WebStorm 2016.1リリース: より的確なリファクタリングオプション、Angular 2サポート/デバッガの改善等々

今年最初のメジャーアップデートであるWebStorm 2016.1をリリースしました。JavaScriptとTypeScriptの編集やリファクタリングエクスペリエンスの改善、そしてIDEのデバッグ機能のセットアップの改善が目玉となっております。

こちらよりダウンロードしていただけます。

アップデートのハイライトは以下の通りです:

  • ECMAScript 6とTypeScriptサポートの改善: より的確なリファクタリングオプション、Unused importsインスペクションとOptimize importsアクション。
  • Angular 2サポートの改善: イベントとプロパティバインドのコードアシスタンス、データバインド内のコード補完。テンプレートに定義している変数、カスタムイベントハンドラ、templateUrlとstyleUrlフィールドのコードインサイトとナビゲーション
  • 非同期クライアントサイドコード、ES6のarrow function、Webとサービスワーカーのデバッグ
  • IDEからNode.jsアプリをリモートやVagrant boxで起動

他に触れておくべきなのはAngularJS ui-router/CSSカスタムプロパティのサポート、ElectronアプリのIDEからの実行/デバッグ、JSON Schemaフォーマットサポートによるコードアシスタンス、Convert string to template stringインテンションです。

詳しくはWhat’s new in WebStorm 2016.1(後日翻訳予定)をご参照ください。

JetBrains WebStorm Team

[原文]

This entry was posted in WebStorm. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *