Kotlin on Android、オフィシャルに

本日、Google I/OのキーノートにてAndroidチームはKotlinの公式サポートを発表いたしました。これはKotlinにとって大きな一歩であり、Androidデベロッパにとって、そしてJetBrainsツールファンにとって素晴らしいニュースです。

Androidデベロッパにとって、Kotlinサポートはモダンでパワフルな言語を利用するチャンスです。良くある頭痛の種を解消したり、コードを簡潔・明快にするのに役立つことでしょう。Kotlinをはじめるのは簡単です。既存のプロジェクトに少しずつ導入していくことも可能です。皆様がこれまで培ったスキルや投資を引き続き活かすことができます!

Kotlin for Android

本日より、Android Studio 3.0はKotlinを最初から同梱します。つまりAndroidデベロッパは互換性について心配する必要がなくなります。今後JetBrainsもGoogleもKotlinでのAndroidアプリケーション開発をサポートしていきますのでご安心ください。

Kotlinの他のプラットフォーム(サーバ、デスクトップにおけるKotlin/JVM、Kotlin/JS、Kotlin/Native)におけるサポートについてもJetBrainsにとって引き続きフォーカスしていきますのでご安心ください。JetBrainsのKotlinにおけるビジョンは、この言語を様々なアプリケーションをマルチプラットフォームで、エンドトゥーエンドに繋げる統一ツールにすることです。これはフルスタックWebアプリケーションも、Androidも、iOSクライアとも、組み込み/IoTも含みます。

プログラミング言語は人間の言語と同じです。つまり話す人が多ければ多いほど良くなります。Androidでの公式サポートで、より多くのデベロッパがKotlinを使うことになるでしょう。そしてJetBrainsはKotlinコミュニティが急速に広がっていくと期待しています。Kotlinによる、またはKotlin向けのライブラリやツール開発が加速し、経験が共有され、Kotlinを使う職が増え、学習教材がたくさん公開されていくことでしょう。Kotlinのエコシステムがより盛り上がっていくことを楽しみにしています!

JetBrainsはGoogleとのパートナーシップで、非営利のKotlinの財団の設立を予定しています。言語開発は引き続きJetBrainsが支援していき、40人いるJetBrainsで二番目に大きいKotlinチームはこれまで通り活動して参ります。Andrey Breslavが引き続きリード言語デザイナーを務め、Kotlinはこれまでと同じ原則をもとに開発が続けられます。JetBrainsはKotlinのデザインプロセスを今後もオープンなものにし続けます。皆様のフィードバックこそKotlinを正しい方向に導くのに必要不可欠だからです。

Google I/Oにご参加の皆様は、Kotlinのセッションスケジュールをご確認ください。そしてもちろん、サンフランシスコで11月に開催されるKotlinConfへの参加登録をお忘れなく! 素晴らしいイベントになるはずです!

A Big Thank You!

Kotlinの旅 の始まりは6年前に遡ります。JetBrainsの狙いは我々のツール群同じ志を持つ言語を作ることでした。つまりデベロッパがめんどくさくて、無駄な面倒をしなくて済み、真に重要なことにフォーカスできる言語を作ることです。そしてもちろん、プロセスは可能な限り楽しくなくてはいけません。

JetBrainsはGoogleとAndroidチームがKotlinを信頼してくれたことに感謝いたします。そしてそれ以上にコミュニティに、ユーザーへの感謝の気持ちでいっぱいです。皆様方なしには今日のKotlinは有り得ません。この旅路を共に出来てありがたく思うとともに、今後のエキサイティングな道のりを共に歩めればと思います。

よくある質問と答え

このアナウンスについて頂くであろう質問と答えを用意いたしました。もし、ここでカバーされていない質問がございましたらお気軽にコメントを寄せてください。Kotlinについて馴染みでない方はWebサイトのFAQもご覧ください。

Kotlinの一番の重心はAndroidになるのですか?

Kotlinのゴールの1つに、マルチプラットフォーム言語であることがあり、これは今後も変わりありません。今後も積極的にKotlin/JVM (サーバサイド、デスクトップなど)、Kotlin/JSも開発して参ります。またmacOS、iOS、IoT/組み込みシステム向けにKotlin/Nativeも開発しています。

Kotlinのリリースサイクルに影響はありますか?

Kotlinは引き続きAndroidまたはAndroid Studioとは独立のリリースサイクルを持ちます。Kotlinプロジェクトは完全に独立であり続けます。そしてもちろんKotlinチームとAndroid Studioチームは密なコラボレートしていきます。

Android Studio pluginは誰が開発しますか?

JetBrainsがAndroid Studioチームと密接に働きながらAndroid Studio pluginを引き続き開発していきます。

これはIntelliJ IDEA、Eclipse、Netbeansサポートに影響ありますか?

いいえ。Kotlinはマルチプラットフォームを目指しており、これまで通り他のIDEもサポートしていきます。もちろんコミュニティの貢献と共にIntelliJ IDEAを協調していきます。

macOS、iOSサポートに影響はありますか?

いいえ。引き続きKotlin/NativeでmacOS、iOSをサポートする計画で、何も変わりありません。

JetBrainsはGoogleに買収されますか?

いいえ。JetBrainsがGoogleまたは他の会社に買収される予定はありません。JetBrainsは引き続き独立のベンダとしてプラットフォームや言語に束縛されることのないツールを提供して参ります。

Maxim Shafirov

[原文]

This entry was posted in Kotlin, お知らせ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *