RubyMine 2019.3リリース:RuboCopの重大度マッピング、Run Anythingの改善など

投稿日 投稿者 Elizaveta Semakova

RubyMine 2019.3

RubyMine 2019.3がリリースされました! このリリースでは、皆様からのご意見に基づいてRubyMineのパフォーマンスと品質の改善に取り組むと共に、いくつかの新機能も盛り込んでいます。 新バージョンである2019.3の詳細な概要については、新機能ページをご覧ください。ここでは、大きな変更点の一部を紹介します。

RuboCop

  • RuboCopとIDEのインスペクション重大度のマッピング設定
    RuboCopの重大度

Rails

  • Run AnythingによるRailsジェネレータとRakeタスクの実行
    Run Anything

コードスタイル

  • 最初のレシーバー、または先頭のドットでメソッドチェーンを位置合わせ
    メソッドチェーンの位置合わせ
  • Rubyファイルの著作権表示を追加
    著作権

HTTPクライアント

  • .httpファイルでの動的変数の使用
    動的変数
  • ファイル内の全リクエストを実行
    全リクエストを実行

これらの機能強化やJavaScript/CSS対応、Git、データベースツールにおけるRubyMineのその他の改善内容に関する詳細は、新機能ページをご覧ください。 すべての改善点についてはリリースノートをご覧ください。ご意見、フィードバック、問題がある場合はお気軽にお知らせください。

よろしくお願いいたします。
RubyMine チーム

[原文Original post in English is written by Andrey Aksenov