IntelliJベースIDEのSSHによるGitHubへのアクセスについて

投稿日 投稿者 Yusuke

GitHubは先週、弱い暗号化キーのサポートをドロップする変更を行いました。Qiitaの記事にも既にまとめられておりますが、これにより、内蔵のSSHクライアントを使ってGitHubへSSH接続するユーザーに問題が生じました。

IntelliJベースの製品より、GitにSSH接続するには2つの方法があります:

  • 内蔵のSSH クライアントを使う方法
  • ネイティブのSSHクライアントを使う方法

この設定はVersion Control | Git | SSH executableより行えます:

GitHubの最近の変更で影響を受けるのは内蔵のSSHクライアントを使っている場合です。

この問題はすでに2018.1 EAPで修正されており、リリースバージョンに修正は含まれます。それまでの間、ネイティブクライアントを利用することで回避して頂けます。しかしながらSSHキーがパスフレーズで守られている場合、ネイティブクライアントを利用するにはパスフレーズをシステムレベルで設定しておかねばなりません。これは通常ssh-agentなどのツールで行います。

また、この修正は2017.3とEAPにすでにバックポートされており、数週間のうちに正式リリースの予定です。

まとめると、選択肢は以下の通りとなります:

  • 2018.1 EAPを使う
  • 2017.3 EAPを使う
  • ネイティブクライアントに切り替えて回避する

ご面倒をおかけして申し訳ございません。

The JetBrains Team

[原文]