Kotlin/Native v0.6 リリース!

Kotlin/Native v0.6をバレンタインデーにリリースいたしました。以下の機能を実装したメジャーリリースになります:

  • コンパイラとGradleプラグインのマルチプラットフォームプロジェクトサポート
  • Objective-C/Kotlinコンテナクラスの透過的なインターオペラビリティ
  • 組み込み器機ターゲットのサポート(STM32 ボード)
  • Kotlin 1.2.20、Gradle 4.5、Java 9サポート
  • WebAssemblyバイナリの縮小化 (最大で160KiB縮小)
  • CLion 2018.1向けのプラグイン修正 (macOSプラットフォームのライブラリインデクサーの修正)

v0.6でKotlin/Nativeマルチプラットフォームプロジェクトをサポートし、単一のGradleビルドから異なるKotlinバックエンド、例えばJVMとNativeとJSをビルドできます。こちらのリポジトリをご参考にしてください。

また、ついにKotlin/Nativeプログラムを組み込み器機向けにビルドできるようになりました。現在のところZephyr Projectカーネルを使ったSTM32ベースのマイクロコントローラを対象としています。この機能はまだ実験的で、お試しになるとまだまだ問題にぶつかるかもしれません。Cとのインターオペラビリティにはまだいくつか問題がありますが今後のリリースで修正される見込みです。

v0.6の興味深い機能は -produce framework operational modeにおけるコレクションの透過的なインターオペラビリティです。つまり、KotlinのListMutableListSet、MutableSetMap、MutableMapをコンパイルするとObjective-C/SwiftのコレクションであるNSList、NSMutableListNSSetNSMutableSetNSDictionary、NSMutableDictionaryとして扱えます。

今回のリリースの重要なゴールはコンパイラのユーザビリティーと安定性の改善でした。多くの既知のバグやKotlin/JVMの非互換を修正いたしました。

最後に、CLion 2018.1のKotlin/Native v0.6サポートが追加されました。技術的な理由から、自動アップデートはできませんので手動でこちらよりダウンロードしてください。

最新バージョンをお楽しみいただき、素敵なバレンタインデーを過ごせますように!

バイナリはこちらよりダウンロードしていただけます: macOS, Linux, Windows

GitHubのリリースページはこちらです

[原文]

This entry was posted in Kotlin. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *