Category Archives: お知らせ

IntelliJ IDEA 16 EAP新ビルドのリリース – デバッガの改善とGitワークツリーのサポート

今週のIntelliJ IDEA 16 EAPリリースの時間がやって参りました。いつも通りバグフィクスと、新機能が含まれています。注目すべきはデバッガ、VCSインテグレーションとユーザーインターフェースの改善です。 デバッガ Javaアプリケーションをデバッグする際、Groovy表記をEvaluate ExpressionとWatchで使えるようになりました。 これまではGroovyコードをデバッグする際しか出来ませんでした。Groovy表記はシンプルで、(特にコレクションを操作する際の)表現力が高く便利です。 この機能を利用するにはGroovyランタイムをクラスパスに入れておく必要があります。 また、マルチスレッドアプリケーションのデバッグを行いやすくしました。これまでステップオーバー実行時、同じブレークポイントで止まっている他のスレッドは一緒にリジューム(再稼働)していました(Suspend policyをAllと設定している場合)。今リリースにより、この挙動をSettings→Build, Execution, Deployment→Debugger→SteppingのResume only the current thread(このスレッドのみリジューム)オプションにより変更出来るようになりました。 VCSインテグレーション Gitユーザーに嬉しいのが、IDEAがついにworktreesをサポートしたことです。この機能はGit 2.5で実装されたもので、単一リポジトリのクローンをシンプルにするものです。リポジトリーのクローンを丸ごと作るのではなく、軽量なワークツリーを作成する機能です。IDEAがワークツリーをサポートしたことで、これまでのリポジトリと同様に扱うことが出来るようになりました。 Git Logのルックアンドフィールは見栄えの良いツールバーとより薄いスプリッタで改善されました。またテーブルヘッダーは無くしました。 Show/Find usages もう一つインターフェースについて、Show usagesポップアップのスピードサーチを改善しました。マッチ箇所をハイライトすることで、ナビゲーションをしやすくしました。 またFind usagesツールウィンドウでの絞り込み時、ファイル名だけでなくツールウィンドウ内のテキスト全てをマッチ対象としました。 さらに、code cleanup インスペクション(英語)をRun Inspection by Nameより走らせた場合、ダイアログ内でクイックフィックスを適用出来るようになりました。 今回のリリースの主な新機能は以上です。是非お試し頂き、いつも通り掲示板へのフィードバックやYouTrackへのバグレポートをお待ちしております。 Develop with pleasure! 原文

Posted in お知らせ | Leave a comment

IntelliJ IDEA 16 EAP最新版リリース – エディタとGitインテグレーションの改善

毎週IntelliJ IDEA 16 EAPの新しいビルドをリリースしています。最新ビルドではいつも通り皆様より頂戴したバグの修正と共に、Gitインテグレーションとコードエディタの改善が施されています。 ステートメントの右/左への移動 コードステートメントをCtrl + Shift + Up/Down (Cmd + Shift + Up/Down for OS X.)というショートカットで上に下に移動することは以前から出来ました。コードの並びを直す際に便利ですが、時には右に左に移動したくなることがあります(例えばXMLエレメントの属性、メソッドパラメータ、配列初期化コードなどの順序を直す場合などです)。 最新ビルドではAlt + Ctrl + Shift + ←/→ (Mac OX X:Alt + Cmd + Shift + ←/→)とうショートカットで可能になりました。 VCSインテグレーション Gitブランチ操作に便利なアクションを二つ追加しました。Branches ポップアップより起動できます: Checkout with RebaseとRenameです。 Checkout with Rebaseアクションは手元の作業状況を同期させるのに必要なオペレーションCheckout→Rebaseをいっぺんに行うものです。 インタラクティブなrebaseをVCS → Git→ Rebaseより行う場合、IntelliJ … Continue reading

Posted in お知らせ | Leave a comment

IntelliJ IDEA 16 EAP新ビルド – staticインポートをより楽しく簡単に!

IntelliJ IDEA 16 EAPの最新ビルドをお試しください。多くの不具合の修正と共に、いくつかの改善も施されております。 細かいですが、便利な点としてstaticインポートのハンドリングの改善があります。 これまでもstaticメソッドのインポートを行うクイックフィックスを提供してきましたが、良く必要とされるメソッドについてはクイックフィックスを起動しなくてもインポート候補を挙げてくれるようになりました: staticの定数についても候補を挙げてくれます: 設定→Editor→General→Auto Import→”Add unambiguous imports on the fly”オプションを有効にしておけば、曖昧なstaticメンバーについても自動的にインポートしてくれます。 いつも通り、掲示板へのフィードバックやYouTrackへのバグレポートをお待ちしております。 Develop with Pleasure! 原文

Posted in お知らせ | Leave a comment

Project Rider – 新しい C# IDE #jetbrainsrider

本日、NDC Londonにて新しいプロジェクトを発表しました。IntelliJプラットフォームとReSharperのテクノロジーベースの新しいクロスプラットフォームC# IDEです。 コードネームProject Riderは、クイックフィックスやインスペクション、スマートナビゲーションなど、ReSharperやIntelliJベースIDEですでにおなじみの機能を搭載しています。ReSharperはVisual Studioの機能拡張ですが、Project Riderは完全なスタンドアロンIDEです。 まだごくごく初期段階にありますが、既に以下の機能を搭載しています: ナビゲーション – スマートナビゲーションはJetBrains IDEの重要機能で、Project Riderも例外ではありません。Go To Type、Go To File、IntelliJプラットフォームのSearch Everywhere(どこでも検索)によるgo to symbols、types、files、果ては検索ポップアップ内から設定やアクションの呼び出しまで行えます。 Navigate Toポップアップメニューももちろん搭載しています。基底クラスや派生クラスへのジャンプ、ツールウィンドウへの利用箇所の検索結果表示などが可能です。 編集 – タイピングアシスト、ブレースの挿入や自動フォーマット、ライブテンプレート(ReSharper 10のpostfix templatesも含む)、quick infoツールチップ、継承関係のナビゲーションを楽にするガターアイコン、コンテクトアクションなど、幅広い便利な編集機能を実装済みです。 インスペクション – ReSharperでサポートしているほとんどのインスペクションはエラー、警告、推奨、ヒントとしてエディタ内に表示されます。解決出来ないシンボルは赤く、コードの問題はアンダーラインで表示されるなど、おなじみの形式になっています。 Alt+Enter – JetBrains IDEで必要不可欠なのがAlt+Enterキーバインドのサポートです。ReSharperで利用可能なクイックフィックスやコンテクストアクションも利用できます。Project Riderはファイル全体へまとめてアクションを適用したり、インスペクションの重大度をメニューから変更することもできます。 リファクタリング – まだ数は限定されますが、リファクタリングも可能です。多くのリファクタリングアクションは何かしらのユーザーインターフェースが必要で、まだ実装されていないものも多くあります。現在Project Riderではシンボルのリネーム、変数の導入/インライン化、インスペクションでハイライトされているコードをAlt+Enterで修正することが出来ます。 … Continue reading

Posted in お知らせ | Leave a comment

IntelliJ IDEA 16 EAP リリース – 今後はより早いリリースサイクルに

そろそろクリスマスとなりますが、我々もプレゼントを準備しましたIntelliJ IDEA 16です! 今日から我々は一年に「平均」数回のリリースをおこなうサイクルに変更することにしました。これにはバグフィックスによるアップデートも含みます。 (これまでは一つのメジャーリリースとマイナーアップデートだけでした) さて、まずはIntelliJ IDEA 16 EAPを見てみましょう。 これはあなたを少し幸せにしてくれるグッズをもたらします。 IntelliJ IDEA 16では エディターで右から左に書いていく言語 (アラビア語, ヘブライ語)をサポートするようになります。 IntelliJ IDEAのプロジェクトモデルはGradleのものと整合するようになります。さらにカスタムソースセットのサポートや、 個々のソースセットの依存性を解決するようになります。この改良は多くのイシューを解決します。 また、IntelliJ IDEAはビルドスクリプトで定義されたEARアーティファクト解決し、プロジェクト構造からそれらを自動で設定するようになります。 Gradleタスクを走らせたときはビューモードをツリー表示からテキスト表示に切り替えられるようになります。 デバッグする際に、you will be provided with better name matching, スロットの値に任意の値を設定したり、値の評価をしたりできます。 デバッガーは現在のスレッドを他のスレッドがブロックしていることを検知し、そのスレッドの実行を促します。 Gitや他のVCSでマージする場合も文字ごとの比較、ハイライトにより簡単になります。 タグのチェックアウトまたはリビジョンのチェックアウトはプロジェクトに登録されたすべてのリポジトリーに対して適用できます。 GuavaのコードをJava 8 のコードにマイグレーションしたい人のために、幾つかのクイックフィックスを提供しました。 それによりFluentIterable、Function、Optional、PredicateといったクラスをJava 8のものに取り替えることができます。 Android … Continue reading

Posted in お知らせ | Leave a comment

The Drive To Develop

2000年、3人の友人で非効率的かつ頻繁に発生するタスクを楽にするツールを開発するため起業しました。それはRenamerと呼ばれるツールで、コード中の名前を変更するという単一の機能のみを持ちます。現在では一般的にリネームリファクタリングと呼ばれるプロセスです。 16年が経過し、チームは600人を超えましたが、そのツールはより多くの機能を備えるIntelliJ IDEAとして存在します。この間、JetBrainsはさらに19もの製品を生み出しました。コードを書いてメンテナンスするツールから、アプリケーションのデプロイメントやチームコラボレーションを手助けするツールまで広がっています。 この道のりは大変楽しいものでした。この旅路は新しいルックとドライブと共に続きます。 JetBrainsの新しいブランドをご紹介します なぜリブランド? 我々は急速に進化していくテクノロジーにに同調していくため、新しいモダンなルックと、我々を差別化する何か….いや、無意味なごたくはやめましょう! リブランドは大変手間がかかり、労力が必要です。そして、重要なのは感情的なインパクトがあることです。JetBrainsのような会社はスタッフの入れ替わりが大変少なく、2000年にいたスタッフのほとんどが現在も従事しています。その中でリブランドを行うことは簡単ではありません。それは特定のロゴや製品でJetBrainsを認識しているあなた、我々のお客様にとっても同じことです。 我々がリブランドをするからにはもちろん必然的かつ前向きな理由があります。大きく分けて、以下に挙げる2つがあります: JetBrainsは製品名ではなく、IntelliJは会社名ではない JetBrainsはとてもフラットな企業で、各チームは自律的に動いています。我々は、スタッフに自由を与えることでベストなものを生み出すことが出来ると信じています。しかしながら、この自由はロゴやデザインの統一性を乱し、結果的に我々のブランディングに影響を与えることがあります。 IntelliJ IDEAをご存じの方々、ReSharperをご存じの方々、TeamCityをご存じの方々がたくさんいらっしゃる中、これらの製品群が同じ会社からリリースされていることを知る由もありません。そしてJetBrainsが提供する他の製品を知る機会も限られてしまっています。 デベロッパは多数のプログラミング言語を使いこなす方向に向かっており、我々の製品やサービスは同じエクスペリエンスを提供しています。今こそ我々のブランディングも強固なものにする時です。統一されたルックアンドフィールにより、JetBrainsがお客様により認識しやすくなると願っています。 “Develop with Pleasure”だけではない 統一性はリブランドの唯一の理由ではありません。JetBrainsという会社は使って楽しい(Develop with Pleasure)ツールを提供してきました。しかし、”Develop with Pleasure”だけが我々をドライブしているわけではありません。我々をドライブするのはより良い手段があるという信念です。何か問題を見つければ、それは新しいチャレンジであり、改善する機会であり、さらにはイノベートを起こすチャンスとして見るべきです。この信念こそが我々スタッフを毎朝動機付けしています。 このドライブ(動機付け)はJetBrainsのスタッフによって様々です。全員がそれぞれのドライブ、それぞれの野心を持っています。世界をより良いものにすべく、我々はその野心を共有しています。JetBrainsはブランディングをもってあなたに、ユーザーに認識して頂きたいと考えています。単により効率的に働きたいということ以上の共通認識があると信じています。 これこそが我々をドライブするものであり、あなたをドライブするものです!   P.S.: リブランディングは、様々な噂を巻き起こすのもわかります。しかしながら、JetBrainsは買収される予定はありませんし、投資家を探してもいません。そして上場に備えてもいません。我々は独立した株式非公開企業として引き続き我々の価値と、そしてお客様に向きあっていきます。 JetBrainsより

Posted in お知らせ | Leave a comment

IntelliJ IDEA 15 EAPでReactJS、Gradle/SBTサポートを強化

秋にはメジャーバージョンをリリースできるよう、今後も毎週継続してIntelliJ IDEA 15 EAPの新機能をご紹介して参ります。EAP版リリース時にも様々な機能を紹介いたしましたが、今日は最新プレビュービルド のホットな情報を届けします。 Gradle/SBT Gradle/SBTプロジェクトをインポートするとき、プロジェクト全体ではなく、モジュールを指定してインポートすることが出来るようになりました: 依存関係について自信が無ければ、”Select Required”を押せばIDEが必要なモジュールを選択してくれます。 このダイアログはGradle/SBTツールウィンドウからも呼び出す事ができ、いつでもモジュールの追加/削除を行えます。 React ReactでWebアプリケーションのUIを開発している方に朗報です。 コード補完、ナビ—ションがCSSクラス名に効くようになりました: HTMLタグを閉じていなければIDEは警告してくれます: Surround withアクションはJSXファイルにも適用できます: 他の改善やバグ修正は以下の通りです: JSX Harmony 内のasync/awaitキーワードのハイライト JSX filesの正しいリネーム 複数連続するJSXコードブロックの正しいパース ECMAScript 6モジュールインポートステート年との正しいパース また、IDEのアップデートにはデフォルトでHTTPSを使う用になりました。 最新EAPの詳しい情報はリリースノートをご覧ください. 原文

Posted in お知らせ | Leave a comment

IntelliJ IDEA 14リリース!

お待たせ致しました。IntelliJ IDEA 14をリリースいたしました。 バージョンを重ねる度に皆様のハードルは上がってくるので大変スリリングですが、IDEA 13リリース以降に期待に応えられるようベストを尽くし、素晴らしい仕上がりになりました。 IntelliJ IDEA 14について詳しくは新機能紹介のページをご覧ください。 またIntelliJ IDEA 14の新機能につきましてはJJUG CCC 2014 FallのIntelliJ IDEA 14最新情報 / ハンズオンセッションでもご紹介致します。 Develop with Pleasure! 原文

Posted in IntelliJ IDEA, お知らせ | Leave a comment

IntelliJ IDEA 14最新情報 / ハンズオンセッションをJJUG CCC 2014 Fallにて開催いたします #jjug_ccc #ccc_r51 #jbugj

JetBrainsは2014年11月15日に開催されるJJUG CCC 2014 Fallをスポンサーすると共に最新情報/ハンズオンセッションを提供いたします。人気のJava IDE、IntelliJ IDEAの最新バージョン14の最新情報と使いこなし方のコツを是非持ち帰ってください! 長めのハンズオンの枠となりますが、前半(〜14時)は新機能の紹介、後半(14時〜)はハンズオンとなります。平行して気になるセッションも多くございます。前後半どちらかのパートのみでも結構ですのでお気軽にご参加ください。 ・R5-1 IntelliJ IDEA 14最新情報 / ハンズオン(13:00〜14:50) JJUG CCCは日本Javaユーザーグループが春と秋に開催する日本最大のJavaコミュニティイベントで、Java関連の技術や事例に関する多彩なセッションが目白押しとなっております。 ・JJUG CCC 2014 Fall 申し込みサイト ・JJUG CCC 2014 Fall タイムテーブル

Posted in お知らせ | Leave a comment

IntelliJ IDEA 14 パブリックプレビュー版リリース

IntelliJ IDEA 14はインテリジェントなJava IDEの次の大きなリリースになります。UI、エディタ、デベロッパツール、コードアシスタンスやフレームワークサポートなどありとらゆる部分に改善が施されます。是非プレビュー版を今すぐダウンロードしてお試しください。 デコンパイラ IntelliJ IDEA 14はJavaクラスのデコンパイラを内蔵しています。ソースコードをお持ちでないライブラリの中身を覗きたい場合、サードパーティプラグインなしに確認することができます。 より詳しく » デバッグ時のインライン変数ビュー Inline Variables Viewは新しいデバッガとエディタのインテグレーションで、実行時の変数の値をエディタ内で変数のすぐ隣に表示してくれます。 デバッグ時に参照するオブジェクトを表示 新しいデバッガアクションであるShow Referring Objectsを使うと選択しているオブジェクトを参照しているオブジェクトの一覧を確認することができます。より詳しく » ラムダ式のデバッグ Evaluate Expression and Watchesが改良され、ラムダ式や匿名クラスを評価することができます。 オペレータ式のデバッグ IntelliJ IDEA 14はオペレータ式を評価することが出来ます。オペレータ式にマウスオーバーするだけでその値を確認できます。より詳しく » パフォーマンス IntelliJ IDEA 14起動時、いくつかの処理はバックグラウンドで走るようになりました。プロジェクトはより素早く開け、IDEはより機敏になりました。 スマートバックスペースインデント スマートバックスペースインデントにより、バックスペースの挙動はより便利になりました。インデントを崩してしまうことを気にしながらバックスペースを押すことはもうありません。プロジェクトで指定しているコードフォーマットに従ってバックスペースが行われます。より詳しく » パラメータ名のインライン表示 リテラル引数の隣にパラメータ名を表示できます。そのパラメータが何を意味するのかより簡単に把握することができます。カーソルをあてればパラメータ名は消えるので、編集を妨げることもありません。(編集中のパラメータ名を確認するにはCmd + Pを押して下さい)。 … Continue reading

Posted in IntelliJ IDEA, お知らせ | Leave a comment