PyCharm 2018.1 リリース!

800x400_blog_PC_2018_1_@2x

部分コミット、コードセル、SSHリモートPythonインタプリタなどの新機能を搭載するPyCharm 2018.1が利用可能になりました!

今すぐダウンロード

  • データサイエンティストは、ファイル内にコードセルを定義し、実行する部分を選択できるようになりました。 分析を調整するたびにデータを再インポートする必要はありません。
  • リモートマシンでPythonコードを実行していますか? SSHのリモートPythonインタプリタを設定がより簡単になりました。
  • Python 3.7はまだリリースされていませんが、PyCharm 2018.1は既にPython 3.7コードのシンタックスハイライト、コード補完、実行を完全にサポートしています。
  • Gitファイルの一部のみを選択してコミットできるようになりました。
  • PyCharm 2018.1は新しいコードインテリジェンス機能が含まれているため、あなたのPythonコードを以前よりも深く理解して、サジェストしてくれます。
  • Docker Composeファイル形式3.3以降がサポートされるようになりました。 また、Docker Composeインタプリタのパフォーマンスが大幅に改善されました。

等々

詳細はウェブサイトのWhat’s Newページをご覧ください。 PyCharm 2018.1を今すぐダウンロード

[原文Original text in English is written by Ernst Haagsman

About Elizaveta Semakova

Regional Marketing Manager for Japan at JetBrains
This entry was posted in PyCharm, お知らせ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *