RubyMine 2018.3リリース:Struct&Railsスコープのコードインサイト、新しいI18n & リファクタリング機能など

RubyMineの今年最後のメジャーアップデート、RubyMine 2018.3(ビルド183.4284.145)がリリースされました。 What’s Newページ(英)ですべての新機能を確認できます(サムライズム様による翻訳はこちらです)。以下のビデオでは簡単なサマリーをご覧いただけます:


このリリースについて

この新バージョンでは:

  • Railsスコープ:コード補完とナビゲーション
  • Structをフルサポート
  • i18n翻訳を作成し、他のi18nの新機能も使用できます
  • IDEから直接GitHubプルリクエストをプレビューできます
  • パラメータ、インラインメソッド、変数をより安全に抽出できます
  • 新しいインテンションアクションで問題のあるコードを素早く修正できます
  • よりクリーンな Darcula カラースキーム
  • 新しい Search Everywhere ダイアログ

また、JavaScript、データベース・ツール、マークダウンのサポートが強化され、新しいテストガッターが導入されています。

参考になる記事

テスト、リファクタリング、および国際化機能の使用方法についての記事をいくつか作成し、アップデートしました:

プラットフォームの改善について:

前述のように、RubyMine 2018.3では新しいDarculaカラースキームを使えます。JetBrainsがどういう戦略でスキームをアップデートをしたのかを説明する記事を書きました。 この記事では、Darculaの前バージョンにロールバックする方法についても説明しています。

RubyMine 2018.3をダウンロード

RubyMine 2018.3の新機能の詳細については、What’s new ページ をご覧ください(サムライズム様による翻訳はこちらです)。

すべての改善点についてはリリースノートをご覧ください。ご意見、フィードバック、ご提案がある場合はお気軽にお知らせください

よろしくお願いいたします。
RubyMine チーム

[原文Original text in English is written by Artem Sarkisov

About Elizaveta Semakova

Regional Marketing Manager for Japan at JetBrains
This entry was posted in RubyMine, お知らせ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *