Monthly Archives: December 2013

JetBrainsのC++ IDE – 今後の計画やプライベートプレビュー版について

今年の4月1日にエイプリルフールのジョークとして4つのネタをアナウンスしました。 GoogleGlassのアプリケーションJetGlass 利用していないソースコードをJetBrainsに送ると再利用して環境保護を支援するGreen Codingプロジェクト C++ のIDE JetBrainsが開発するRSSリーダー その内一つ実際に取り組んでいると翌日にアナウンスしたのがクロスプラットフォームのC++ IDEです。機能一覧をすでに挙げておりますが、中でも多くの問い合わせを頂いているのがいつリリースされるのかということです。 現在のところ正式版やアーリーアクセス版のリリース日は確定していません。しかしプライベートプレビュービルドを提供し、フィードバックやコメントを頂いてIDEをブラッシュアップしていきたいと考えております。 お試しになりたい方は是非フォーム(英語)を記入して頂き、どのようなプロジェクトに関わっているのかお知らせください。頂いた情報よりプレビュービルドをお試し頂くのに最適なプロジェクトをピックアップしたいと思います。 今後の情報をお楽しみに!   AppCode チームより

Posted in AppCode | Leave a comment

AppCodeのUIデザイナプレビュー版をリリース!

AppCodeをお使いのObjective-Cデベロッパにうれしいお知らせです。実はユーザーから最も要望の高い機能、UIデザイナを開発中です。 手始めに初期段階のプレビュー版をリリースします。現在のところプラグインとしてインストールする形になります。まだまだ開発は進行中で制限があります。たとえばiOSプラットフォーム向けの.xibフォーマットはXcode3〜Xcode4.6までのもののみサポートしています。Xcode5以降のiOS/OS Xプラットフォーム向け.xibフォーマットと.storyboardのサポートについては現在開発進行中です。 現在このプラグインでできることは以下の通りです: キャンバスまたはコンポーネントツリーへワンクリックで新しいコンポーネントを追加する キャンバスまたはコンポーネントツリー内で移動、削除、コピーとペースト 複数のコンポーネントを一括編集できる強力なプロパティエディタ コンポーネントツリーでコンポーネントの階層を表示 iOS SDKでサポートしているすべてのコンポーネントをサポートするコンポーネントパレット コンポーネント間のコネクションの新規作成、編集、削除 Objective-Cクラス内にコンポーネントのアウトレットやアクションを作成 自動レイアウトサポート AppCode UIデザイナの概要は以下のビデオでもごらん頂けます: インストール方法: AppCodeを2.5.3にアップデート [Preferences | Plugins]より[Browse repositories…]ボタンをクリック、[Manage repositories…]ボタンを使い以下のカスタムプラグインリポジトリを追加: http://www.jetbrains.com/updates/appcode-updates.xml [AppCode UI Designer plugin]を選択し、[Download and Install]ボタンを押す AppCodeを再起動 あとは楽しむだけ! このプラグインはまだまだ開発中です。是非お試しの上掲示板やYouTrackへフィードバックをお願いいたします。 AppCode チームより

Posted in AppCode | Leave a comment

IntelliJ IDEA パーソナルライセンスの変更

新しいIntelliJ IDEA 13より、パーソナルライセンスの形態が変わりました。2013年10月30日より、伝統的な「メジャーバージョン毎」のライセンスから1年間のアップグレードサブスクリプションモデルへとスイッチしました。JetBrainsの他の多くの製品(PhpStorm、PyCharm、RubyMine、PhpStorm、AppCode、ReSharper)と同様、新規に製品を購入した場合とお手持ちのライセンスを更新した場合はメジャーアップグレードを含む1年間の無償アップグレード権が付くようになります。 重要なのは1年間のサブスクリプション期間が過ぎてもライセンスは切れないことです。つまりサブスクリプション期間後も続けて製品を使い続けることが可能です。しかし最新版を使い続けるにはサブスクリプションを更新する必要があります。またサブスクリプションを更新した場合、サブスクリプションの期日は更新した日から1年ではなくお手持ちのサブスクリプション期日から1年間更新される形になります(つまり更新期限切れギリギリまで待つ必要はありません)。サブスクリプション期日後にライセンスを更新することもできますが「期日後更新」という扱いになり値段が高くなります。 コマーシャルライセンスはこれまで通りアップグレードサブスクリプション付き・なしどちらでもご購入いただけます。パーソナルライセンスは価格据え置きのままサブスクリプションがデフォルトで付きます。 パーソナルライセンスのお客様は今後、購入してほんの数ヶ月で新バージョンにアップグレードするためにライセンスを更新するといったことは必要なくなります(つまりメジャーアップデート前に買い控えをする必要はありません)。 もう一つうれしいニュースはメジャーリリースとマイナーリリースという区別は今度徐々に無くなっていくことです。「メジャーリリースは12月」というモデルではなくなり、定期的に製品がアップデートされていくようになります。 ・IntelliJ IDEA — The Best Java and Polyglot IDE ・IntelliJ IDEA | サムライズム

Posted in IntelliJ IDEA | 8 Comments

先端のJava開発環境IntelliJ IDEA 13リリース!

人気のJava IDEの最新バージョンであるIntelliJ IDEA 13をリリースされました。こちらよりダウンロードしていただけます。 今年IntelliJ IDEAのチームはAndroid、Spring、Scala、Gradleといった先進的な技術を保有する企業と密接に協業してきました。結果、IntelliJ IDEAは最先端の技術を扱う上でJetBrainsが考え得る最高のIDEに(いつも通り)仕上がっています。 Java EE 7 IntelliJ IDEAはすべてのJavaデベロッパに最先端のテクノロジーに対応した最高のツールを最も早く提供することに注力しており、OracleのエンタープライズJavaプラットフォームの最新版であるJava EE 7に対応しています。CDI 1.1、JSF 2.2、JAX-RS 2.0、Batch Processingなどの最新仕様のコードアシスタンスを提供しているのはもちろんのこと、Glassfish 4、Wildfly 8、Tomcat 8といった最新のアプリケーションサーバにも対応しています。詳しくはビデオをごらんください。 Spring SpringのユーザーはIDEA 13で未だかつてない恩恵を受けられます。新しいSpringツールウィンドウではプロジェクトやBeanに関連したコードや設定ファイル間を簡単に行き来できます。またツールウィンドウからMVCコントローラのURLマッピングを確認することもできます。IntelliJ IDEA 13はSpring対応においてパフォーマンスを最適化しており、また設定も簡単になっています。 Android 今年のGoogle I/Oの中で大変な注目を浴びたのがAndroid Studioのプレビュー版です。Android StudioはIntelliJ IDEA Community EditionをベースにしたAndroidアプリケーションの新しい開発環境です。Androidデベロッパの強い支持も手伝ってIntelliJ IDEAプラットフォームのAndroid対応は凄まじく洗練されました。IntelliJ IDEA 13はAndroid Studioプロジェクトとのコラボレーションの成果が融合された最初のリリースになり、エディタやUIデザイナ、デバイスのSQLiteデータベースアクセスなどAndroidアプリケーションを開発する上で便利で手放せない様々な新機能を搭載しています。 Gradle IntelliJ … Continue reading

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

PyCharm 3.0.2リリース

PyCharm 3の二回目のアップデートリリースである3.0.2をリリースしました。 皆様にご利用いただき、また多くのフィードバックを頂きありがとうございます。修正内容は無料でオープンソースのPyCharm Community EditionとフレームワークサポートやHTML/JSサポートの充実しているPyCharm Professional Edition両方に反映されています。大きな修正内容は以下の通りです: – Windowsにおけるターミナルの不具合修正 – リモートインタプリタの修正 – Django 1.6のテストランナーの修正 – フォーマッタやVCS関連の修正など 詳しくはリリースノートをご参照ください。 PyCharm 3.0.2 はこちらよりダウンロードしていただけます。 いつも通り、何か問題がございましたらお気軽にYouTrackへご報告ください。日本語ではコミュニティベースではありますがメーリングリストやTwitterなどでも情報交換していただけます。 Develop with Pleasure! -PyCharm チーム

Posted in PyCharm | 1 Comment