PyCharm 3.0 EAP build 131.91 リリース

PyCharm 3.0のリリースが近づいています。ロードマップに挙げられている機能は着実に実装が進んでおり、EAPビルドに反映されています。今回のEAPビルドの主要機能は以下の通りです:

  • Python console内の変数ビュー(Variables view)
  • PEP8命名規則違反の検出とハイライト
  • PyQtとPyGTK対応の強化
  • Subversion 1.8対応(まだベータ、初期段階のクオリティ)
  • カスタムスケルトン(サードパーティーライブラリの型定義)はPyCharmにパッチをあてることなく使えるように。既存のスケルトンはGitHubリポジトリへ移動しました

このビルドはEAP pageよりダウンロードしていただけます。詳しい変更内容はリリースノートをご覧ください。またいつも通りYouTrackへのフィードバックは大歓迎です。

This entry was posted in PyCharm. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *