Releases

Hub 2020.1リリース:組織ベースのプロジェクトのグループ化に対応

他の言語でこのブログの記事を読むことができます:  

release2020_1_blog.001

HubはJetBrainsのチーム向け製品(CI/CDサーバー:TeamCity、課題管理システム:YouTrack、コードレビュー:Upsource)を統合するための無料の管理ツールです。

Dashboard_ja-jp

Hub 2020.1では組織によるプロジェクトのグループ化、Hubのユーザーインターフェースから直接コミュニティ翻訳を提案できる機能、Swaggerのサポートを導入しています。

詳細については、このページを読み進めてください。

組織(Organizations)

組織(というHub上の概念)は管理者にプロジェクトをグループ化する便利な方法を提供します。 組織は実際のチーム構造に従ったり、ビジネスプロセスの一部に対応したり、独自のグループ化方法で動作したりできます。 組織を使えば、複雑なチームでもプロジェクトを簡単に検索して管理できます。

プロジェクト

組織によるプロジェクトのグループ化のサポートは、独自の開発環境や複雑かつ固有の要件を持つさまざまな事業構造により適した Hub を作るという私たちの取り組みの第一歩です。 今年後半には、組織に加えてユーザーグルーピングや権限管理のオプションを提供する予定です。

コンテキスト内翻訳

Hubのユーザーインターフェースは、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、ロシア語、スペイン語にローカライズされています。 また、Hubユーザーコミュニティによってサポートされている言語(簡体字中国語、チェコ語、ヘブライ語、ハンガリー語、イタリア語、韓国語、ポーランド語、ポルトガル語)に切り替えることもできます。

コミュニティ

私たちはコミュニティがHubでサポートされている言語の翻訳をさらに簡単に提案出来るように、改善を図っています。 コンテキスト内翻訳モードに切り替えるとすべての未翻訳UI要素がハイライト表示され、アプリケーションを離れることなくそれらの翻訳を提案できるようになります。 提案された翻訳はJetBrainsによって承認されたあと、その言語でHubを使用する全ユーザーに表示されます。

翻訳

翻訳プロセスはリアルタイムに確認できます。 プレースホルダーを含むアプリケーションの動的な要素や文字列もこの方法で翻訳されます。

この機能はいったん有効化すると、YouTrackサーバーの全ユーザーが利用できるようになります。 このオプションでチームメンバーを困惑させたくない場合は、無料プランで翻訳を目的とする専用のYouTrackサーバーを個別に立てることを検討してください。

Swagger

Hub 2020には組み込みのSwagger Open API 3.0定義ファイルが収録されています。 これを使えば、Hub REST APIを簡単に調査および使用して、アプリケーションをHubと統合できます。 お使いのランタイムと互換性のあるコードジェネレータツールを探すには、GitHubのページをご覧ください。

このリリースに関する詳しい情報は、リリースノートをご覧ください。 これらの機能の設定に関する詳細については、ドキュメントを参照してください。

お試しのうえ、以下のコメント欄にご意見をお寄せください!

今すぐダウンロード

ご質問がございましたら、サポートチームまでお問い合わせください

[原文Original post in English is written by Elena Pishkova

 

Discover more

IntelliJ IDEA 2020.1:Java 14対応、デバッガ内データフロー解析、LightEditモードなど

IntelliJ IDEA 2020.1 がリリースされました。 この新バージョンでは Java 14 の対応と各種 Web フレームワークやテストフレームワーク向けの新機能が追加されています。 また、データフロー解析のサポートによるデバッガの強化、新しい LightEdit モードの追加、JDK のダウンロードと構成機能の追加など、さまざまな機能強化が行われています。 この最新リリースで実装されたすべての新機能を詳しく知るには、当社 Web サイトの「IntelliJ IDEA 2020.1の新機能」ページをご覧ください。 当該ページにはほぼすべての新機能と機能強化のほか、重要な修正や軽微な修正の概要が掲載されており、目次を使って簡単に移動できるようになっています。 また、更新内容を簡単に確認したい方のために、ぜひ知っていただきたいバージョン 2020.1 の主な変更点を以下に掲載します。 Java IntelliJ IDEA 2020.1 は Java 14 とその新機能に対応しています。 この中には、Records のコードインサイトへの完全対応のほか、instanceof 演算子のパターンマッチングへの対応が含まれています。 プロジェクトを作成・構成する際や必要な Java のバージョンが無い既存プロジェクトを開く際に I