Qodana logo

Qodana

The code quality platform for teams

自動化の力: 手動コードレビュープロセスの強化

Read this post in other languages:

コードレビューでは作業内容を戦略的に掘り下げて検査できます。 バグ、潜在的な修正点、脆弱性などを特定できるため、最終的にソースコードの品質を高め、ソースコードへの理解を深めることができます。 これはチームの学習、プロジェクトのビルド速度と品質、成果物の結果に直接的に影響するだけでなく、成功を明確にする効果もあります。

実際、Coding Sans の前回のソフトウェア開発の現状レポートではソフトウェア開発者の 67.66% がピアレビューによってコードの品質を確保していることが明らかになっています。 この割合は、業績を上げているソフトウェア開発者のグループでは 73.53% と比較的高い数値を見せています。

レビューが役に立つかどうか、または内部的な学習、コードのパフォーマンス、品質の面でどの程度有益なのかは論点ではありません。 そうではなく、最先端のチームのさまざまなユースケースでどのような実装が最も効果的かということが重要なのです。

手動コードレビュー – 従来のアプローチ

手動コードレビューはロジックのフローや潜在的なセキュリティ脆弱性から全体的な設計とコードベースのアーキテクチャに至るまで、人間のレビュー担当者が考え付くものすべてを対象としています。 この作業では自動化の力を借りずにコードを評価しながら、コンテキストに応じて深く内面化された学習が可能です。

ただし、この手法には欠点もあり、シナリオごとに異なるレベルの課題があります。

  • 締め切りに追われている場合などに発生しやすいヒューマンエラー。
  • コード品質基準のばらつきによる一貫性のなさ。
  • トレーサビリティと説明責任の欠如。
  • 開発プロセスでの遅すぎる変更。
  • ささいな問題に過度にかけられる時間と労力。

JetBrains Space はコードレビュー、マージリクエスト、Git ホスティング、CI/CD サービスを単一のプラットフォームで提供することで、このような手動アプローチに伴ういくつかの課題を解決しています。 強制的な CI/CD チェックやコードオーナーによる承認といったクオリティゲートを導入することで、コードがメインブランチにマージされる前に高い品質を保証し、変更を自動的に制御することができます。

Space では開発パイプラインにコードレビューをシームレスに組み込み、Space UI、JetBrains IDE、またはモバイルデバイスからでもコードをレビューできます。 Space は分かりやすいターン式レビューモデルと提案システムを備えているため、チームが満足するコードレビュープロセスを導入できます。

Space による手動レビュー

自動コードレビュー – 問題の見逃しを防止

手動コードレビューの長所と短所を念頭に置き、開発プロセスのできるだけ早い段階でヒューマンエラーをさらに最小化し、チームメンバー間でコード基準の一貫性を高め、ささいな問題への対応を委ねるにはどうすればよいのでしょうか?

ここで役立つのが、自動コードレビューと静的コード解析です。 Qodana は自動コードレビューの間にソースコードを調査し、潜在的な欠陥、セキュリティ脆弱性、および品質に関わるその他の問題を特定します。 Qodana を使って所定の基準を自動的に適用することも可能です。 その結果、コードはそのような基準に準拠することで一貫性が高まり、基本的な問題に人を介入させる必要がなくなります。

IntelliJ チームによる Qodana を使ったコードレビューの自動化

自動コードレビューが実際のチームにどのように機能するのかさらに知りたいですか?

Intellij IDEAのローカライゼーションにおける活用事例をご覧ください!

開発ワークフローにおける品質の改善

静的コード解析は開発サイクルの早い段階で問題を検出してソフトウェアの品質と信頼性を改善するのに使用されます。 個人開発者であるかチームメンバーであるかに関わらず、自動化を使用することで以下のようなメリットを得られます。

  1. 開発ワークフロー内での時間と労力の節約。
  2. コードの品質に対する自信の強化。
  3. 知識の伝達の向上。

ここでは、Qodana はプロの開発者チームがコードをレビューする際に時間を節約するのに役立つ静的コード解析ツールとして役立っています。 一般的で繰り返し使用されるコードのチェックを自動化し、CI パイプライン内で静的解析を実行できます。 Qodana はコードに潜む一定の単純な問題に対して修正も提案できるため、コードの変更にかかる時間を直接的に節約できます。

Qodana によるコードレビューの自動化

Qodana の自動レビュー機能を使用して日常的なチェックを単純化することで、アプリケーションの機能とビジネスロジックにより専念できるようになります。 Qodana の広範な機能により、エラーの見逃しが大幅に減ります。

コードのスタイルおよび書式設定の強化: これらの面に的を絞るように Qodana をセットアップすることで、可読性とプロジェクト内での一貫性を維持しやすくなります。

潜在的なバグの特定とデータフロー解析: これらの機能により、チームは null ポインターの逆参照、ゼロ除算エラー、無限ループ、論理式に含まれる未使用の分岐、正規表現の間違い、最適化されていないコード、リソースのリークなどの問題を防ぐことができます。

重複解析: 見落とされがちですが、重複解析はコードメンテナンスの重要なタスクです。Qodana ではこの解析を簡単に実行できます。

サードパーティライセンスの監査: サードパーティライセンス監査の主な目標は、プロジェクトに含まれるサードパーティのコンポーネントに関連付けられたライセンスを検出し、特定することです。 これを行うことで、依存関係を追跡し、商用プロジェクトに適していないライブラリの使用に起因する法律上の問題を未然に防ぐことができます。

これを達成するため、Qodana のサードパーティライセンス監査はメタデータ、ライセンスファイル、さらにはソースコードのコメントを解析し、該当するライセンスを特定します。

さらに、Qodana はライセンスインベントリを提供しており、法的義務や会社のポリシーへの準拠を保証しています。 このレポートは関係者と共有したり、意思決定とコンプライアンスに関するドキュメントに使用したりすることができます。

セキュリティの強化: 企業、消費者、および開発者の観点からすると、セキュリティは当然ながら重要なトピックです。 問題の種類は多岐にわたる可能性があり、機密データを保護するには、それらすべてを防止する対策を取る必要があります。 以下のような例が挙げられます。

  1. ソースコード内のセキュリティ脆弱性、弱点、欠陥: SQL インジェクション、クロスサイトスクリプティング(XSS)、バッファーオーバーフローなど。
  2. ビルドチェーンと依存関係のセキュリティ。 依存関係の混乱といったビルドチェーン攻撃、または悪意のあるコードの注入やサードパーティコンポーネントの脆弱性の悪用によってソフトウェアの整合性を侵害するサプライチェーン攻撃。

これらのリスクを緩和するため、依存関係を定期的に監査し、ライブラリとフレームワークに対する信頼できるソースの使用を確保し、ソフトウェア開発ライフサイクル全体に堅牢なアクセス制御と監視を実装することが推奨されます。 このプロセスは Qodana のライセンス監査によって単純化できます。

Qodana でレビューの自動化を始めましょう 

手動レビューにはそのメリットがありますが、ヒューマンエラーの可能性、一貫性のなさ、トレーサビリティと説明責任の欠如、および開発プロセスで変更の適用が遅れる可能性といった欠点によってもたらされる課題を解決することが重要です。

どの開発チームも自動化の採用を推し進め、退屈なタスクの処理方法を合理化すれば、最も必要とされる作業に開発者の力を投入できるメリットを得られます。 Qodana を使用すれば、コードと製品の品質を高め、コンテキストに応じて過ちから学習することができます。

まずは無料の Qodana 体験版を入手しましょう。 あとは Qodana アカウントを作成し、リンターをプロジェクトか任意の CI/CD システムに接続すれば完了です! Qodana をローカルまたは CI/CD パイプライン経由で実行し、すぐにエラーの特定を開始できます。

ご質問がございましたら、お気軽に課題トラッカー(右上の New Issue(新しい課題))にチケットを提出するか、コメント欄でお知らせください。また、今後の記事をお待ちください。

Qodana を無料で試す!

オリジナル(英語)ブログ投稿記事の作者:

Ryuji Owan

Kerry Beetge

Qodana Advocate, Tech Journalist and IoT enthusiast.

image description

Discover more