Author Archives: Masaru Horioka

About Masaru Horioka

Country Manager, Japan at JetBrains, ご意見、ご要望等ございましたら@masaruhrまで

【Rider/Unity特集】JetBrains .NET Meetup Tokyo 2019レポート

こんにちは。JetBrains堀岡です。 少し間が空いてしまいましたが、2019年9月3日に開催されたJetBrains .NET Meetup Tokyo 2019の開催レポートです。JetBrainsの.NET向け IDE RiderとUnityに関するテーマを中心に、こちらのアジェンダに従って資料または動画を紹介します。 なお、今回、技術セッションにおける動画の撮影はユニティ・テクノロジーズ・ジャパン様にご提案およびご協力頂き実現いたしました。大変感謝いたしております。以下に紹介する全てのRider関連セッションはUnity Learning Materialsサイトにて既に公開されているものです。 またイベントで使用したTwitterハッシュタグは#JBRiderTokyo からもイベントの様子をご確認いただけます。 1.オープニング イベント概要の紹介および、JetBrainsの会社紹介と2018年に発足した日本チームにより日本市場における取り組みの紹介を行いました。   2.JetBrains総代理店サムライズムのご紹介 サムライズム山本裕介様(@yusuke)より、トレーニングや日本語サポート、独自の割引等、サムライズム様からJetBrains製品を購入するメリットをご紹介いただきました。 3.Rider – Unity向け次世代C#エディタ/Rider – the next generation C# editor for Unity JetBrainsでRider開発をリードするKirill Skrygan(@kskrygan)によるIntelliJやReSharperがどのように誕生し、市場で生き残ってきたか、そしてRiderがどのような戦略の下、誕生したか、またUnityとの技術的な協業についてストーリーベースで語られた興味深いセッションです。資料はこちらで公開しています。 現在のVisual Studio+ReSharperの32bitアーキテクチャではRoslynとの共存を考えると、パフォーマンスに制約があること、Unityの市場での広がりにより、Windows以外のプラットフォームでの.NET開発が増えたことから、以下の3つの観点を兼ね備えたIDEを目指すことより他IDEとの差別化を考えているということを聞けたのが、社内の人間としても面白く感じました。 Cross-Platform(Visual Studioはクロスプラットフォームではない) Fast(Visual Studio+ReSharperより高速) Feature rich(IntelliJ+ReSharperの資産の活用により、Visual Studio単体/Visual … Continue reading

Posted in Rider, イベント | Leave a comment

CEDEC 2019 Rider/ReSharperお試しクーポンの利用方法

こんにちは。JetBrains堀岡です。 先週(2019年9月4日から6日)JetBrainsは初めてCEDECに出展させていただきました。多くのゲーム開発者の方にブースにお越しいただき、デモをご覧いただいたり、ヨーヨーやパズルをお土産にお持ち帰り頂き、ありがとうございました。 本記事では、お配りしたお土産の1つである、Rider/ReSharper3ヶ月お試しクーポンの使い方について紹介いたします。 学生の方は、こちらのクーポンではなく、全てのJetBrains IDE製品ライセンスが在学中無料で使える学生ライセンスを以下よりお申し込みください。 JetBrains Student Pack(学生・教職員向け無料ライセンス)と申し込み方法 お試しライセンスの有効化方法 以下の例ではmacOS上でライセンスの有効化からRiderの起動まで説明しますが、Windows上ではRiderに加えて、ReSharper Ultimate(Visual Studio拡張)も利用可能です。 https://www.jetbrains.com/store/redeem/ にアクセスします。 Coupon Codeを入力します(大文字でハイフン入りで入力してください) お名前、メールアドレス、国を入力します(既にJetBrains Accountをお持ちの方は同じものを利用すると良いでしょう) Product of your interest には「ReSharper Ultimate + Rider」を入力します。 「I have read and I agree」を確認し、チェックを入れ、Submitボタンを押します。 「License Certificate for JetBrains ReSharper Ultimate + Rider … Continue reading

Posted in ReSharper, Rider, イベント | Leave a comment

JetBrains Store における消費税率改定について

【2019年9月30日更新】オンラインでお支払いのお客様へのお見積りの再発行は不要になりました。リバースチャージ対象外のお客様におかれましては、10月1日以降チェックアウト時に新しい税率が適用されますのでご了承ください。 お客様各位 平素よりJetBrains製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。 2019年10月1日に実施される消費税法改正に際し、JetBrains Storeにおいて、2019年10月1日以降 パーソナルライセンスを購入される日本の*1お客様 コマーシャルライセンスを購入され、JetBrains Accountに法人番号を登録されていない(リバースチャージ対象外の)日本の*1お客様 におかれましては、これまでの8%から10%に消費税率を変更し、加算した金額をご請求させていただきます。 これに伴い、上記お客様に対して発行済みの: お見積り Proforma Invoice(海外送金にてお支払いのお客様向け請求書) につきましては、2019年9月30日午後10時より順次無効化し、10%の税率が適用されたものを再発行させていただきますのでご了承下さい。 お見積りに対してオンライン(クレジットカード・PayPal等)でお支払いのお客様に対しては、お支払い時に10%の消費税が自動適用されますのでご了承ください。 Proforma Invoice(海外送金にてお支払いのお客様向け請求書)にてお支払いのお客様におかれましては、お見積りおよび請求書の再発行が必要となりますので、sales.jp__at__jetbrains.com(__at__を@に置換)までお知らせ下さい。 本件について、ご質問等ございましたら、JetBrains Sales Support(日本語でご質問いただけます)までお知らせ下さい。 *1 JetBrains Storeまたはお見積り発行時に指定されているBilling address(請求先住所)で判断。 関連情報:JetBrains Storeにおける価格改定(日本円価格導入)のお知らせ よくある質問と回答 Q1: JetBrains Storeの表示価格は税抜ですか、税込みですか? A1: 税抜価格で表示しております。お見積り発行およびチェックアウト(購入)画面にて、消費税額を追加した金額 を表示させて頂いております。  

Posted in お知らせ | Leave a comment

Kotlin Fest 2019と基調講演と感想

こんにちはJetBrains堀岡です。 (夏休みの宿題みたいなタイトルでスイマセン) 先週(2019/8/24)弊社Kotlin Developer Advocate Svetlana Isakova (@sveta_isakoba)と共にKotlin Fest 2019に参加させて頂きました。 Kotlin Fest 2019基調講演のスライド 今年のKotlin Festでは、日本Kotlinユーザグループ様より、Svetlanaを基調講演のスピーカーとしてご招待いただきました。 彼女は、日本に来るのが初めてということで、日本のKotlinコミュニティーの多くの皆様と交流できて、非常に楽しそうでした。8月25日の夜にTwitterでしれっとスライドがpostされていましたので、こちらでもご紹介いたします。 (個人的には技術的なことはまだ詳しくないのですが)他のスピーカーのセッションとか、(彼女自身が書いた)Kotlin 1.3.50のリリースブログと合わせて読むとより話しが繋がるのかなというふうに思いました。 個人的な感想 昨年は、Kotlinについてほとんど知らない状態で一般参加させていただき、なんか盛り上がっているなくらいの印象だったのですが、今年は基調講演の件で企画の段階から少し日本Kotlinユーザグループの皆様とJetBrainsチームとのコミュニケーションをお手伝いさせていただいたき (皆さん本業で活躍されているお忙しい中)プロフェッショナルな企画と当日のイベント運営 (すでに普及が進んでいるAndroid系のトピックに加え)サーバーサイドKotlinやKotlin Multiplatform、Kotlin/JS、Kotlin/Native、Kotlin 1.3で追加された新しい言語コア機能等、日本のKotlinコミュニティーが最新のトピックをキャッチアップできるよう注意深く選定されたテーマ 400名近くの熱心な参加者 に非常に感銘を受け、Kotlinの日本での普及が多くのコミュニティーの皆様の熱意と支援によって支えられていることを再実感しました。そして、日本のKotlinコミュニティーの皆様に、もっと多くの日本語による情報提供や、JetBrainsのKotlinチームをつなぐようなお手伝いができればと思いました。 おわりに Svetlanaは(緑が多いミュンヘンにすんでいるせいか)広い公園好きらしく、イベント後は浜離宮や旧芝離宮散策を楽しみ、今週は他のアジアの地域でのKotlin Everywhere イベントへの登壇も予定しているそうです。また、今後は、スライドでも言及していますが、新しい本(Atomic Kotlin)を完成に向けて鋭意執筆中だそうです。 Kotlin/Everywhereの日本語による紹介以下をご覧ください あなたのKotlinイベント、Kotlin/Everywhereに登録しませんか? ということでKotlin Fest 2019、非常に有意義で楽しいイベントに参加させていただきありがとうございました。残念ながら参加できなかった方は、公開されているスライドや今後公開される予定の動画でぜひこの体験を共有いただくことをオススメします。 Have a nice Kotlin!

Posted in Kotlin, イベント | Leave a comment

JetBrains Rider ウイーク(2019/9/3-9/6)

こんにちは。JetBrains堀岡です。 2019年9月3日(火)から9月6日(金)にかけてJetBrains Rider(.NET/Unity開発向けIDE 日本語ページはこちら)の開発チームが来日し、以下のイベントに参加します。本記事では、イベント概要と見どころを簡単に紹介いたします。 1. JetBrains .NET Meetup Tokyo 2019 日時 2019年9月3日(火) 18時45分開場 19時開始 場所 ワーキングホリデー・コネクション 原宿・表参道 YMスクエア店 東京都渋谷区神宮前4-31-10 YMスクウェア原宿 2F(地下鉄明治神宮前徒歩1分、JR原宿駅徒歩5分) 概要 昨年の「JetBrains “.NET” Night Tokyo 2018 @ Lifebear様」に続く、JetBrainsの.NET製品に特化したJetBrainsイベントです。今年は.NET/Unity開発向けIDE Riderにフォーカスし、開発チームをリードしているKirill Skryganによるトークとデモ、その他のセッションも企画中です。懇親タイムでは軽食とお飲み物も提供いたします。 お申し込み・詳細 Rider参考記事 JetBrainsのクロスプラットフォーム対応.NET IDE「Rider」誕生までの歴史とそのアーキテクチャ   2. CEDEC 2019 日時 2019年9月4日(水)から2019年9月6日(金)ブースエリアは10時より 場所 … Continue reading

Posted in Rider, お知らせ, イベント | Leave a comment

IntelliJ IDEA 2019.2等でmacOS環境において日本語入力中に発生する問題と回避策

こんにちはJetBrains堀岡です。 【2019/10/18更新】Riderの2019.2.3がリリースされました。 【2019/10/8更新】GoLandの2019.2.3がリリースされました。 【2019/9/27更新】PhpStorm, PyCharm, RubyMine, WebStorm, AppCodeはバージョン2019.2.3、DataGripは2019.2.5で問題が修正されています。GoLandとRiderの正式Fixまで今しばらくお待ち下さい。 【2019/9/25更新】JBR11の修正版を含むIntelliJ IDEA 2019.2.3がダウンロード可能になっています。JetBrains ToolboxまたはIntelliJ製品単体ダウンロードから入手ください。他のIDE製品も順次リリース予定です。 【2019/8/27更新】JBR11のfix候補版がダウンロード可能になっています。詳細は回避策2をご参照ください。 以下の記事は2019年7月30日の時点での情報をベースに作成されています。 問題 IntelliJ IDEA/PhpStorm/PyCharm/WebStorm/GoLand等、JetBrains IDE製品の最新バージョン2019.2をmacOS上で利用する際、一部の環境で日本語入力に関する問題(正しく入力されない)が報告がされています。 YouTrack Issue番号 JBR-1693 difficult to input Japanese text with “Fast” Key Repeat 症状例 JetBrains  IDE上で、macOSにバンドルされた日本語入力(IME)を利用して、日本語を入力する際に、変換途中で自動的に確定されたり、キー入力が認識されなかったりして、日本語入力ができないことがある。 参考 その他 2019.2系のIDEで報告されている問題 IDEA-217058  macOS上でCntl+V等のキーボードショートカットが多重入力される WI-47987  マウス等による選択操作中にドラッグ&ドロップになる(こちらは日本語入力とは関係なさそう) 原因 調査中ですが、JetBrains … Continue reading

Posted in お知らせ | 1 Comment

JetBrainsテクニカルサポートの利用方法

こんにちはJetBrains堀岡です。 JetBrains製品を使っていて問題に遭遇した時に、 ググってみたけど解決方法が見つからず Twitterで誰となく助けを求めてる みたいにお困りの方、時折お見かけします。 以前、「最近始めた人、これから始めたい人向けJetBrains製品関連の情報源」で説明したことはありますが、まだまだJetBrainsのテクニカルサポート窓口が存在することを認知されていないのかなと思っていたところ、ちょうど良いタイミングでPhpStormのRoman Pronskiyから「PhpStorm and YouTrack: We Want Your Feedback」というJetBrainsのサポートの利用方法に関するブログポスト(英語)がありました。本記事は、こちらの内容を一部抜粋、加筆したものになります。 ちなみに現在(2019年7月時点)でJetBrainsにおける日本のお客様へのサポート体制としては JetBrainsの営業関連のお問い合わせは日本語で対応 JetBrains製品のテクニカルサポートとのコミュニケーションは*原則英語で対応 となっております。もし、日本語でテクニカルサポートを受けたい場合は、サムライズム様からのサポート付きプランの購入をご検討ください。それ以外の方は、こちらで解説する方法を参考にJetBrains製品のテクニカルサポートをご利用いただければと思います。 JetBrains IDEからテクニカルサポートへの連絡方法 今回の記事では(PhpStormやIntelliJ IDEA等の)IDE画面上からJetBrainsのテクニカルサポートに連絡する方法を解説します。以下の画面例のようにIDE上ではHelpメニューからテクニカルサポートへの連絡が可能です。 (IDEから)テクニカルサポートへの問い合わせの種類には以下の3種類があります。それぞれの用途は以下のとおりです。 Contact Support… – サポートチケットを起票するためのウェブフォームを開きます。製品の使用法や、バグかどうかわからない場合の問い合わせ等にこちらをご使用ください。 Submit a Bug Report… – 明らかにバグを思われる場合や、Feature Request(機能拡張要求)に利用します。YouTrackと呼ばれる課題管理システム上にIssueを作成します。初めて利用する場合はSign up(アカウント登録)が必要です。 Submit Feedback… – 上記以外の場合に利用します。 もちろん、IDE上からではなくJetBrainsのウェブサイトから直接テクニカルサポートに連絡することも可能です。詳細は「最近始めた人、これから始めたい人向けJetBrains製品関連の情報源」を御覧ください。  YouTrackを初めて利用する方へ … Continue reading

Posted in YouTrack, お知らせ | Leave a comment

あなたのKotlinイベント、Kotlin/Everywhereに登録しませんか?

こんにちは。JetBrains堀岡です。 2019年のGoogle I/Oや以下で発表されていますが、現在GoogleとJetBrainsは「Kotlin/Everywhere」と呼ばれる世界各地で開催されるKotlin関連のコミュニティ・イベントを開催・支援する取り組みを行っています。 Kotlin/Everywhere 登録サイト(英語) https://events.withgoogle.com/kotlin-everywhere Kotlin Blog「Kotlin Is Everywhere! Join the Global Event Series」(英語) https://blog.jetbrains.com/kotlin/2019/05/kotlin-is-everywhere-join-the-global-event-series/ Google Developers 「Kotlin Everywhere を開催します」(日本語) https://developers-jp.googleblog.com/2019/06/kotlin-is-everywhere-join-global-event.html が、本ブログを執筆時点(2019年6月12日)の日本の開催状況を見てみると、5月18日の開催済みイベントしか登録されていません😅(温泉イベントを登録・開催頂いた皆様ありがとうございます。最新状況はこちら) 【2019年9月2日アップデート】8月に開催されたKotlin/Everywhere Ehimeも登録されました🎉 ということで、より多くの技術者コミュニティの皆様がKotlin/Everywhereの機会を活用して、イベントを企画・開催して、Kotlinをいろいろな機会でより便利にお使い頂けるよう、JetBrainsの日本語ブログでも紹介したいと思います。 Kotlin/Everywhereとは Kotlinの要素技術やベストプラクティスについて学ぶ、世界各地で開催される、コミュニティ主催の技術者向けイベントの総称 どなたでも主催、どなたでも参加可能 GDG(Google Developer Group)やKUG(Kotlin User Group)、その他コミュニティ主催者がイベントをKotlin/Everywhereイベントとして登録可能 主催者がKotlin/Everywhereとしてイベント登録すると、Kotlin/Everywhereウェブサイトに掲載される イベントの内容・規模に応じてGoogle/JetBrainsからサポートを得られる場合がある(すべてのイベントがサポートを得られるとは限りません)。 サポート内容例 会場費や飲食代、グッズ作成にかかる費用(イベントの詳細が決まった段階で早めにご相談ください。リクエストから回答まで2週間ほどかかる場合があります。) スピーカーの派遣(イベント開催の2ヶ月以上前に要連絡) サポート対象のイベントの開催期間は2019年5月15日から2019年12月1日まで … Continue reading

Posted in Kotlin, お知らせ, イベント | Leave a comment

はじめてのCLion+IntelliJ Rust

こんにちは。JetBrains堀岡です。ご存知の通り、JetBrainsの製品は様々なプログラミング言語やテクノロジーをカバー(参考:jetbrains.dev)しており、日々様々な技術情報が英語でアップデートされています。営業的な記事を書くのはそろそろ飽きてきたので、私自身仕事で使ったことのの無い(遠い昔、ソフトウェアエンジニアでしたw)プログラミング言語(Kotlin、PHP、Ruby、Swift、Scala、Go、Rust)のコンテンツも学びながら増やしていけたらと考えております。そこで、今回(今後伸び代がありそうな)IntelliJ Rustについて紹介したいと思います。 IntelliJ Rustの歴史 現在JetBrainsの製品群の中でプログラミング言語Rust専用のIDEはありませんが、オープンソースのJetBrains IDE向けプラグインとしてIntelliJ Rustがあります。歴史を調べてみると以下が大きな節目のようです。 2015年9月 JetBrains内の2つのチームでプロジェクト開始(JetBrains英語ブログ) 2016年6月 IntelliJ Rustリリース(IntelliJ Rustページ) 2017年8月 JetBrains IDEによるIntelliJ Rust サポートを正式発表(JetBrains英語ブログ) 2018年3月 JetBrains CLionによるデバッガサポート発表(JetBrains CLion英語ブログ) IntelliJ Rustの情報源 IntelliJ Rustには製品レベルのドキュメントはありませんが、以下から機能概要やリリース情報を知ることができます。 IntelliJ Rust Documentation https://intellij-rust.github.io/ クイックスタート https://intellij-rust.github.io/docs/quick-start.html FAQ https://intellij-rust.github.io/docs/faq.html Rust Pluginページ https://plugins.jetbrains.com/plugin/8182-rust/ GitHub https://github.com/intellij-rust/intellij-rust Twitter https://twitter.com/intellijrust 現時点でIntelliJ Rustと一番親和性の高いJetBrains IDEはCLionです(デバッガサポートがあるため)。そのため、現在JetBrainsの製品カテゴリ/マーケティング的にはIntelliJ Rust関連の情報(新機能や便利な使い方紹介)は、CLionの一部として以下の通り情報提供されています。 CLionブログ内のRustに関する記事(英語)https://blog.jetbrains.com/clion/?s=Rust … Continue reading

Posted in CLion, IntelliJ Rust | Leave a comment

JetBrains製品の稟議に役立つ(かもしれない)情報源

こんにちは。JetBrains堀岡です。 先日「「会社で買うなら」知っておきたいJetBrainsのライセンスとお金の話」という内容を紹介しましたが、既に会社の標準開発環境としてJetBrains製品が指定されている場合を除き、JetBrainsを購入するために稟議をあげる必要がある方も多くいらっしゃると思います。私達(=JetBrains製品を販売する立場)としてはせっかく「導入したい」と思っている開発者の皆さんをお手伝いしたいと考えておりますので、今回は稟議の参考資料作りに役に立つ(かもしれない)JetBrains製品に関する情報源を紹介したいと思います。 JetBrains会社概要(日本語版) 課題 「ジェットブレインズ?聞かない名前だね」 という上司や予算承認者の方々へ「JetBrainsとはどういう会社なのか」を紹介するための良い資料はないでしょうか? 対策資料と使い所 JetBrains製品は、日本の開発者コミュニティやTwitter上においては、一定の知名度を得ていると思いますが、予算を管理しているマネジャーの方や設備管理、経営層の方々に対する知名度は改善の余地があると認識しています。 今回JetBrainの会社概要(2018年版)の日本語訳ができました。資料としてはページ数が多いので全て紹介する長くなってしまうと思いますが、例えば以下のポイントがカバーできるページをピックアップすれば良いと思います。 2000年創業のソフトウェアツールベンダー 本社はチェコ、ロシア、ドイツ、米国等にオフィスを構えており、従業員は約1000名(2019年の最新情報) メジャーなプログラミング言語をサポートするIDEが主力製品 チームツール(CI、チケット管理)、最近注目のプログラミング言語(Kotlin)の開発も行っている 世界的に見ると、有償開発ツールとしてはメジャーな存在であり、スタートアップから大企業まで幅広く採用されており、ユーザ数も多い 2016年のZeroTurnaround社による調査や弊社が毎年行っている開発者向け調査「The State of Developer Ecosystem Survey in 2018」によるとIntelliJ IDEAが最も利用者の多いJava開発環境という統計結果が得られています。 IntelliJ IDEAのROI 課題 有償の製品を導入する時に、期待されるROIについて聞かれるケースがあると思いますが、ROIへの考え方は様々であり、何もないところから考えるのは難しいので参考になる資料はないでしょうか? 対策資料と使い所 JetBrainsは昨年(2018年)、第三者機関(Forrester Consulting)による、実際にIntelliJ IDEAを導入しているお客様へのインタービューを行い、JetBrains IntelliJ IDEAの導入によるROIをまとめた資料「The Total Economic Impact™ Of JetBrains IntelliJ IDEA」を発表しました。ここに書かれている内容はあくまで一例ですが、ROIの数値だったり、それをどのような観点で算出しているのか考え方を学ぶ上で有用であると思います。 … Continue reading

Posted in お知らせ, ライセンス | Leave a comment