PhpStormを使ったPHPアプリケーションのプロファイリング

開発中のアプリケーションが非常に遅い場合、誰かが効率の悪いコードをコミットしたのか、データベースの呼び出しを不要に行っているのか・・・疑える箇所はいくらでもあります。アプリケーションを測定する唯一の方法はプロファイリングを行うことです。PhpStormを使えば簡単です。

Webアプリケーションでも、ライブラリコードでも、ユニットテストでもプロファイリングを行えばコードを実行した際の統計情報を収集できます。たとえば実行された関数名、何回その関数が実行されたか、どの関数の実行にどれくらい時間がかかったという情報です。これによりどこを修正すべきかが明確になります。

PhpStormはPHPで良く利用される2つのプロファイラ、XdebugZend Debuggerをサポートしています。詳しくは以下のドキュメントをご覧ください(英語):

Develop with pleasure!
– JetBrains PhpStorm チーム

原文

This entry was posted in PhpStorm. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *