Category Archives: お知らせ

ReSharper Ultimate 2018.1 リリース!

ReSharper Ultimate ファミリーの今年最初のメジャーリリースをご紹介いたします。ReSharper Ultimate 2018.1 がダウンロードしてください! 多数のバグ修正 (260件以上のリクエストに応じて) に加えて、ReSharperでは、以下のように機能の追加と改善が行われております。 足りなかったピースをパズルに追加することで、C#7.2のサポートが完成されました: 非末尾の名前付き引数、 private protected アクセス修飾子、数値リテラルの先頭のアンダースコア、in パラメータ、ref readonly 戻り値とローカル変数、readonly struct 型、ref struct 型と条件付きref 演算子。 あなたのコードが最新の言語バージョン仕様をフル活用してもコードが赤くなることはもうありません! ナビゲーション機能の改善:Go to File Member は、複数のクラスを1つのファイルでより良く表示するための新しいグルーピングを備えています。Recent Files は、検索結果の下に Go to File を表示します。Search Everywhere には、ユニットテストフィルタが追加されています。また、Find Usages には、デフォルトコンストラクタの使用を探すことをサジェストするダイアログがあります。 コードフォーマットエンジンが大幅にアップデートされました。フォーマット関連の問題に対するインスペクションとクイックフィックスが導入され、字下げ、改行、スペース、空白行などをコードエディタで直接確認および修正をできるようになりました。 C#7サポートは、deconstruction と discards のコンテキストアクション、さらに多くのオプションをコードスタイル、インスペクション、クイックフィックスに追加することで拡張されました。 .editorconfig は、ソリューション全体、プロジェクト、または特定のファイルに対して、インスペクションの重大度を任意の範囲に設定できるようになりました。ReSharperは.editorconfig ファイルからコードスタイル設定 (Code … Continue reading

Posted in ReSharper, お知らせ | Leave a comment

JetBrainsのエデュケーショナルプロダクト

2015年にJetBrainsの新ブランドを発表した際、会社として、そして開発者としてのアイデンティティ、また私たちとユーザーの皆様を結びつけた情熱についてお話させていただきました。その際に私たちは、drive to develop (開発にかける情熱) だけではなく、新たな課題へのチャレンジと、この世界に足跡を残すための情熱についてもお話させていただきました。 今日JetBrainsの信念を証明するために、もう一歩踏み出します。無料かつオープンソースのエデュケーショナルプロダクトをぜひ体験ください。

Posted in お知らせ | Leave a comment

DataGrip 2018.1リリース

こんにちは! 新しいリリース、DataGrip 2018.1をご紹介いたします! 今回のリリースにあたりまして、数々の新機能を試してくださったアーリーアクセスプログラムの協力者に感謝いたします。それでは、詳しく見てみましょう。 データエディタ — SQLログ IDE の一般的なエンハンスメント — Rename everything — スキーマスイッチモード — ナビゲーションの機能拡張 — スクリプトの実行時にターゲットを記憶 — ファイルのクイックドキュメンテーション データベースビュー — MariaDBサポート — Redshiftの外部スキーマ — Exasolのバーチャルスキーマ — MySQLのイベント — PostgreSQL 10のパーティションテーブル — データソースの色が関連ファイルに反映 SQL編集 — 次/前の出現位置にナビゲート — エレメントを左右に移動 — ファイル参照の補完 — … Continue reading

Posted in 0xDBE, お知らせ | Leave a comment

RubyMine 2018.1 リリース: パフォーマンス向上、Run Anything、Postfix Completionなど

RubyMine 2018.1 (181.3204.562) が利用可能になりました。What’s newページで全ての新機能をご参照ください 。または、以下の簡単な概要をお読みください: より速くてよりスマートなIDE 再設計された静的解析コアエンジンでIDEのパフォーマンスを向上させました。特に、自動補完候補、コードインスペクション (Code | Inspect Code)、およびコード解析に関する機能の応答が早くなりました。詳細 ブロック変数用の Code Insight を改善:パラメータとして渡されたブロックが、レシーバーのブロックボディで適切に解決されるようになりました。詳細 Run anything 新しいRun anythingアクション(Ctrlを2回押す)で、rakeタスク、rails server、といったあらゆるスクリプトやコンソールコマンドを即座に実行できます。詳細 Run Anything アクションを使用している際に Shift を押すと、Debug anything モードに切り替わり、デバッグ設定が出来ます。 Postfix code completion 新しく追加された postfix code completion により、コード内でカーソルを移動する必要なく、既存の式を変換できます。簡単にステートメントを反転、変更、または補完できます。詳細 マークダウンのインラインダイアグラム マークダウンプレビューで、インラインダイアグラムをレンダリングするようになりました!.mdファイルでダイアグラムコードの前に pumlと入力されていると、RubyMineはそれを適切に識別し、プレビューペインにダイアグラムを表示します。 詳細 デバッガ デバッガで例外ブレークポイントの設定がよりユーザフレンドリになりました。特定のタイプの例外が発生したときに実行を中断できます。 例外が発生するたびに中断させたくない場合は、+ボタンを押して、どのタイプの例外でデバッガをトリガーさせるのか選択できます。 詳細 JavaScript TypeScriptの改善。新しいバージョンは、最新のTypeScript2.7をサポートしています。Implement … Continue reading

Posted in RubyMine, お知らせ | Leave a comment

Go the Distance: GoLand 2018.1 リリース!

GoLand 2018.1がダウンロード可能になりました。 4ヶ月前にGoLandの最初のバージョンがリリースされて最初の大規模なアップデートであり、チームにとっても重要なマイルストーンです。 このアップデートでは、コードアシスタンスを中心に強化しています。また、IDEと連携するツールの統合により磨きをかけています。このアップデートは部分 Git コミット、Dep との統合、ローカルGoプロセスのデバッグを可能にし、またDocker Compose サポート改善、Kubernetesリソースファイルのスマートコーディングアシスタンスを提供します。 注目の新機能は次のとおりです: Go Dep との統合 Run と Debug ローカルプロセスへアタッチしてデバッグ Build 設定で複数のファイルを実行 コーディングアシスタンス Go 1.10 のサポート Move リファクタリング (同じパッケージ内) Negate completion 新しい Postfix テンプレート: .if と .p Default values completion たくさんの新しいインテンションアクションとクイックフィックス 新しいフォーマットオプションとEnterで自動フォーマット Optimize imports on-the-fly エディタ機能 クイック Documentation ポップアップの改善  (exampleファンクションの表示も可能) Scratch Files 用のPaste とカスタムテンプレートのインポートの処理 自動インポートメカニズムは結果にエラーがない時のみ実行 パフォーマンス GOPATH 全体をインデックス化しないオプション(dep managerを使用する場合に適切) グローバルシンボルのRenameとFind Usages の高速化 他 テストランナー … Continue reading

Posted in GoLand, お知らせ | Leave a comment

CLion 2018.1 リリース: C++17、WSL、CMakeインストール、新しい言語のサポートなど!

CLion 2018.1 を発表致します!あらゆるプラットフォーム、特にWindows上で開発をしているC/C++デベロッパー向けにさまざまな機能強化と新機能を備えています。また、C/C++、Objective-C / Objective-C++、Rust、Fortranを使用する開発者にもさまざまな利点がございます。 詳細を参照して、30日間の無料体験版をダウンロードし、新機能を是非お試しください: C++ サポートの改善: C++17 イニシャライザ付き If と switch 、C++17 構造化束縛 (structured bindings)など Clang-Tidyオプションと.clang-tidy 設定サポート Windows Subsystem for Linux (WSL) のサポート:コンパイル、実行、デバッグ、さらにValgrind Memcheckで実行 CMake:Install アクション、CMakeファイルテンプレート、非CMakeプロジェクトをエディタで開ける機能 エディタの機能拡張:コードの折りたたみ、パンくず、プロジェクトスコープ VCS:Gitの部分コミット 新しい言語サポート:Objective-C / Objective-C++、Rust、Fortran 新しい機能や拡張機能の概要については、Phil Nash による次の動画をご覧ください: CLion 2018.1をダウンロード C++サポート:C++17 私たちはC++に集中し、精度とパフォーマンスを含め、長期的に言語サポートの強化につながるいくつかの方向に取り組んでいます。私たちはCLionの現在の言語エンジンを変えられる複数の選択肢を検討しており、すでにいくつかの実験を行っています(2018.xバージョンで結果をご期待ください)。一方で、現在のソリューションは当社の主な焦点であり、v2018.1では次のような大きな改善点がございます: C++17構造化束縛 (structured bindings) のサポート … Continue reading

Posted in CLion, お知らせ | Leave a comment

PyCharm 2018.1 リリース!

部分コミット、コードセル、SSHリモートPythonインタプリタなどの新機能を搭載するPyCharm 2018.1が利用可能になりました! 今すぐダウンロード データサイエンティストは、ファイル内にコードセルを定義し、実行する部分を選択できるようになりました。 分析を調整するたびにデータを再インポートする必要はありません。 リモートマシンでPythonコードを実行していますか? SSHのリモートPythonインタプリタを設定がより簡単になりました。 Python 3.7はまだリリースされていませんが、PyCharm 2018.1は既にPython 3.7コードのシンタックスハイライト、コード補完、実行を完全にサポートしています。 Gitでファイルの一部のみを選択してコミットできるようになりました。 PyCharm 2018.1は新しいコードインテリジェンス機能が含まれているため、あなたのPythonコードを以前よりも深く理解して、サジェストしてくれます。 Docker Composeファイル形式3.3以降がサポートされるようになりました。 また、Docker Composeインタプリタのパフォーマンスが大幅に改善されました。 等々 詳細はウェブサイトのWhat’s Newページをご覧ください。 PyCharm 2018.1を今すぐダウンロード! [原文] Original text in English is written by Ernst Haagsman

Posted in PyCharm, お知らせ | Leave a comment

PhpStorm 2018.1 リリース!

PhpStormの2018年初のメジャーアップデートであるPhpStorm 2018.1がリリースされました。 こちらから、またはJetBrains Toolbox Appからダウンロードできます。 ウェブサイトではこのリリースの詳細がすべて記載されておりますが、注目すべき新機能は次の通りです。 PHP 言語 ファンクション / メソッドのインライン化リファクタ コードをファンクショナルスタイルにリファクタ 設定可能なチェックされない例外 Goto Symbolナビゲーションの改善 クラスエイリアスの階層チェック テスト テストからクラスを作成 Codeception:コードカバレッジ @covers サポート強化 テスト実行のガターアイコン HTTP クライアント Assertions サポート デフォルトテンプレートによるクイックスタート 修正された全てのPHP関連の問題リストはIssue Tracker、以前のすべてのEAPビルドはリリースノートをご参照ください。 また、PhpStorm 2018.1はPrettierでリフォーマット、新規Vueプロジェクトの作成、TypeScript 2.7のサポート、React Nativeアプリのデバッグなど、Webテクノロジーのサポートを大幅に改善します。 IntelliJプラットフォームはこのリリースに、多くの新機能とバグフィックスを提供しました。 具体的には、Gitの部分コミット、新しいドキュメンテーションUI、Windowsの複数ディスプレイでのHiDPIサポートの強化、フォーカスシステムの刷新、特定のフォルダ内のターミナルを開く機能などです。 データベースツールでは、データエディタのSQLログ、Redshiftの外部スキーマ、Exasolのバーチャルスキーマ、スキーマの切り替え方法などを改善しました。 詳細については、PhpStorm 2018.1の新機能を参照し、PhpStorm 30日間無料体験版をダウンロードしてください。 PhpStormまたは All Productsのサブスクリプションが有効の場合、無料でPhpStorm … Continue reading

Posted in PhpStorm, お知らせ | Leave a comment

IntelliJ IDEA 2018.1: コード分析、デバッガ、Android Studio 3.0、部分Gitコミットなど

準備はよろしいですか? 当社の今年最初のメジャーアップデート、IntelliJ IDEA 2018.1 をお楽しみください! この新しいリリースでは、サポートされている言語、フレームワーク、バージョン管理ツール、デバッガ、コンパイラ、エディタを大幅に改善いたしました。今すぐダウンロードしてお試しください! 当社のウェブサイトでIntelliJ IDEA 2018.1の全新機能をご参照ください! このリリースにおける、ご待望の最も魅力的な機能は次の通りです: Java Stream APIチェーンのコード補完では、型キャストが認識され、既存の呼び出しフィルタ(String.class::isInstance)に従った補完項目と、自動的に型キャストされた補完項目がサジェストされます Postfix code completionでJava向けのカスタムテンプレートを定義可能 データフロー解析は、”greater than” (より大きい) および “less than” (より小さい) のような変数間の関係を追跡するようになりました。また IDE は、変数が比較される際に、可能性のある全コードパスで条件が常に true(またはfalse)である場合も検出します: もっと詳しく知る Java検査&クイックフィックス:無限のStream検出、無限ループのbreak条件をループ条件に変換など 選択されたスコープ内で問題を解決する方法がいくつかある場合、IntelliJ IDEAは、すべての提案されるクイックフィックスを、Inspection Results Tool Window の Fix partially でクイックフィックスタイプでグループ化します。 JUnit 5 @Tag アノテーションサポート テストクラスを生成する際、命名ルールを”Test*”とプレフィクスにカスタマイズする機能 JVMデバッガ デバッグ中に例外を発生させる機能 コンソールへのブレークポイントスタックトレースログ出力 … Continue reading

Posted in IntelliJ IDEA, お知らせ | Leave a comment

#ScalaMatsuri 2018 に侍スポンサーとして参加いたします

JetBrainsは3月17日、18日に東京で開催のScalaMatsuri 2018に出展いたします。 IntelliJ IDEAを初めとするJetBrains製品を既にお使いの方も、これからお試しになりたい方もお気軽にお立ち寄りください。使い方で分からないことがあれば何でもご質問ください。またUpsourceを初めとするチームツールのデモをご覧いただくことも出来ます。 例年通りステッカーなどのノベルティも用意しております。 それではデベロッパの皆様とお会い出来るのを楽しみしております!

Posted in お知らせ | Leave a comment