Kotlin 1.7.0 リリース

Kotlin 1.7.0 がリリースされています。 新しい Kotlin/JVM K2 コンパイラーの Alpha バージョン、安定化した言語機能、および JVM、JS、Native プラットフォームのパフォーマンス改善が含まれています。

Read article

Latest posts

Kotlin 1.7.0-Beta リリース

1.7.0 の初回プレビューがリリースされました。 Kotlin 1.7.0-Beta をご紹介します! このプレビューには、以下のような注目の機能が含まれています。 ビルダー推論への変更。 min() および max() 集合関数の再導入。 絶対的非 nullable 型の安定化。 新しい Kotlin/Native メモリマネージャーの更新。 1.7.0-Beta をインストールし、これらの機能をお試しください。お気づきの点がございましたら、課題を報告して Kotlin 1.7.0 の改善にご協力ください。 その他の刺激的な機能については、今後の記事でご紹介いたします。 ご期待ください!  Kotlin 1.7.0-Beta のインストール 1.7.0 から周期の用語を変更し、「マイルストーン」を「Beta」に改名しました。 この決定には、以下のようないくつかの根拠があります。 Kotlin のビルド用語をソフトウェアリリースサイクルの標準的な用語に合わせようとしています。 より正確には、「Beta」は特定のバージョンに対する新機能の追加を完了し、安定化に取り組んでいることを意味します。 ユーザーからのフィードバックに基づく変更など、最終的な変更が実装されます。 以前は M リリースコンパイラーが「プレリリース」コードを生成していたため、これらのバージョンのテス

kotlinx serialization 1.2.0

kotlinx.serialization 1.2 のリリース: JSON 高速処理、値クラスのサポート、ドキュメントの見直しなど

先日、kotlinx.serialization 1.2 がリリースされました! 当社のマルチプラットフォーム向けシリアル化ライブラリの最新バージョンにはいくつかの改善点が盛り込まれています。以下、その概要を紹介します。 JSON のシリアル化がこれまでで最速に。 バージョン 1.2 では、JSON を型安全な Kotlin オブジェクトに解釈し、Kotlin オブジェクトをテキストとして表示する処理を過去のバージョンよりも最大で 2 倍も速く処理できるようになりました。 Kotlin 1.5 で追加された型システムのサポート。 Kotlin の他のクラス同様に、値クラス(value class)・符号なしの数値を JSON に変換し、また元に戻すということができるようになりました。 新しくなった API ドキュメント を使用すれば、kotlinx.serialization が提供するすべての機能を簡単に見つけられます。 バージョン 1.2 には、JSON フィールドの代替名に対するサポートが新しく盛り込まれているほか、それにより、Kotlin クラスから自動的に Protobuf スキーマを生成する新しい実験的なアプローチも提供されています。この機能については、ぜひご意見をお聞かせください! それでは、今回の新バージョンに関する変更点や追加機能を一緒に見ていき