Monthly Archives: September 2013

IntelliJ IDEA 13 EAP 132.425 リリース

数日前になりますがIntelliJ IDEA 132.425をリリースしました。IntelliJ IDEA 13に向けての最新ビルドになります。このビルドではいつも通りたくさんの新機能の追加や改善が施されています。 新しい機能の一つに新しいタイプのプロジェクトルート – Resources があります。このディレクトリ内のファイルはコンパイルを実行せずに自動的にターゲットディレクトリにコピーされます。Mavenのプロジェクトであればresourceディレクトリが自動的にこのタイプとして認識されます。 他にはデータベースツールの改善があり、テーブルエディタでデータをフィルタすることができるようになりました。 変更内容の一覧はリリースノートでご覧いただけます。 ご意見など、(英語ですが)お気軽に掲示板へ寄せて頂ければ幸いです。またバグについてはYouTrackへお願いいたします。また、今回からフィードバックはIDE内から(Help → Submit Feedback)行えるようになりました。 Develop with Pleasure!

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

WebStorm 7.0リリース – 全てのWebデザイナ、エンジニアが必要な機能が妥協なしに!

WebStormチームより最新バージョンWebStorm 7.0をお届けしいます!素晴らしいWeb IDEをお届けするためにがんばりました。気に入っていただければ幸いです。 数多くの新機能が含まれますが、中でも注目すべき7つの機能を挙げます: EJS Web Components Mustache、Handlebars テンプレート EJS, Web Components、Mustache、Handlebarsテンプレートサポートによりより完成された開発体験をお届けします Stylus — 初期段階ではありますがStylus stylesheet languageをサポートし、補完、フォーマットやシンタックスハイライト、CSSへ自動コンパイルができます Karma、istanbul — Karma ランナー連携とistanbulコードカバレッジエンジンによりシンプルでパワフルなJavaScriptテストが可能に npm — node package managerの統合でモジュールの検索、インストールやアップデートがより手軽に Terminal — IDE内にターミナルを内蔵 他のアップデートとしては: JavaScriptデバッガとElements Tabの変数ビューの改善 最新のTypeScript 0.9のサポート CSSオーサリングフレームワークであるCompassのサポート RESTクライアントの新機能 GitHubプルリクエストなど 詳しくはWhat’s new in WebStorm … Continue reading

Posted in WebStorm | Leave a comment

PhpStorm 7 EAP ビルド 131.205

PhpStorm 7 EAP 131.205をリリースしました PhpStorm固有の機能としてこのリリースでは以下の機能が含まれます: Drupalサポートの改善: フック実行パラメータの補完、フック実装からの*.api.phpへのナビゲーションヒント PHPDoc内で@returnの型付き配列の自動生成 新しいインスペクション Phingの “Before launch” タスク: Phingプロジェクト名をビルドファイル名の隣に追加 新しいプロジェクトを既存のファイルから作る際、リモートサーバのリストがソートされるように 他に沢山のバグ修正や改善… さらにこのビルドではWebStormやIntelliJ IDEAプラットフォーム由来の沢山の新機能を含んでいます。 最新版PhpStorm 7 EAP build 131.205をダウンロードし、是非バグ報告や機能リクエストYouTrackへ寄せていただければ幸いです。 Develop with pleasure! -JetBrains PhpStorm チーム

Posted in PhpStorm | Leave a comment

TeamCity 8.0.4 リリース

TeamCityの最新バージョン8.0.4 (build 27616)をリリースしました。80もの修正がほどこされています!中でも重要なのはパフォーマンスの向上で、エージェントサイドでTFS 2012からチェックアウトする速度が向上しています。 TeamCityをお使いの全ての皆様にアップグレードをお勧めいたします。 またコマンドラインリモートランツールについてもいくつか改善が施されています。コマンドラインツールをお使いの方は8.0.xと互換性のある最新バージョンをご利用ください。 TeamCity 8.0.4の修正内容について詳しくはリリースノートをご覧ください。 TeamCityの最新版はこちらからダウンロードしていただけます! Happy building!

Posted in TeamCity | Tagged | Leave a comment

ReSharper 8.0.2 リリース

ReSharper 8の最新アップデート版をリリースしました。 今回の修正範囲はごく限られたもので、既にReSharper8.0.1をお使いのユーザーはアップデートをスキップしていただいて結構です。 最新版ReSharper 8.0.2はこちらからダウンロードしていただけます。ReSharper7.0をアップグレードサブスクリプション付きで2012年7月末ごろにお買い上げお客様はReSharper8.xへのアップグレード権がありますが、ReSharper8.0.1が使えないという問題がありました。ReSharper8.0.2ではこの問題を解決しております。 このライセンス管理の問題とは別に2つ(RSRP-369336、RSRP-383894)だけ修正が施されています。

Posted in ReSharper | Leave a comment

Pythonコミュニティに無償のPython IDE、PyCharm 3.0をお届けします!

PyCharm 3.0をリリースしました!JetBrainsの提供するPython IDEの最新バージョンです。主な新機能は以下の通りです: SQLAlchemy サポート Pyramid & Web2Py web フレームワークサポート 内蔵ターミナル 設定可能な language injections Python、Djangoコード解析の改善 PyQt、PyGTKコード解析の改善 しかし何より一番大きなニュースは: PyCharmは二つのエディション、コミュニティとプロフェッショナルをリリースしました。 そう、つまりオープンソースかつ無償のPyCharmの登場です! JetBrainsはPythonが長い間科学計算や教育、公共福祉目的で人気のある言語だと認識しています。これらはJetBrainsが伝統的に支持してきたユーザーカテゴリになります。PyCharmの主要機能をより多くの方に使って頂けるようオープンにすることは我々にとって自然なことです。 PyCharmのスマートな言語機能は生産的でエラーフリーな開発を実現できますので、Pythonをカジュアルに使いたいプログラマにとってコミュニティエディションは魅力的な選択肢になることでしょう。 PyCharm コミュニティエディションは完全に無料でオープンソース(Apache 2.0ライセンス)です。機能的には純粋なPythonのコーディング、コード補完、リアルタイムのコード解析、リファクタリング、ローカルデバッガ、テストランナー、virtualenv、VCS連携などに限られます。 PyCharm プロフェッショナルエディションはコミュニティエディションの全ての機能に加え、Python とWeb開発のフルセットIDEといえます。プロフェッショナルエディションは広範にわたる最新技術、Django、Flask、GAE、SQLAlchemy、Pyramid、web2pyやその他のフレームワークやツールキットをサポートします。またバージョン3.0からこれらのフレームワークに特化したスマートなコード解析やローカルターミナルを備えています。 新機能の一覧はこちらでご覧頂けます。是非ダウンロードしてお楽しみください。 コミュニティエディションとプロフェッショナルエディションの違いについて詳しくはエディションの比較ページ(英語)をご覧ください。 PyCharm 3.0 プロフェッショナルエディションは2012年9月以降にお買い上げ頂いた方は無料でアップグレードできます。またいつも通り30日の試用が出来ます。 Develop with pleasure! JetBrains PyCharm チーム

Posted in PyCharm | Leave a comment

WebStorm 7の大幅に改善されたJavaScriptデバッガ

新しいWebStorm 7のデバッガは新たにデザインされ、Google ChromeのWebKit Remote Debugging ProtocolとV8 Debugger Protocolをサポートしました。 基本的にはデバッガのバックエンドが書き直されただけですが、WebStorm 7ユーザーはきっとパフォーマンスの向上や、便利な機能に気づくことでしょう。主な新機能は以下のビデオで、またこのエントリの後半でご確認いただけます。 更新内容を掘り下げる前に、JavaScriptのデバッグ方法についておさらいしましょう: コンテクストメニューよりDebug fileをクリック。Run/Debug設定が自動的に作成され、ブラウザで開かれます または メインツールバーですでに自分で作成した、または作られているRun/Debug設定を選択してDebugをクリック WebStorm 7のアップデートと改善 Live Edit Live Edit はHTML や CSS ファイルの更新内容を即座にブラウザで確認できる機能です。ファイルを保存したりブラウザをリロードしたりする必要はありません(こちらのdemoをご覧ください)。現在のところLive EditoはGoogle Chromeのみサポートしています。ChromeのエクステンションであるJetBrains IDE Supportをインストールする必要があります。 WebStorm 7ではLive Editの動作をより安定化させました。HTMLファイルのみならず動作中のアプリケーションでもお楽しみいただけます。 Elementsタブ 新しいElements タブ がデバッガに追加されました。DOMや、JavaScriptによって新たに追加されたDOMエレメントなどを確認することができます。 Elementsタブより即座にオリジナルのファイルや定義箇所へジャンプすることもできます。Cmd(WindowsではCtrl)をお品がrファイル名やクラス名をクリックしてください。 Variables view Variablesはデバッグウィンドウ内でより見やすくなりました。 … Continue reading

Posted in WebStorm | Leave a comment

IntelliJ IDEA 13 EAP 132.235 とRetinaディスプレイサポート

良いお知らせがあります。最新のIntelliJ IDEA 13 EAPビルドはJava7とRetinaの組み合わせににほぼ互換性があります。つまりApple JDK 1.6からOracle JDKへ安全に移行することができます。最新のJDK 7 (1.7.0_40)はRetina向けのたくさんの修正が行われており、フォントレンダリングやAWT周りなどが改善されています。MacでOracle JDK 7にスイッチするにはまず最新のJDKをインストールし、/Applications/IntelliJ IDEA XXX.app/Contents/Info.plist を編集して、JVMVersionを1.6*から1.7*にしてください。

他のプラットフォームでIntelliJ IDEAをJRE/JDK 7で動作させる方法についてはこちら(英語)に記載されています。なおWindows版のIntelliJ IDEAはすでにJRE 1.7.0_40を同梱しています。 是非最新のEAP 132.235をお楽しみください!

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

AppCode 2.5 EAP: ビルド #131.144リリース – Xcode 5 GMと64ビットiOSサポート

本日新しいAppCode Early Access ビルドをリリースしました。Xcode 5 GMと64ビットのiOSシミュレータをサポートしています。 気になる点などございましたら是非掲示板やYouTrackへ声を寄せてください。 Xcode 5との連携についてはいくつか既知の問題があります: コンパイルリポートで‘Failed to register MobileDevices.bundle’エラーが表示される問題。これは無害なので無視して頂いてかまいません 運良く64ビットデバイスを手に入れた方:64ビットアプリケーションの64ビットデバイス上でのデバッグはうまくできない可能性があります シミュレータ上でのユニットテストのスタンドアロン実行は‘Run’モードでハングすることがあります。launchd_simプロセスツリーをkillするか、‘Debug’モードを使うことで回避できます これらの問題はできる限り早く修正できるよう対応中です。 他に特筆すべき点としてはデバッガにおける‘Set Value’機能の改善、CocoaPodsサポートのマイナーな問題の修正、より強化されたC++言語サポートがあります。さらにtypedとparameterized Google Testsをサポートしました。 修正内容はこちらで一覧できます。 こちらからダウンロードし、是非感想をお聞かせください! Develop with pleasure! The AppCode チーム

Posted in AppCode | Leave a comment

WebStorm 7.0 リリース候補版

WebStorm7ベータ版以来、最終的な調整、修正を行ってきまし(WebStorm 7 Beta以降の変更内容についてはリリースノートをご覧ください)。メジャーリリースの一歩手前でWebStorm 7.0 リリース候補版をだしました。 各OS用のWebStorm 7 RCはこちらよりダウンロードしていただけます。このバージョンはアクティブなWebStormのライセンスをお持ちの方に限り30日間お試しいただけます。 気になる点などございましたらいつも通りYouTrackへの報告をお待ちしております。またEarly Access Programにご参加いただいた皆様に感謝を申し上げます。

Posted in WebStorm | Leave a comment