News Update

JetBrains のコーディングツールを 2023.2 に更新できるようになりました

Read this post in other languages:

IntelliJ IDEA、WebStorm、PyCharm、DataGrip、GoLand、DataSpell などの IDE ファミリーと All Products Pack サブスクリプションに含まれるその他のツールに今年 2 度目のアップデートがリリースされました。 最も関心のある製品に関する詳細は、以下の概要をご覧ください。

各種 JetBrains IDE 製品

2023.2 アップデートには、開発エクスペリエンスを向上させる多数の改善が含まれています。 このリリースでは、ほとんどの IDE で重要な新機能となる AI Assistant が新たに導入されています。 現時点では限定アクセスのみで提供されており、統合 AI チャット、コードの説明、自動ドキュメント生成、名前の提案、コミットメッセージの生成などを使用できます。 他にも、開発ワークフローを合理化する GitLab の統合が追加されており、開発者が IDE からマージリクエストを直接操作できるようになっています。

このリリースには Search Everywhere(どこでも検索)機能でのテキスト検索機能、開いているプロジェクト間を簡単に移動できるように色分けされたプロジェクトヘッダー、Windows と Linux でのメインツールバーのハンバーガーメニューの改良、および Project(プロジェクト)ビューでの変更時間によるファイルの並べ替えなど、さまざまなユーザーエクスペリエンス関連の強化も含まれています。 また、2023.2 アップデートには、よりスムーズで効率的な開発エクスペリエンスを実現するためのユーザーインターフェースの改良とバグ修正も含まれています。

製品固有の変更は他にもたくさんあります。

IntelliJ IDEA 2023.2 では、Kubernetes、Docker、Spring、GraphQL、HTTP クライアント、データベースツールなどの多数のフレームワークとテクノロジーのサポートが強化されています。 新しい Java 言語のインスペクションとコード解析の改善、コードハイライトと書式文字列の移動操作の強化、Javadoc コメントでの @snippet タグのサポートの改善などがあります。 改良された IntelliJ Profiler はエディター内のパフォーマンスヒントを採用しており、ガターで解釈しやすく色分けされたアノテーションを提供することでプロファイリングエクスペリエンスを強化しています。

WebStorm 2023.2 には JavaScript と TypeScript のエラー書式の改善、CSS のネストのサポート、Vue Language Server(Volar)のサポート、新しい UI の安定化、GitLab の統合、プラグイン開発者向けの LSP のサポートなどが含まれています。

PyCharm 2023.2 には素晴らしい新機能が満載です! Django のフォーム、モデル、ビュー用の新しいライブテンプレートと Endpoints(エンドポイント)ツールウィンドウで Django エンドポイントを操作する機能が備わり、Django プロジェクトでの作業生産性がさらに向上しています。 PyCharm で Black フォーマッターを初期状態で使用できるようになりました。 新しい Run Anything(なんでも実行)ツールから実行/デバッグ構成の作成と起動、Python コンソールの機能、および Python パッケージの管理を迅速に行えます。

DataGrip 2023.2 は Redis Cluster をサポートしており、スタンドアロン版の Redis と同じ機能セットが備わっています。 スキーマ移行ダイアログを改良したため、移行中にどのオブジェクトが影響を受けるかを把握しやすくなりました。 また、データエディターとビューアーに新しいタイムゾーン設定が追加され、Redshift での外部データベースとデータ共有のサポートが導入されています。

GoLand 2023.2 では Go モジュールとの統合の改善、関数パラメーターとメソッドレシーバー間での双方向の移行リファクタリング、および errors.Is と errors.As のサポートが導入されています。 このバージョンには新しい AI Assistant プラグイン、GitLab の統合機能、および Kafka プラグインが含まれています。

CLion 2023.2 では低レベル、リモート、および組み込みデバッグのエクスペリエンスの改善、PlatformIO の統合の改良、vcpkg のサポートの改善、および一部の基本的なユーザーワークフローへの AI Assistant 機能の導入が行われています。

DataSpell 2023.2 には Porlars のサポート、テーブルデータ探索の強化、UI の改善などが導入されています。 人気の DataFrame ライブラリである Polars が DataSpell に統合されました。 このリリースではデータ探索をこれまで以上に簡単に行えるようになっており、新しい UI によって生産性とパーソナル化が強化されています。 また、Big Data Tools プラグインと Database Tools プラグインの両方に大幅な生産性と利便性の強化が適用され、Jupyter マネージドサーバーの構成機能と DataSpell と外部アプリケーション間の同期の改善が追加されています。

Rider 2023.2 では C# のサポートが改善されており、ローカル関数と raw 文字列の処理と一般的な Entity Framework の問題を解決するための新しいインスペクションが導入されています。 UI が大きく改善され、IDE の新しい外観が仕上がりました。洗練されたモダンな外観で高度にカスタマイズすることができます。 Unity DOTS に関連した機能の更新と Unreal Engine のブループリントインデックス作成の最適化により、Rider を使用したゲーム開発がさらに強化されています。

PhpStorm 2023.2 には PHP のジェネリクス対応の改善、Laravel Print のサポート、PHP アサーションのネイティブサポート、AI Assistant(限定アクセス)、GitLab の統合、Search Everywhere(どこでも検索)のテキスト検索、プラグイン開発者向けの LSP のサポートなどが含まれています。

RubyMine 2023.2 は Ruby on Rails プロジェクトの Turbo コード補完、UI の更新、パフォーマンスの強化、RBS サポートの新機能などのさまざまな改善が満載です。

.NET ツールおよび VS 拡張機能

ReSharper 2023.2 で新たに導入された機能には、ユニットテストを簡単に作成してユニットテスト間を移動する機能と予測デバッガーモードが含まれています。 ReSharper 2023.2 と Rider 2023.2 のどちらにも C# のサポートが改善されており、ローカル関数や raw 文字列の処理と一般的な Entity Framework の問題解決を行うための新しいインスペクションが導入されています。 もう 1 つの新機能は AI Assistant です。これは AI を活用した最初の機能セットを提供するプラグインで、選択されたコードの解析、説明、またはリファクタリングに役立ちます。 ReSharper または Rider とは別にインストールする必要があり、現時点で利用するには順番待ちリストに登録する必要があります。

Rider の UI が大きく改善され、IDE の新しい外観が仕上がりました。この外観はすべての新規ユーザーにデフォルトで設定されます。 Unity DOTS に関連した機能の更新と Unreal Engine のブループリントインデックス作成の最適化により、Rider 2023.2 でのゲーム開発がさらに強化されています。

ReSharper C++ 2023.2 では C++20 と C++23 に関連する複数の新機能が追加されており、ソースコードからシンボルを安全に除去できる Safe Delete(安全な削除)リファクタリングが導入されています。


今回お知らせする最新情報は以上です。 これらのアップデートによって皆さまの作業がより楽しくなり、生産性をさらに高めながら素晴らしいソフトウェアを制作できるようになることを願っています。

無料の Toolbox アプリを使用して JetBrains ツールをインストール・更新することをお勧めします。 まだご利用でない場合は、アプリをダウンロードして開発ツールの管理を簡単に行いましょう!

JetBrains チーム一同より

オリジナル(英語)ブログ投稿記事の作者:

Ryuji Owan

Eugene Toporov

Discover more