Monthly Archives: March 2018

PhpStorm 2018.1 リリース!

PhpStormの2018年初のメジャーアップデートであるPhpStorm 2018.1がリリースされました。 こちらから、またはJetBrains Toolbox Appからダウンロードできます。 ウェブサイトではこのリリースの詳細がすべて記載されておりますが、注目すべき新機能は次の通りです。 PHP 言語 ファンクション / メソッドのインライン化リファクタ コードをファンクショナルスタイルにリファクタ 設定可能なチェックされない例外 Goto Symbolナビゲーションの改善 クラスエイリアスの階層チェック テスト テストからクラスを作成 Codeception:コードカバレッジ @covers サポート強化 テスト実行のガターアイコン HTTP クライアント Assertions サポート デフォルトテンプレートによるクイックスタート 修正された全てのPHP関連の問題リストはIssue Tracker、以前のすべてのEAPビルドはリリースノートをご参照ください。 また、PhpStorm 2018.1はPrettierでリフォーマット、新規Vueプロジェクトの作成、TypeScript 2.7のサポート、React Nativeアプリのデバッグなど、Webテクノロジーのサポートを大幅に改善します。 IntelliJプラットフォームはこのリリースに、多くの新機能とバグフィックスを提供しました。 具体的には、Gitの部分コミット、新しいドキュメンテーションUI、Windowsの複数ディスプレイでのHiDPIサポートの強化、フォーカスシステムの刷新、特定のフォルダ内のターミナルを開く機能などです。 データベースツールでは、データエディタのSQLログ、Redshiftの外部スキーマ、Exasolのバーチャルスキーマ、スキーマの切り替え方法などを改善しました。 詳細については、PhpStorm 2018.1の新機能を参照し、PhpStorm 30日間無料体験版をダウンロードしてください。 PhpStormまたは All Productsのサブスクリプションが有効の場合、無料でPhpStorm … Continue reading

Posted in PhpStorm, お知らせ | Leave a comment

IntelliJ IDEA 2018.1: コード分析、デバッガ、Android Studio 3.0、部分Gitコミットなど

準備はよろしいですか? 当社の今年最初のメジャーアップデート、IntelliJ IDEA 2018.1 をお楽しみください! この新しいリリースでは、サポートされている言語、フレームワーク、バージョン管理ツール、デバッガ、コンパイラ、エディタを大幅に改善いたしました。今すぐダウンロードしてお試しください! 当社のウェブサイトでIntelliJ IDEA 2018.1の全新機能をご参照ください! このリリースにおける、ご待望の最も魅力的な機能は次の通りです: Java Stream APIチェーンのコード補完では、型キャストが認識され、既存の呼び出しフィルタ(String.class::isInstance)に従った補完項目と、自動的に型キャストされた補完項目がサジェストされます Postfix code completionでJava向けのカスタムテンプレートを定義可能 データフロー解析は、”greater than” (より大きい) および “less than” (より小さい) のような変数間の関係を追跡するようになりました。また IDE は、変数が比較される際に、可能性のある全コードパスで条件が常に true(またはfalse)である場合も検出します: もっと詳しく知る Java検査&クイックフィックス:無限のStream検出、無限ループのbreak条件をループ条件に変換など 選択されたスコープ内で問題を解決する方法がいくつかある場合、IntelliJ IDEAは、すべての提案されるクイックフィックスを、Inspection Results Tool Window の Fix partially でクイックフィックスタイプでグループ化します。 JUnit 5 @Tag アノテーションサポート テストクラスを生成する際、命名ルールを”Test*”とプレフィクスにカスタマイズする機能 JVMデバッガ デバッグ中に例外を発生させる機能 コンソールへのブレークポイントスタックトレースログ出力 … Continue reading

Posted in IntelliJ IDEA, お知らせ | Leave a comment

WebStorm 2018.1:Prettier、部分Gitコミット、新ドキュメンテーションUI

🎉 本日WebStorm 2018.1を発表いたします! 🎉 この大きなアップデートにより、WebStormはPrettierとの統合、JavaScript、TypeScript、CSSのサポートにおける大幅な改善など、多数実現いたしました。 新機能をチェックして、WebStorm 2018.1をダウンロードしてください。 WebStorm 2018.1の見逃せない新機能は次のとおりです: Alt-Shift-Cmd/Ctrl-P のショートカットを使用し、コードをPrettierでフォーマット。 ファイルから選択した部分のみをコミット、またはチェンジリストに追加。 JavaScript、TypeScript、およびその他の言語用の新しくてよりコンパクトかつ軽量なドキュメントポップアップ。 Vue CLIを使用してIDEのWelcome画面から新規Vueプロジェクトを作成し、Extract Vue Component リファクタリングを使用して新規コンポーネントを作成できます。 「Node.js and npm」設定で、プロジェクトで使用されるパッケージマネージャとしてYarnまたはnpmを設定できます。 Expoを使用するReact Nativeアプリのデバッグ、すでに端末上にビルドおよび起動しているアプリにアタッチしてデバッグ。 WebStorm 2018.1をダウンロード WebStorm Team [原文] Original text in English is written by Ekaterina Prigara

Posted in WebStorm | Leave a comment

#ScalaMatsuri 2018 に侍スポンサーとして参加いたします

JetBrainsは3月17日、18日に東京で開催のScalaMatsuri 2018に出展いたします。 IntelliJ IDEAを初めとするJetBrains製品を既にお使いの方も、これからお試しになりたい方もお気軽にお立ち寄りください。使い方で分からないことがあれば何でもご質問ください。またUpsourceを初めとするチームツールのデモをご覧いただくことも出来ます。 例年通りステッカーなどのノベルティも用意しております。 それではデベロッパの皆様とお会い出来るのを楽しみしております!

Posted in お知らせ | Leave a comment

WebStorm 2018.1 EAP、181.3870:Prettierでコードを再フォーマット、Gitの部分コミット | WebStormブログ

新しいWebStorm 2018.1 EAP(181.3870.1)がご利用いただけるようになりました! Toolbox Appでアップデートするか、こちら からビルドをダウンロードして、WebStormの安定版に加えてインストールすることができます。 WebStorm 2018.1 EAPをダウンロード 以前のWebStorm 2018.1 EAPビルドで追加されたすべての新機能に関する詳細は、これらのブログ記事(英語)をご参照ください。 Prettierでコードを再フォーマット Prettier はJavaScriptとTypeScript用のコード整形ツールです。WebStormでそれを外部ツールとして使用することは可能でしたが、それをよりシームレスに統合することに決めました。 現在、Prettierをプロジェクトの依存関係として、またはマシン上にグローバルにインストールしている場合、新しい Reformat with Prettier アクション (Alt-Shift-Cmd/Ctrl-P) を使用して、選択したコード、ファイル、ディレクトリ全体のフォーマットを行えます。 また、このアクションは、Find Action ポップアップ (Cmd/Ctrl-Shift-A)を使用して見つけることもできます。 WebStormでリファクタリング、コードスニペット、クイックフィックスまたは自動インポートを使用する場合、IDEはコード生成には独自のフォーマットを使用しています。この新しいコードがすぐに正しく表示され(右引用スタイル、インデントサイズなどを正しく使用)、Prettierですでに再フォーマットされたコードから目立たないようにするために、WebStormはPrettierのデフォルト、またはカスタム設定のキーコードスタイルルールをコードスタイル設定に適用します。 何らかの理由でWebStormがプロジェクトでPrettierを検出せず、 Reformat with Prettier アクションが無効になっている場合、 Preferences | Languages & Frameworks | PrettierでPrettierパッケージへのパスを指定してください。 ご注意いただきたいのですが、現在のところWebStormでPrettierを使用して再フォーマットできるのはJavaScriptとTypeScriptファイルのみです。今後Prettierがサポートする他のファイルタイプでも、このアクションをご利用いただけるようにする予定です。 ドキュメンテーションポップアップのマークダウン … Continue reading

Posted in お知らせ | Leave a comment

IntelliJ IDEA 2018.1 EAP リリース: Kotlin 1.2.30

新しいIntelliJ IDEA 2018.1 EAPをリリースしました! 多くの改善、バグフィクスに加えてKotlin pluginはversion 1.2.30へアップデートされています。 新しいプラグインはいくつかの新しいインテンションアクションを備えています。プロジェクトツールウインドウでコードの断片を直接貼り付けられるようになりました。IDEはクリップボードの内容で新しいKotlinファイルを作成します。 さらに、scoping functionの呼び出しのletとrunを相互にコンバートすることもできるようになりました。 またデータフローの解析がKotlinとJavaをミックスしたプロジェクトでも働くようになりました。 リネームリファクタリングで衝突が発生する可能性がある場合警告が出るようになりました。 その他詳しくはこちらのリリースノートをご覧ください。 ダウンロードしてお試し頂き、  フォーラムやTwitterへフィードバックを頂ければ幸いです。問題がございましたらYouTrackへレポートをお願いいたします。 Happy developing!

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

YouTrack 2018.1 がリリースされました !

YouTrack 2018.1をご歓迎ください! YouTrack 2018.1では条件付きカスタムフィールド、ユーザーごとの日本語ローカライゼーション、日付ベースのスイムレーン、および他の改善点を導入 新機能 条件付きカスタムフィールド ユーザーごとの日本語ローカライゼーション 日付ベースのスイムレーン カスタムウィジェット アクティビティストリーム マークダウンサポート Excel形式でのエクスポート ユーザー規約 拡張機能 ワークフローAPIアップデート インポートの改善 アジャイルボードでサブタスクをを無視するオプション 実験的な機能 再設計されたフルページ表示 マークダウンのチェックリスト 条件付きカスタムフィールド カスタムフィールドを、別のカスタムフィールドで特定の値が選択された場合にのみ表示されるように構成できるようになりました。これらの条件は、プロジェクトごとに設定できます。 この機能は、さまざまな条件が満たされたときにのみカスタムフィールドが表示されるように構成したいユーザー様にとって非常に便利です。課題のタイプだけでなく、列挙されたフィールドの選択に基づいて特定のフィールドを表示する条件も追加できます。 プロジェクト設定で、プロジェクトの条件付きフィールドを設定できます。 ユーザーごとの日本語ローカライゼーション 2018.1から、YouTrackでユーザーご希望の表示言語を選択できます。アプリケーション全体の一貫性を維持するために、検索クエリ、コマンド、およびカスタムフィールドで使用される言語はグローバルレベルで設定されています。ページヘッダー、メニュー、およびコントロールは、ご希望の言語で表示されます。 プロファイルでいつでも表示言語を変更できます。 日付ベースのスイムレーン スイムレーンをアジャイルボード上の期日フィールドでソートするオプションを追加しました。この機能は、今日、明日、今週、来週など、課題を把握するのに役立ちます。これを使用し、次にすべきことを追跡することで、もう期限を逃すことはございません! カスタムウィジェット カスタムウィジェット機能は、実験的段階からパブリックへと昇格しました。つまり、YouTrack 2018.1をインストールまたはYouTrack 2018.1にアップグレードすると、この機能が自動的に有効になります。 この機能を使用すると、カスタムウィジェットをアップロードし、ダッシュボードやプロジェクトページに追加することができます。カスタムウィジェットを使用して外部ソースからコンテンツを取得したり、接続されたサービスから一意にフォーマットされたデータを表示できます。 また、この機能をJetBrainsプラグインリポジトリと統合いたしました。 ここで、他のユーザー様が開発されたウィジェットにアクセスし、独自のウィジェットをアップロードしてウィジェットをコミュニティと共有することができます。ご自分のカスタムウィジェットを構築する方法を学び 、SlackでYouTrackコミュニティに参加し、カスタムウィジェットに関する知識を交換してください。 アクティビティストリーム 新しいフルページ表示の実験的リリースにより、アクティビティストリーム機能は実験的な段階からパブリックへと昇格しました。アジャイルボードで初めて導入されたのに続き、この機能は、VCSの変更、Upsourceからコードレビューを入手、ライブアップデートのサポートを含むようにアップグレードされました。 マークダウンサポート … Continue reading

Posted in YouTrack, お知らせ | Leave a comment