Subversion 1.8 と IntelliJ IDEA 13

IntelliJ IDEA 13の新機能のうちの一つとして待望のSubversion 1.8サポートがあります。

以前はSVNKitと呼ばれるJavaベースのSubversionバインディングライブラリを使っていましたが、IDEA 13からはSubversion 1.8サポートでネイティブのSubversionクライアントを使うようになりました。このアーキテクチャにより今後新しいバージョンが登場した際もタイムリーに対応出来るようになりました。

Subversionの各バージョンの対応状況は以下の通りです:

  • 1.6 – SVNKitのみ
  • 1.7 – SVNKitとコマンドラインクライアント
  • 1.8 – コマンドラインクライアントのみ

コマンドラインクライアントを使う場合、まずマシンにバイナリをインストールしてください。IntelliJ IDEAにはバンドルされていません。

コマンドラインクライアントのバージョンと、作業中のプロジェクトのフォーマットのバージョンが異なる場合以下のようなダイアログが表示されます:

Subversion 1.8サポートについて詳しくはこちら(英語)をご覧ください

何か不具合などございましたらYouTrackへご報告いただければ幸いです。

Develop with Pleasure!

原文

This entry was posted in IntelliJ IDEA. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *