JetBrainsの.NET IDE、Rider正式リリース

クロスプラットフォーム.NET IDEであるRiderが正式リリースとなりました。本日よりRider 2017.1をダウンロード購入して頂けます。All Products PackはRiderをカバーいたしますので、ご契約の皆様はすぐにご利用いただけます。

JetBrains Rider 2017.1 is released

JetBrains Riderとは

Riderをご存じでない方のために簡単にご紹介いたします。

Riderはクロスプラットフォーム.NET IDEです。WindowsはもちろんのことMacやLinuxでもお使い頂けます。RiderではASP.NET、.NET Core、.NET Framework、Xamarin、そしてUnityアプリケーションを開発できます。

RiderはJetBrainsのテクノジーをいくつか組み合わせて構成しています。ReSharperのパワフルな.NETサポートをIntelliJ IDEAのUIに載せ、WebStormのフロントエンド開発機能とDataGripのSQLとデータベース管理機能を追加プラグインのインストールなしに最初から備えています。

Riderは多岐にわたる言語をサポートしており、C#、VB.NET、F#、ASP.NETのRazorシンタックス、JavaScript, TypeScript、XAML、HTML、CSS、SCSS、LESS、JSON、そしてSQLをカバーします。

Riderは各サポート言語に渡って2000以上のライブコードインスペクション、500以上のリファクタリング、様々なコードベースナビゲーションヘルパー、ユニットテストランナー、デバッガー、リッチなコーディング支援をはじめとする先進的なIDE機能を備えています。

Riderのライセンスモデル

以前ブログでご紹介した通り、Riderは他のJetBrains IDEと同じライセンスモデルに基づきます。企業向けと個人向けに分かれており、月間または年間の支払いオプションがあります。継続してサブスクリプションをご契約いただくことで3年目以降は最大で40%オフとなります。

上記のスタンドアロンライセンスに加え、RiderはAll Productsパックでもカバーされておりますので、他のJetBrains IDEや.NETツールと共にご利用頂けます。またReSharper Ultimate + RiderパックもありますのでReShaperやdotTraceといった他のJetBrains .NETツールのサブスクリプションコストを抑えながらRiderを併せてご利用いただけます。

RiderはMicrosoft MVP、ASP.NET insider、学生、教師、そして非営利のオープンソースプロジェクト向けに無償提供も行われます。

価格や見積もりに関して詳しくはRiderの購入ページ(英語)パートナー様のページ(日本語)をご覧ください。

Riderの今後

年内に少なくとも2回以上のリリースを計画しております。まずは避けられないバグフィクスリリースは数週間以内に、メジャーリリースとなる2017.2は秋になります。MSTestサポートや、.NET Core 2.0もSDKのリリース次第対応予定です。皆様のフィードバックを心よりお待ちしておりますので、何かご意見などございましたら是非サポートフォーム(英語)YouTrackFacebookコミュニティにお寄せくださいませ。

[原文]

This entry was posted in Rider, お知らせ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *