WebStorm

WebStorm 2016.3 リリース: Flowサポート、TypeScriptサポート、React Native appsのデバッグ対応、 Stylelint(CSS)に対応など

2016年3回目のWebStormのアップデートです。新機能がたくさん詰まったWebStorm 2016.3を試してください。

Webだけではなく、モバイル制作においてもスムースな作業ができるよう、過去4ヶ月、JetBrainsはES、TypeScript、Flowに対するサポートを改善し、より多くの機能をIDEに追加させるために努めました。

WebStorm 2016.3の新機能について詳しくはこちらのページをご確認いただくか、以下のビデオをご覧ください。

この中から、注目するべき機能はこちら

  • Flowに対応: エディタ内で型エラーを指摘、Flowベースのコード補完
  • React Nativeに対応: コード補完、WebStorm上でアプリの実行とデバッグ
  • TypeScriptの対応改善: TypeScriptの言語機能を活用したより正確なコード補完や解析; 継承関係を考慮したスマートなリネームリファクタリング
  • ES6へ移行するためのインスペクションやクイックフィックス、Convert to class(クラスへ変換)インテンション

他に注目すべきアップデートは、Stylelintのサポート、PostCSSのプラグイン経由でのサポート、Protractorによる動作及びテストとデバッグ 、Node.jsアプリのDocker上での実行・デバッグ、ES6サポートの強化による分割代入(Destructuring assignment)の対応、等。

 

 

40off2x2015年11月よりも前にお買い上げのWebStormライセンスをお持ちの方は新しいサブスクリプションモデルへ40%オフで移行していただけます。このキャンペーンは年内に限り有効ですのでお早めにどうぞ!

JetBrains WebStorm チーム

[原文]

Discover more

WebStorm 2019.3:起動の高速化、より高度なVue.jsのサポート、よりスマートなJavaScriptのコード補完など

WebStorm 2019.3がリリースされました! WebStorm 2019.3では起動の高速化、Vue.jsサポートの大幅な強化、JavaScriptコード補完のより高度なスマート化、長く未解決であった多数のバグの修正を行いました。 WebStorm 2019.3をダウンロード このブログ記事では新機能ページに記載しきれなかった内容のほか、新機能と重要な改善点を詳しく紹介します。 新機能と改善点は、以下のカテゴリに分類されます。 パフォーマンス:起動を高速化し、ソースマップを使ってデバッグする際のメモリの使用方法を改善しました。 フレームワーク:より高度なVue.jsのコード補完、Vue.jsプロジェクトのクイックドキュメントの提供、Reactコンポーネントのサポート改善、さらに、Angularのサポートを強化しました。 JavaScriptとTypeScript:テンプレート言語のインジェクション、新しいシンボルの名前の提案を実装し、TypeScript 3.7の各種機能をサポートしました。 HTMLとスタイルシート:CDN上のCSSライブラリの補完、CSSの引用符スタイルを変更するオプションを実装し、Sassの@useルールと@forwardルールを初めてサポートしました。 IDEの改善:ツールと構成を実行するための単一のアクシ