WebStorm 7を使いJavaScript テストをKarmaで動かす

WebStormは常に開発をより楽しくする最新のテクノロジやツールをサポートしています。WebStorm 7において中でも大きなのはKarmaのサポートです。KarmaはAngularJSチームが開発しているJavaScriptをテストするためのシンプルでフレキシブルなツールです。

これまで通りJSTestDriver(詳しい解説はこちら(英語) )も利用できます。

WebStormのKarma連携の主要機能は以下の通りです:

  • ローカルWebサーバを使い、コンピュータにインストールされている任意のブラウザでテストを走らせる
  • Jasmine、QUnit、Mochaなど、好きなフレームワークと組み合わせてテストできる
  • istanbulコードカバレッジエンジンと一緒に動かせる

全体を説明するビデオ(英語)を用意しましたので是非ご覧ください。また、チュートリアル – Running JavaScript tests with Karmaを併せてご参照いただければと思います。

Karmaを使うには、まずNode.jsをインストールする必要があります。KarmaはWebStormの内蔵ターミナルやお好みのターミナルでグローバルにインストールする方法、WebStormの内蔵npmでプロジェクトディレクトリに直接インストールする方法があります(ツールバーのNode.js設定よりkarmaモジュールを検索、インストール)。

プロジェクトのKarma設定はKarma configuration fileを追加するか自動生成させます。この設定ファイル内で利用したいテストフレームワークとブラウザ(複数指定可)を指定します。

続いてKarma Run Configurationを作り、ワンクリックでいつでもテスト実行できるようにします。

テスト結果はRunパネル内に綺麗に表示されます。テスト結果からコードにジャンプしたり、テスト結果の統計を確認したり、HTMLのレポートを作ったりすることができます。

WebStormはKarmaが使っているistanbul code coverage engineもサポートします。nodeのモジュールkarma-coverageをインストールして、Karma configuration fileに追加します。Run with coverageボタンを押せばテスト実行時にカバレッジ測定ができます。

WebStormのKarma連携について詳しくはRunning JavaScript tests with Karma tutorial (英語)をご覧ください。

Develop with pleasure!

WebStorm チーム

This entry was posted in WebStorm. Bookmark the permalink.

One Response to WebStorm 7を使いJavaScript テストをKarmaで動かす

  1. Pingback: power-assertでJavaScriptのテストをする ブラウザ編 | Web scratch

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *