Rider 2018.3の新機能

このブログポストでは Rider 2018.3 の新機能と、コーディングをさらに簡単にするための改善点を紹介いたします。サムライズム様による新機能の翻訳はこちらになります。

Rider 2018.3 is released

2018.3の新機能と改善点:

  • Code Vision: コードエディタでコードに関する有用な情報を確認できる新しい方法を試してみてください。 Usagesversion control infoderived typesextension methodsexposing APIs を追加の操作なしで簡単に表示できます。

code-vision-blog

  • SSH経由のリモートデバッグ:リモートマシン上でアプリケーションをデバッグする必要がありますか? 問題ありません。 “Attach to Remote Process…” アクションを呼び出して、プロセスにアタッチできます。 .NET Full/Core および Mono デバッガがサポートされています。
  • Rename Project リファクタリング: 手動のプロジェクトの名前変更はもう不要です。 このリファクタリングを呼び出して、簡単にできます。
  • Assembly Explorer で複数のアセンブリを開くことができるようになりました。また、開いているすべてのアセンブリで移動、または探索することもできます。

assembly-explorer-blog

  • Zero-latency(ゼロ遅延)タイピング:コードの再フォーマットなどの時間のかかる作業を実行するスマートタイピングアシストでも、RiderのUIはブロックされず、エディタはスムーズのままです。
  • Launch Settings(起動設定) ASP.NET Core プロジェクトで launchSettings.json ファイルがサポートされるようになりました。
  • 設定の Search Everywhere(どこでも検索) ポップアップおよび Plugins(プラグイン) ページのデザインを一新しました。
  • 強化された C# and VB.NET サポートには、C#7 deconstructions サポートの改善、または VB.NET 15.3および15.5 の言語サポートが含まれています 。
  • 統合されたパフォーマンスプロファイラ。 現在、プロファイリング機能はWindowsでのみ利用可能です。

integrated-profiler

  • Type Hierarchy(型階層) ツールウィンドウ:Navigate | Type Hierarchy で型の継承階層を調べることができます。
  • Web開発 Angular サポートの改善、 JavaScript での自動インポートの改善、 Node.js ワーカースレッドのデバッグ、 TypeScript 3.1 機能のサポートなど。
  • VCSのサポート GitHubプルリクエスト をIDEで管理し、Gitサブモジュールを操作できます。
  • Android開発:WYSIWYGデザイナー、 AXML Android Manifest ファイルのコード補完、SDK / AVD マネージャなど、Android Studioの多くの組み込みツールと機能が利用可能になりました。
  • C#とVB.NETのインラインパラメータ名のヒントが導入されています。
  • アップデートされた NuGet サポートは新しい Find this type on nuget.org アクション、 Install missing .NET Core Adapter クイックフィックスおよびNuGetウィンドウでのより高速で正確な検索を提供。
  • 新しい言語インジェクション:現在、SQLと他のIntelliJ IDEA言語インジェクションはC#文字列リテラルをカバー。

sql-injection-blog

  • F#のサポートがアップデートされました。 新しい F#レクサーは、IntelliJ IDEAのフロントエンドとReSharperのバックエンドの両方で機能します。Renameリファクタリングはローカルシンボルに対して機能します。 また、Find Usagesには新しいグループ化タイプがあります。
  • アップデートされたデータベースサポートは、もう1つの NoSQL データベースのCassandra とSQLコード補完でのいくつかの改善を提供。
  • Unityのサポートをアップデート:新しいインスペクションはあなたのUnityコードのパフォーマンスを注意深く見守ります。 その他には、 scene / prefab / asset ファイルからメソッドとクラスの使用箇所の取得が可能になり、 Unity Explorer がLinuxで表示できるようになりました!
  • その他の機能:式エバリュエーターの内部に新しいエンジンを導入しました。実体宣言( entity declaration)で Ctrl +クリックを使うと、usagesを表示できます。 Move to Resource Inline ResourceMove ResourceRename Resourceリファクタリングが利用可能になりました。 ‘Build only this project without dependencies(依存関係のないこのプロジェクトのみを構築する)‘ ができるようになりました。 その他にもあります!

これらの新機能や機能強化の詳細については、What’s New in Rider 2018.3(英)をご覧ください。 このリリースでのバグフィックスのリストは、issue trackerページをご参照ください。「JetBrainsのクロスプラットフォーム対応.NET IDE「Rider」誕生までの歴史とそのアーキテクチャ」のブログポストもお勧めです!

Riderをダウンロード

フィードバックも大歓迎です!

[原文Original post in English is written by Alexander Kurakin

About Elizaveta Semakova

Regional Marketing Manager for Japan at JetBrains
This entry was posted in Rider, お知らせ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *