Category Archives: PyCharm

PyCharm 2019.3リリース

Jupyterノートブック用の対話型ウィジェット、MongoDBサポート、およびすべてのPython 3.8機能用のコード支援が実装されました。 今すぐ新バージョンをダウンロードするか、IDE内からアップグレードしてください。 PyCharmの新機能 Jupyterノートブック上の対話型ウィジェットサポート。対話型ウィジェットサポートすることで、よりデータ本来の力を活かせるようになりました。 MongoDBに対応しました。PyCharm Professional Editionに含まれるデータベースツールが、最も一般的に使用されるNoSQLデータベースの一つに対応しました。 Python 3.8の全機能用のサポートを揃えました。これで、TypedDictsを使用する際にPyCharmスタイルのコード補完を期待できます。 また、Literal型の注釈のサポートも追加しました。 CSVファイルはいつもタイプミスがとても起こりやすい、非常に長い名前ではありませんか? openやPandaのread_csvのようなメソッドにおけるファイル名の補完など、小さいながらも便利な機能を追加しました。 インタプリタのインデックス生成の高速化など、その他多数の改善も行われています。これら改善内容は、新機能ページをご覧ください。 [原文] Original post in English is written by Ernst Haagsman

Posted in PyCharm, お知らせ | Leave a comment

はじめてのPyCharm + Jupyter Notebook(その2)

こんにちは。JetBrains堀岡です。 「はじめてのPyCharm + Jupyter Notebook(その1)」の続きです。今回も Maria KhalusovaによるPyCharm 英語ブログ「Jupyter, PyCharm and Pizza」の記事をベースに少し違った観点で、PyCharmとJupyter Notebookの連携を紹介します。 その1では環境のセットアップと基本的な機能について説明しました。今回は、英語ブログに出てくるチャートを一通り表示できる環境を構築し、PyCharm上で分析を体験する方法を紹介します。 セットアップ テスト環境はその1と同じです。 Githubからの新規プロジェクト作成 今回は、PyCharm 英語ブログ「Jupyter, PyCharm and Pizza」に出てくるチャートが表示できる環境を別PyCharmプロジェクトとして作ります。ブログで使用されたnotebookはGitHubからダウンロード可能になっていますので、GitHub上のコードから新しいPyCharmプロジェクトを作って試します。 PyCharmのスタート画面で「Get from Version Control」を選択します。 Get from Version Controlの画面で以下を指定します。 URL: https://github.com/MKhalusova/pizza.git Directory: pizzaだと私の環境では前回のプロジェクトかぶるので「_mk」を追加しました。 今回はPyCharmプロジェクト作成時にPython interpreterが指定されていないので、以下のような警告が表示されます。ここで、Configure Python interpreter をクリックします。 前回同様New environmentを選択し、[OK]をクリックし、Conda仮想環境を新規作成します。 Pythonパッケージのインストール 前回同様、Jupyter等のパッケージは当然必要になりますが、試してみたところ、notebookで出力するチャートを表示するためには、英語ブログでは詳しく言及されていないパッケージのインストールが必要でした。「パッケージインストール&エラーメッセージの確認」の繰り返しを体験したい方は、以下をスキップして、そのままお試しいただきたいのですが、楽をしたい方は PyCharmの画面下部のTerminalでcondaコマンドで以下必要なものをまとめてインストールしましょう。

Continue reading

Posted in PyCharm | Leave a comment

はじめてのPyCharm + Jupyter Notebook(その1)

こんにちは。JetBrains堀岡です。 PyCharm 2019.2からJupyter Notebook連携が新しくなったことはご存知でしょうか? Maria KhalusovaによるPyCharm 英語ブログ「Jupyter, PyCharm and Pizza」 でさらっと紹介されていますが、初めての方にお試しいただけるよう、セットアップや基本機能について、もう少し詳しく日本語で紹介したいと思います。はじめてのPyCharm + Jupyter Notebook(その2)と合わせてご覧ください。 PyCharmの情報源 PyCharm 公式:令和元年11月末よりJetBrainsの公式サイトが多言語対応し、日本語🇯🇵版もできました🎉今後、新機能や機能一覧も英語サイトに合わせて随時更新していきます! PyCharm オンラインマニュアル:英語/日本語 PyCharm Jupyter Notebookサポートに関する記述 英語/日本語 PyCharmブログ(英語) PyCharmサポート(英語) macOS上でPyCharm+Jupyter Notebookを試す テスト環境 本記事作成にあたり、以下の環境で試しています。 OS: macOS Catalina 10.15.1 Python環境: Anaconda 2019.10/Python 3.7 こちらからダウンロード。conda –version すると4.7.12 PyCharm Professional 2019.3 … Continue reading

Posted in PyCharm | Leave a comment

PyCharm 2018.3リリース

PyCharm 2018.3 がリリースされました: Linux用のWindows Subsystem (WSL)、複数行TODOコメント、Search Everywhereの改善など PyCharm 2018.3をダウンロード PyCharmの新機能 WindowsでLinux上で動作するアプリケーションを開発しているユーザーはWindows Subsystem for Linux(Wsl)を使ってPyCharmからコードを実行できるようになりました。 PyCharm 2018.3は、WSL内でPythonインタプリタを使うように設定できるようになりました。 Issue Trackerで最もリクエストされた機能の1つは、複数行のTODOコメントでした。PyCharm 2018.3で書けるようになりました! Search Everywhere(どこでも検索)は新機能ではありませんが、使いやすくなりました。結果をどのようにフィルターできるのかが分かりやすくなりました。 詳しくは What’s New でお読みください(サムライズム様による翻訳はこちらです)。 リリースノートも確認できます。 今すぐアップグレード PyCharmの新バージョンを使うには、次のいずれかの方法でアップグレードしてください。 新バージョンをダウンロード PyCharmで Help | Check for Updates を選択 JetBrains Toolboxを使ってアップグレード (もしお使いでなければ、このブログポストで詳細を読み、ぜひお試しください) UbuntuやSnapをサポートする他のディストリビューションを使用している場合、PyCharmはSnapで自動的にアップデートされます(PyCharmがSnapでインストールされた場合) ご質問、ご不満、またはご提案等はございますか? お気軽にご連絡ください! … Continue reading

Posted in PyCharm, お知らせ | Leave a comment

PyCharm 2018.2リリース

Pipenv環境、pytestサポートの改善、改善されたクイックドキュメンテーションなど様々な強化が施されたPyCharm 2018.2 をご利用頂けます。 PyCharmの新機能 PyCharmはpipenvを完全にサポートするようになりました:pipenvでプロジェクトの作成、pipfileの作成、さらにパッケージのインストールまでPyCharmで行えます。pipfileを持つプロジェクトをGitHubからチェックアウトすればpipenvが自動的に作成され、ワンクリックですべての依存関係をインストールできます。 PyCharm 2018.2でpytestのサポートが改善されました。コード補完とインスペクションがpytest fixture 用にサポートされるようになりました。 BDDを使用したい場合は、pytest-bddもサポートされています。 BDDサポートは、PyCharm Professional Editionでのみご利用いただけますのでご注意ください。 クイックドキュメンテーションは、使いやすく、見た目も良くなるようにアップデートされました。 まだドキュメントはございませんか?reStructuredTextエディタにプレビューウィンドウが追加され、rst ファイルを簡単に編集できるようになりました。 コードインサイト、バージョン管理、およびその他の改善が行われました。詳しくはWhat’s New ページをお読みください。 いますぐ試したいですか? PyCharmをダウンロードしてください。 ご質問、ご不満、またはご提案等はございますか?  お気軽にご連絡ください! Twitter (英) / Twitter (日)、YouTrackで、皆さんのご意見をお待ちしております。 [原文] Original text in English is written by Ernst Haagsman

Posted in PyCharm, お知らせ | Leave a comment

PyCharm 2018.1 リリース!

部分コミット、コードセル、SSHリモートPythonインタプリタなどの新機能を搭載するPyCharm 2018.1が利用可能になりました! 今すぐダウンロード データサイエンティストは、ファイル内にコードセルを定義し、実行する部分を選択できるようになりました。 分析を調整するたびにデータを再インポートする必要はありません。 リモートマシンでPythonコードを実行していますか? SSHのリモートPythonインタプリタを設定がより簡単になりました。 Python 3.7はまだリリースされていませんが、PyCharm 2018.1は既にPython 3.7コードのシンタックスハイライト、コード補完、実行を完全にサポートしています。 Gitでファイルの一部のみを選択してコミットできるようになりました。 PyCharm 2018.1は新しいコードインテリジェンス機能が含まれているため、あなたのPythonコードを以前よりも深く理解して、サジェストしてくれます。 Docker Composeファイル形式3.3以降がサポートされるようになりました。 また、Docker Composeインタプリタのパフォーマンスが大幅に改善されました。 等々 詳細はウェブサイトのWhat’s Newページをご覧ください。 PyCharm 2018.1を今すぐダウンロード! [原文] Original text in English is written by Ernst Haagsman

Posted in PyCharm, お知らせ | Leave a comment

Dataloreパブリックベータ – 機械学習向けのWebアプリケーション

2月12日、Dataloreのパブリックベータを公開しました。Pythonによるデータ解析とビジュアライゼーション向けのインテリジェントなWebアプリケーションです。 今日、機械学習は多くの商用アプリケーション、研究プロジェクトの肝となっています。DataloreでJetBrainsプロダクトファミリに機械学習に特化した環境を追加します。 このプロダクトはJetBrainsのビジョンである、誰にとっても開発を楽しく生産性が高いものにするというビジョンに基づいてローンチしました。Dataloreはスマートなコーディングアシスタンス、インクリメンタルコンピュテーション、内蔵の機械学習ツールによりデータ処理を楽しいエクスペリエンスに変えます。 インテリジェントで簡単に使えるコードエディタ データサイエンスは生データから様々な洞察を得る技術ですが、多くの場合コーディングを必要とします。機械学習のコーディングを楽しく簡単なものとするため、Dataloreはスマートなコード補完、インスペクション、クイックフィックスとナビゲーションを提供します。 コーディングタスクをシンプルにするため、書いているコードの文脈に応じたサジェスチョンを提示する「インテンション」があります。最適なインテンションをクリックすることでDataloreはデータセットをアップロード、トレーニング、テスト、分割、デザインなど様々なことを行うコードを生成します。 インクリメンタルコンピュテーション 洗練された学習モデルを得るには試行錯誤が必要です。たとえばパラメータをいくつか調整することで、挙動にどのような影響が起こるのか確認したいとき、すぐに結果が得られればうれしいはずです。Dataloreはワークブック内の様々なコンピュテーションの依存関係を解析し、変更により必要となる再計算の量を最小化します。これにより、スクリーン右側に表示されるアウトプットはあなたのアイディアを迅速に反映します。 様々なマシンラーニングツールを最初から用意 データアナリストがDataloreを使う際に必要となるツール群であるnumpy、pandas、sklearnといったPythonライブラリ群は最初から用意してあります。 さらに二つの先進的なビジュアライゼーションライブラリを開発しました。ひとつはdatalore.plotで、Rで実装されたggplotのinspired by the “grammar of graphics”にインスパイアされたライブラリです。そしてもう一つはdatalore.geo_mapsで、解析結果にインタラクティブな地図を追加するものです。 Iris、MNIST、Titanicなどのデータセットを最初から用意しており、便利なファイルマネージャで独自のデータセットを.csvフォーマとでアップロードすることも可能です。 編集内用は自動で保存されますので編集結果を失う心配はありません。バージョン管理システムを備えていますので、何かおかしくなったらファイルヒストリーから以前のモデルにロールバックできます。 コラボレーション コードエディタはリアルタイムにワークブックをリモートから編集できますので、アイディアについて議論しながらチームメイトがコードを追加したり、コメントを入れたりできます。 様々なコンピュートインスタンス Dataloreではタスクに応じてさまざまなコンピュートリソースを選ぶことが出来ます。シンプルなアルゴリズムは小さなコンピュートエージェントで、ディープラーニングアルゴリズムはパワフルなエージェントで動作させられます。より大規模なインスタンスが必要な場合はDatalore forumよりお問い合わせください 今後は? まずdatalore.ioよりお試しください! 是非Datalore forumへフィードバックを寄せてください。また、問題があれば教えてください。Twitterアカウントも用意しております。Dataloreはまだ開発中で、より改善するための皆様のご意見を楽しみにしております! Datalore Team [原文]

Posted in PyCharm | Leave a comment

PyCharm 2016.3 リリース

PyCharm 2016.3をリリースいたしました。こちらからダウンロードしていただけます。 PyCharm 2016.3をより良いIDEにするため、以下の機能を実現させました: Djangoサポートの強化 Pythonコンソールを改良 Python 3.6のフルサポート VCSサポートの強化 変数エクスプローラーの改良 カバレッジおよびプロファイリングツールのアップグレード さらに沢山の機能はこちらをご覧ください 11月30日 15:00(16:00ヨーロッパ、午前10時東部)、我々はアドボゲートエンジニアのポール・エベリットによるPyCharmの新機能紹介のオンラインセミナーを予定しています。 ここからサインアップしてください。 2015年10月以前にPyCharmライセンスをご購入の方には、キャンペーンが適用されますのでこれを機会に新バージョンへアップグレードをご検討ください。年内に新しいサブスクリプションモデルに切り替えて頂くと40%オフとなります。このキャンペーンは年内まで有効です。  PyCharmが最高のPython IDEであり続けられるよう、PyCharmをより良くするアイディアがございましたら、是非YouTrackへフィードバックをいただければ幸いです。 -PyCharm チーム [原文]

Posted in PyCharm, お知らせ | Leave a comment

PyCharm 3.1 リリース!

PyCharm 3.1をリリースしました!JetBrainsのPython IDEのマイナーアップデートですが、たくさんの新機能を搭載しています。フレームワークサポート、DBツール、Web開発機能を備えた有償のプロフェッショナルエディションとオープンソースで無償のコミュニティエディションの両方と新バージョンでリリースしています。 PyCharm 3.1はこちらからダウンロードしていただけます。 JetBrainsはPythonとWebの最新技術を活用できるよう最大限の努力を尽くしていますので、数々の改善を気に入って頂けると思います。 PyCharm 3.1ではPyCharmのあらゆる箇所を改善、最適化しました。もちろんIntelliJプラットフォーム由来の新機能もたくさんあります。また特筆すべきなのは最新のPython 3.4とDjango 1.6をサポートしたことでしょう。またGoogle App Engineサポートも強化されています。 ・新機能 Python 3.4 サポート PyCharm 3.1はPython 3.4を新しいライブラリや言語機能といったあらゆるメンでサポートします。安心して最新のPythonインタプリタに切り替え、新機能を存分にお楽しみください。 ・Django 1.6 サポート PyCharm 3.1のDjango 1.6サポートはより強化・洗練されました。もはやアップデートをためらう理由はありません。   ・Google App Engine サポートの強化 Google App Engineサポートは数々の箇所で改善が施されています。一つ目はGoogle App Engineの実行設定はDjangoのそれと統一されたことです。もう一つ、GAEインテグレーションはユーザー認証(ユーザー名とパスワード)を使った場合でも働くようになりました。またいくつかGAE特有のコードインスペクションを追加したので、より洗練されたコードを書くことができます。 これらの新機能が開発プロセスや、ユーザーエクスペリエンスとさらに向上させるものと期待しています。 その他の新機能: – Vagrantサポートの強化: プロバイダの選択やプラグイン管理 … Continue reading

Posted in PyCharm | Leave a comment

リモートホストとプロジェクトファイル間のファイルの移動がより直感的に

先のエントリでリモートホストツールウィンドウを使ってリモートサーバに接続する方法を説明しました。IDE内からFTP、FTPS、SFTPサーバへのファイルの送受信を簡単に行える便利な機能です。PhpStorm 7.1.1を始めとする最新のIDEではドラッグ&ドロップの挙動をMacのFinderやWindowsのエクスプローラに近づけました。 この機能はIntelliJ IDEA、PyCharm、WebStorm、PhpStorm、RubyMineでご利用いただけます。 改めて説明いたしますが、リモートホストへの接続はTools | Deployment | Configuration で行えます。続いてTools | Deployment | Browse Remote Hostよりリモートホストブラウザを開けます。 プロジェクトペイン/リモートホスト間のドラッグ&ドロップは、OSのファイルブラウザでローカルファイルを扱うように操作できます。例えば単にドラッグ&ドロップをした場合、ファイルは移動します。Macの場合、optionキーを押しながらドラッグ&ドロップをすると移動ではなくコピーになります。(Windowsの場合はctrlキー) 以下の動画をご覧いただくと分かりますが、移動の場合とコピーの場合(ctrlまたはoptionを押している場合)はマウスカーソルの形が異なり、移動なのかコピーなのかが分かります: 細かい変更になりますが、IDEがより直感的に、便利になったのではないでしょうか? Develop with pleasure! – JetBrains PhpStorm チーム 原文

Posted in IntelliJ IDEA, PhpStorm, PyCharm, WebStorm | Leave a comment