Category Archives: Space

Spaceの2020年ロードマップ

Space 2020へようこそ! ここでは今年の計画や優先事項をお伝えし、私たちの方向性が正しいことや、皆さんが最も期待し必要としている機能を届けられる計画になっているかどうかを確かめたいと思います。 Space 2020の公式リリースは今年の第3四半期または第4四半期を予定しています。 Spaceは現時点で早期アクセスプレビューで提供されていますが、その一般公開の目標は将来的な統合チーム環境としてのSpaceの背景にある概念、主な考え方、価値を提供することでした。 そのため、私たちはソフトウェア開発プロセスに完全対応するために必要不可欠ではあるものの、公開プレビューではまだ利用できない多くの機能を公開時に明らかにしました。 Space 2020リリースの主な優先事項 I. 自動化:CI/CD 私たちはソフトウェア開発プロセスの重要な要素の一つであると考えているCI/CDおよび汎用的な自動化向けの包括的ソリューションを製品の発売と共に発表しました。 しかし、私たちはこの機能をリリースできるようになるまでは保留することを決定しました。 Space 2020では、様々なデプロイ ターゲットに対応した包括的な継続的デリバリーソリューションを提供する予定はありません。 ただし、基本的なCIソリューション(パイプライン非対応)の提供を目指しています。 最初に提供を予定している機能 コンテナのサポート:「コンテナ化」可能なタスクがあれば、ほとんどの場合はそれを自動化して実行できるようになります。 コンテナの中ではあらゆるコマンド(デフォルトのコマンドを含む)、スクリプト、または任意のKotlinコードを実行できます。 Gradleの拡張サポート: Gradleのテストを報告し、専用コマンドを使ってGradleのビルド実行を単純化できます。 サービスコンテナ: データベースコンテナなどの追加コンテナをメインのコンテナと一緒に実行できます。 他のSpaceモジュールとの統合: Space APIを利用して自動化スクリプトから直接他のモジュールと連携できます。 例えば、ビルド失敗時にチャットにメッセージを送信できます。 Packagesとの統合: Maven成果物(artifacts)をPackagesのリポジトリに公開できます。 II. 作業:課題、チェックリスト、パーソナルToDoリスト Spaceのプロジェクト管理は、トップダウン計画・ボトムアップ分析・実行という3つの主な段階で構成されています。 私たちの目標はあらゆる段階で全機能のサポートを提供し、確実にそれぞれの段階を密接に統合させることです。 皆さんからのフィードバックから、Spaceのプロジェクト管理機能に高い需要があることが分かりました。 そのため、2020のリリースではプロジェクト機能を最重要項目の一つにしました。 チェックリスト チェックリストのコンセプトを修正し、作業を分解する手順に適用しやすくする予定です。 これにより、エピックやイテレーションとチェックリストとの連携が容易になります。 また、課題との統合にも取り組んでおり、チェックリスト項目を新しい課題に変換したり、その課題を既存の課題にリンクしたりするオプションを追加しています。 … Continue reading

Posted in Space, お知らせ | Leave a comment