Monthly Archives: June 2015

AppCode 3.2 EAPの新しいビルド: SwiftコードのOverride/Implementブロック生成など

AppCode 3.2の新しいEAPビルド (141.1689) をリリースしました。こちらよりダウンロードして頂けます。 SwiftコードのOverride/Implement 親クラスのメソッドのOverride/ImplementをCtrl+O/Ctrl+Iまたはコード生成メニュー(Cmd+N)より行えます。オーバーライド時はスーパークラスのメソッドを呼び出すなど、必要に応じてメソッドシグニチャだけでなくデフォルトのスタブコードも生成します。コードの重要な部分の実装に集中することができますので、是非お試しください! Xcode 7インストール時のデバイス認識問題 WWDC 2015でリリースされた、Xcode 7ベータで発生していたデバイス認識の問題が修正されました。 Objective-Cにおけるnullable/nonnull Objective-C最新バージョンのnonnull/nullableアノテーションをサポートします: カスタム JDK のアップデート EAP3.2の初期リリースより導入している、カスタムJDK1.8において生じていたパフォーマンス問題を修正しました。 改善・修正内容の一覧はこちらよりご確認頂けます。是非お試しの上フィードバックをいただければ幸いです。 Develop with pleasure, AppCode チームより 原文

Posted in AppCode | Leave a comment

IntelliJ IDEA 15 EAPリリース

JetBrainsは開発をより楽しいものとすべく、日々精力的に活動しております。アーリーアクセスプログラム(EAP)はその活動の1つで、より早い段階でフィードバックを頂くべく、最新機能をいち早くお届けしております。そして、IntelliJ IDEA 15 EAPをリリースしました! 15 EAPはこちらのページよりダウンロードしてください。数週間に一度は最新ビルドが公開されます。新ビルドの通知を受け取るにはSettings → Appearance & Behavior → System Settings → Updates → Automatically check updates forを“Early Access Program”に設定してください。フィードバックはYouTrackや掲示板にお寄せください。 IntelliJ IDEA 15の開発は始まったばかりですが、既に沢山の便利な機能が導入されています。 デバッガ: Lambda表記内でストップ 皆様が着々とJava8へ以降していく中、IDEのJava 8親和性もどんどん高めています。15 EAPではLambda表記内へstep intoしたり、カーソル位置まで実行したりできます: ブレークポイントを設定する箇所がLambda表記であれば、行内のどこに止めたいのかを尋ねてくれます。 コードフォーマッタ: クイックフィックスで設定を調整 コードスタイルをより簡単に設定できるよう、Adjust code style settingsというクイックフィックスを導入しました。このクイックフィックスはエディタ内でコードを選択すると使えるようになります。ポップアップ内で設定を選ぶと、適用結果をライブプレビューできます。膨大な設定を探し回るより素早くコードスタイルを修正できるはずです: バージョン管理: Diffビューワでコード編集 もう1つとても便利なのがDiffビューワの改善です。コミット前にDiffを確認している際、気になる箇所があればエディタへ戻る必要はありません。Diffビューワ内で鍵マークを押せばその場で編集を行えます: 編集はサイドバイサイド(デフォルト)でも、ワンサイドでも行えます。 バージョン管理: Mercurial Queues Mercurial … Continue reading

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment