Monthly Archives: August 2017

PyCharmとDjangoチームのパートナーシップを応援してください!

昨年(2016)6月、JetBrains PyCharmはDjangoの資金を大きく援助すべく、Django Software Foundationとパートナーシップを結びました。この試みは大成功し、共に50,000ドルもの資金をDjango Software Foundationにもたらすことができました! 今年もその成功を繰り返すべく、キャンペーンを行います。新規のパーソナル版PyCharm Professionalエディションを30%のディスカウント価格でご購入いただけます。またJetBrainsにおける売上はDjango Software Foundationの資金ならびにDjango Fellowshipプログラムに提供されます。 キャンペーンの詳細 2017年8月28日までの期間限定(9月4日までキャンペーンは延長となりました!)で、効果的にDjangoを支援することができあす。 1. 新規にPyCharmの年間サブスクリプションを直販でご購入する際、チェックアウトページの“Have a discount code?”をクリック 2. 次の30%ディスカウントプロモーションコードを入力: ISUPPORTDJANGO こちらのリンクをご利用いただくと自動的にプロモーションコードが入ります。 3. 必要な項目を埋めてご購入 パートナーである株式会社サムライズム様よりご購入頂く際はプロモーションコードの入力は必要ありません。 JetBrainsは利益だけでなく全ての売り上げをDSF fundraising campaign 2017に寄贈します。 キャンペーンの詳細(英語) キャンペーンの詳細(日本語) “Djangoはワールドクラスのwebフレームワークへ成長いたしました。PyCharmのDjangoサポートでデベロッパに大きな生産性をもたらすことができます。” – DSF President Frank Wiles。“昨年JetBrainsはDSFに大きな寄与をもたらす素晴らしいパートナーでした。コミュニティにかわってお礼を申し上げます。このキャペーンを毎年恒例のものに出来ればと思います!” 質問などございましたらfundraising@djangoproject.comまたはsales@jetbrains.comへお問い合わせください。 [原文]

Posted in お知らせ | Leave a comment

JetBrainsのWeb UIコンポーネントをオープンソース化

Ring UIを発表します。Ring UIはオープンソースのWeb UIコンポーネントです! JetBrainsは何年にも渡ってRing UI ライブラリを開発してきており、複雑なUIコントロールを提供します。Ring UIは50を超えるReactコントロールからなり、シンプルなリンクやボタンに始まり、デートピッカーやデータリストといった洗練されたコントロールまで揃っています。 このライブラリはYouTrak、Hub、Upsourceをはじめとする製品でフル活用されています。そしてJetBrainsはこのライブラリを今後も引き続きメンテナンスしていくことにコミットします。 Ring UIライブラリを使う場面として一つあげられるのがHubのダッシュボードに組み込みカスタムウィジェットの開発です。Ring UIを使うことでお馴染みのJetBrainsのインターフェースに馴染みます。是非クイックスタートガイド(英語)をご覧になり、ライブラリの概要を把握していただければと思います。 皆様のフィードバックをお待ちしております。是非お試しの上、気になる点があればYouTrackにレポートしていただければ幸いです。 皆様がRing UIで何を作るのか、大変楽しみにしています! [原文]

Posted in お知らせ | Leave a comment

JetBrainsの.NET IDE、Rider正式リリース

クロスプラットフォーム.NET IDEであるRiderが正式リリースとなりました。本日よりRider 2017.1をダウンロード、購入して頂けます。All Products PackはRiderをカバーいたしますので、ご契約の皆様はすぐにご利用いただけます。 JetBrains Riderとは Riderをご存じでない方のために簡単にご紹介いたします。 Riderはクロスプラットフォーム.NET IDEです。WindowsはもちろんのことMacやLinuxでもお使い頂けます。RiderではASP.NET、.NET Core、.NET Framework、Xamarin、そしてUnityアプリケーションを開発できます。 RiderはJetBrainsのテクノジーをいくつか組み合わせて構成しています。ReSharperのパワフルな.NETサポートをIntelliJ IDEAのUIに載せ、WebStormのフロントエンド開発機能とDataGripのSQLとデータベース管理機能を追加プラグインのインストールなしに最初から備えています。 Riderは多岐にわたる言語をサポートしており、C#、VB.NET、F#、ASP.NETのRazorシンタックス、JavaScript, TypeScript、XAML、HTML、CSS、SCSS、LESS、JSON、そしてSQLをカバーします。 Riderは各サポート言語に渡って2000以上のライブコードインスペクション、500以上のリファクタリング、様々なコードベースナビゲーションヘルパー、ユニットテストランナー、デバッガー、リッチなコーディング支援をはじめとする先進的なIDE機能を備えています。 Riderのライセンスモデル 以前ブログでご紹介した通り、Riderは他のJetBrains IDEと同じライセンスモデルに基づきます。企業向けと個人向けに分かれており、月間または年間の支払いオプションがあります。継続してサブスクリプションをご契約いただくことで3年目以降は最大で40%オフとなります。 上記のスタンドアロンライセンスに加え、RiderはAll Productsパックでもカバーされておりますので、他のJetBrains IDEや.NETツールと共にご利用頂けます。またReSharper Ultimate + RiderパックもありますのでReShaperやdotTraceといった他のJetBrains .NETツールのサブスクリプションコストを抑えながらRiderを併せてご利用いただけます。 RiderはMicrosoft MVP、ASP.NET insider、学生、教師、そして非営利のオープンソースプロジェクト向けに無償提供も行われます。 価格や見積もりに関して詳しくはRiderの購入ページ(英語)やパートナー様のページ(日本語)をご覧ください。 Riderの今後 年内に少なくとも2回以上のリリースを計画しております。まずは避けられないバグフィクスリリースは数週間以内に、メジャーリリースとなる2017.2は秋になります。MSTestサポートや、.NET Core 2.0もSDKのリリース次第対応予定です。皆様のフィードバックを心よりお待ちしておりますので、何かご意見などございましたら是非サポートフォーム(英語)、YouTrack、Facebookコミュニティにお寄せくださいませ。 [原文]

Posted in Rider, お知らせ | Leave a comment