィクス内容についてはリリースノートをご覧ください。 Spring Boot Spring Bootをお使いの方は最新ビルドを試すべきです!Spring Bootサポートは多岐にわたって改善されており、コードアシストも賢くなっております。 configuration propertyのFind usages カスタムconfiguration propertyについてfind usagesで参照しているコードを探し出すことが出来るようになりました。アプリケーションコンフィギューレーションファイルや、メタデータファイルにてfind usagesが効くようになりました。この機能を働かせるには、ガターアイコン(行の左側のアイコン)をクリック(Navigate→Related Symbolと同等)か、Show UsagesをAlt+Ctrl+F7 (Mac OS X:Alt+Cmd+F7)より呼びだしてください。 application.ymlの値 YAMLの設定ファイル内でコード補完とエラーハイライトが効くようになりました。 キーの補完について沢山の問題を修正しました。 banner.txt 皆さんお好きのカスタムバナーですが、ここでもスマート補完が効くようになりました: テスト @SpringApplicationConfigurationがテストコンテクストの設定で検出されるうようになりました。 Spring Boot starterのインポート よく使うアノテーション/クラスについて賢いクイックフィックスが働くようになりました: Spring Initializr 他に便利な点として: Nameに設定した値が、プロジェクト名だけでなくArtifact名にも反映されるようになりました starterで利用出来ないモジュールについて、必要最小バージョンをツールチップで教えてくれます SpringとSpring MVCサポートも近々強化される予定ですのでお楽しみに! Kotlin … Continue reading

Posted in お知らせ | Leave a comment