2021 年開発者エコシステムの現状

Read this post in other languages:
English, Français, 한국어, Deutsch, Português do Brasil, Español, 简体中文

第 5 回年次開発者エコシステムアンケートの結果がリリースされました! このレポートでは、さまざまなプログラミング言語、アプリケーション、ツール、フレームワークのほか、開発者のライフスタイルや習慣に至るまで、現在のトレンドを追跡しています。

今年のレポートではアンケート実施方法を改善し、アンケートの地理的な対象範囲を全世界に拡大しました!

2021 年開発者エコシステムの現状レポートは、183 の国と地域で活動する 31,743 人の開発者からの回答を基に、開発者コミュニティの展望を描いています。

以下のような興味深い結果が得られました。

  • 最も人気のある言語は JavaScript で、回答者の 69% が過去 12 か月間で使用したと答え、39% が主要プログラミング言語だと答えました。
  • 全体的な使用率に関して言えば、Python の使用率が Java よりも高い(52% 対 49%)一方で、Java はメイン言語としての使用率が Python よりも高くなっています(32% 対 29%)。
  • 利用者の増加が著しい 5 大言語は、Python、TypeScript、Kotlin、SQL、および Go です。
  • テック産業には女性開発者の参入が増加しています。女性が関与する分野では、データ解析と機械学習または UX/UI デザイン/リサーチの傾向が高く、インフラストラクチャー開発/DevOps、システム管理、またはデプロイの傾向が低くなっています。

過去 1 年において、全世界の勤務形態はリモート勤務に移行しました。 開発者のマーケットと日常生活の両方に影響が表れています。

  • 回答者の 66% はビデオ会議を使用するようになり、これは昨年の 43% からアップしています。
  • ビデオ会議ツール市場も大きく変化しました。Zoom、Microsoft Teams、および Google Meet のユーザー数が増加する一方で、Skype のユーザー数は大幅に減少しています。
  • より多くのツールがクラウドソリューションを導入し、クラウドバージョンの使用率は過去 4 年間で 2 倍に増えています。
  • 2020 年前半には、オフィス勤務の開発者は約 70% でした。 現在では 80% が自宅勤務になっています。
  • 2020 年にはほとんどの開発者がプログラミングを最大の趣味と答えていました。 今年はビデオゲームがトップを飾り、49% から 59% に人気が上昇しています。

2021 年開発者エコシステムの現状レポートを見る

このインフォグラフィックは、アンケートデータから読み取ることのできた重要なインサイトを表しています。 さらに詳しく知りたい方は、完全な結果と匿名化された生データの公開にご期待ください!

このアンケートにご協力いただいた皆さんのさまざまな回答に、非常に感謝しています。 開発者コミュニティに関する貴重な情報源であり、 JetBrains 製品を改善する上での素晴らしいアイデアも提供してくれます。 ご協力いただきありがとうございました!

来年の開発者エコシステムアンケートへの参加をご希望ですか? その場合は、調査パネルにご参加ください! インタビューや UX 調査など、その他多数のアンケートや調査活動にもいち早く参加いただくことができます。 パネリストには素晴らしい賞品も用意されています!

オリジナルブログ投稿(英語)の作者:

Elizaveta Semakova

Anastassiya Sichkarenko

Discover more