WebStorm 2018.1 EAP、181.3870:Prettierでコードを再フォーマット、Gitの部分コミット | WebStormブログ

新しいWebStorm 2018.1 EAP(181.3870.1)がご利用いただけるようになりました!

Toolbox Appでアップデートするか、こちら からビルドをダウンロードして、WebStormの安定版に加えてインストールすることができます。

WebStorm 2018.1 EAPをダウンロード

以前のWebStorm 2018.1 EAPビルドで追加されたすべての新機能に関する詳細は、これらのブログ記事(英語)をご参照ください。

Prettierでコードを再フォーマット

Prettier はJavaScriptとTypeScript用のコード整形ツールです。WebStormでそれを外部ツールとして使用することは可能でしたが、それをよりシームレスに統合することに決めました。

現在、Prettierをプロジェクトの依存関係として、またはマシン上にグローバルにインストールしている場合、新しい Reformat with Prettier アクション (Alt-Shift-Cmd/Ctrl-P) を使用して、選択したコード、ファイル、ディレクトリ全体のフォーマットを行えます。 また、このアクションは、Find Action ポップアップ (Cmd/Ctrl-Shift-A)を使用して見つけることもできます。

New action Reformat with Prettier

WebStormでリファクタリング、コードスニペット、クイックフィックスまたは自動インポートを使用する場合、IDEはコード生成には独自のフォーマットを使用しています。この新しいコードがすぐに正しく表示され(右引用スタイル、インデントサイズなどを正しく使用)、Prettierですでに再フォーマットされたコードから目立たないようにするために、WebStormはPrettierのデフォルト、またはカスタム設定のキーコードスタイルルールをコードスタイル設定に適用します。

何らかの理由でWebStormがプロジェクトでPrettierを検出せず、 Reformat with Prettier アクションが無効になっている場合、 Preferences | Languages & Frameworks | PrettierでPrettierパッケージへのパスを指定してください。

ご注意いただきたいのですが、現在のところWebStormでPrettierを使用して再フォーマットできるのはJavaScriptとTypeScriptファイルのみです。今後Prettierがサポートする他のファイルタイプでも、このアクションをご利用いただけるようにする予定です。

ドキュメンテーションポップアップのマークダウン

2週間前に、ドキュメンテーションポップアップを改善するために当社が行っている変更についてお話いたしました。今週当社は、ドキュメンテーションポップアップのJSDocコメントで使用されたマークダウン用の適切なレンダリングを追加しました。

Markdown in JSDoc

Gitの部分コミット

WebStormはGitの部分コミット(git add -p)をサポートするようになりました。ファイルから選択した変更のみをcommitし、他のすべての変更をスキップできるようになりました。

Commit ChangesダイアログのDiffペインのチェックボックスを使用して、コードチャンクをコミットに含めることができます。

Git partial commit on a Commit Changes dialog

また、ファイル全体ではなく、コードチャンクをチェンジリストに関連付けて、それらを別々に追跡することもできます。コードチャンクは、Commit ChangesダイアログのDiffペインのコンテキストメニューから使用可能な、Move to another changelistアクションを使用して、チェンジリスト間で素早く移動できます。

New action Move to another chanhelist

あるいは、コードチャンクをエディタから直接チェンジリストに追加することもできます。ガターの変更マーカーをクリックし、チェンジリストを選択するか、新しいチェンジリストを作成できます。

Move change to a changelist from the editor

修正された問題の完全なリストは、WebStormプロジェクトの リリースノートをご参照ください

ご意見を共有し、当社のトラッカーにて問題をご報告ください。 よろしくお願いいたします!

WebStorm Team

[原文]

Posted in お知らせ | Leave a comment

IntelliJ IDEA 2018.1 EAP リリース: Kotlin 1.2.30

新しいIntelliJ IDEA 2018.1 EAPをリリースしました! 多くの改善、バグフィクスに加えてKotlin pluginはversion 1.2.30へアップデートされています。

新しいプラグインはいくつかの新しいインテンションアクションを備えています。プロジェクトツールウインドウでコードの断片を直接貼り付けられるようになりました。IDEはクリップボードの内容で新しいKotlinファイルを作成します。

2018-03-06-17_43_48

さらに、scoping functionの呼び出しのletとrunを相互にコンバートすることもできるようになりました。image1-1

またデータフローの解析がKotlinとJavaをミックスしたプロジェクトでも働くようになりました。

リネームリファクタリングで衝突が発生する可能性がある場合警告が出るようになりました。

その他詳しくはこちらのリリースノートをご覧ください。

ダウンロードしてお試し頂き、  フォーラムTwitterへフィードバックを頂ければ幸いです。問題がございましたらYouTrackへレポートをお願いいたします。

Happy developing!

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

YouTrack 2018.1 がリリースされました !

YouTrack 2018.1をご歓迎ください!

800x500_blog_YT_2018_1_@2x

YouTrack 2018.1では条件付きカスタムフィールド、ユーザーごとの日本語ローカライゼーション、日付ベースのスイムレーン、および他の改善点を導入

新機能

  • 条件付きカスタムフィールド
  • ユーザーごとの日本語ローカライゼーション
  • 日付ベースのスイムレーン
  • カスタムウィジェット
  • アクティビティストリーム
  • マークダウンサポート
  • Excel形式でのエクスポート
  • ユーザー規約

拡張機能

  • ワークフローAPIアップデート
  • インポートの改善
  • アジャイルボードでサブタスクをを無視するオプション

実験的な機能

  • 再設計されたフルページ表示
  • マークダウンのチェックリスト

条件付きカスタムフィールド

カスタムフィールドを、別のカスタムフィールドで特定の値が選択された場合にのみ表示されるように構成できるようになりました。これらの条件は、プロジェクトごとに設定できます。

custom-fields-1

この機能は、さまざまな条件が満たされたときにのみカスタムフィールドが表示されるように構成したいユーザー様にとって非常に便利です。課題のタイプだけでなく、列挙されたフィールドの選択に基づいて特定のフィールドを表示する条件も追加できます。

プロジェクト設定で、プロジェクトの条件付きフィールドを設定できます。

ユーザーごとの日本語ローカライゼーション

2018.1から、YouTrackでユーザーご希望の表示言語を選択できます。アプリケーション全体の一貫性を維持するために、検索クエリ、コマンド、およびカスタムフィールドで使用される言語はグローバルレベルで設定されています。ページヘッダー、メニュー、およびコントロールは、ご希望の言語で表示されます。 プロファイルでいつでも表示言語を変更できます。

Per-user_localization

日付ベースのスイムレーン

スイムレーンをアジャイルボード上の期日フィールドでソートするオプションを追加しました。この機能は、今日、明日、今週、来週など、課題を把握するのに役立ちます。これを使用し、次にすべきことを追跡することで、もう期限を逃すことはございません!

Due_date

カスタムウィジェット

カスタムウィジェット機能は、実験的段階からパブリックへと昇格しました。つまり、YouTrack 2018.1をインストールまたはYouTrack 2018.1にアップグレードすると、この機能が自動的に有効になります。

Custom_widgets

この機能を使用すると、カスタムウィジェットをアップロードし、ダッシュボードやプロジェクトページに追加することができます。カスタムウィジェットを使用して外部ソースからコンテンツを取得したり、接続されたサービスから一意にフォーマットされたデータを表示できます。

また、この機能をJetBrainsプラグインリポジトリと統合いたしました。 ここで、他のユーザー様が開発されたウィジェットにアクセスし、独自のウィジェットをアップロードしてウィジェットをコミュニティと共有することができます。ご自分のカスタムウィジェットを構築する方法を学び 、SlackでYouTrackコミュニティに参加し、カスタムウィジェットに関する知識を交換してください。

アクティビティストリーム

新しいフルページ表示の実験的リリースにより、アクティビティストリーム機能は実験的な段階からパブリックへと昇格しました。アジャイルボードで初めて導入されたのに続き、この機能は、VCSの変更、Upsourceからコードレビューを入手、ライブアップデートのサポートを含むようにアップグレードされました。

Activity_strea

マークダウンサポート

この機能も、実験的段階からパブリックへと移行しました。この機能を個別に有効にせずに課題の説明やコメントのテキストを書式設定したり、マークダウン構文の項目を操作したりできます。 一方で、マークダウンとYouTrack Wiki構文をユーザー単位で切り替えるオプションもございます。

Markdown

Excel形式でのエクスポート

課題リストをExcel形式でエクスポートできるオプションを追加しました。CSVとは異なり、Excel形式でのエクスポートでは、カスタムフィールドの値のデータ型が保持されます。

ユーザー規約

YouTrackにログインしたユーザーに提示されるユーザー規約を保存する機能が追加されました。YouTrackにアクセスして使用するには、ユーザーは同意する必要があります。

User_agreement

これにより、一般データ保護規制(GDPR)要件に概説されているように、EU加盟国で営業する企業にとって必要なYouTrackの個人情報を処理するための同意を収集することができます。

アップデートと拡張機能

ワークフローAPIアップデート

ワークフローAPIは、ES6/JS2015の特定の機能をサポートするように拡張されました。新しいメソッドは、通知なしに変更が適用された場合に検出し、コメントが削除されたときに反応し、課題の説明、コメント、または作業項目の説明の書式設定をするためにマークダウンを使用されたかどうかを確認できます。

インポートの改善

他のトラッカーからのインポート機能を改善しました。Pythonインポートスクリプトを使って作業、課題属性をマッピングするためのより詳細な手順をご用意いたしました。また、インストールを簡単にするために、PyPIプラットフォームにインポートスクリプトを公開しました。

アジャイルボードでサブタスクをを無視するオプション

自動的に課題を追加するボードでは、ボード上のカードにサブタスクとしてリンクされている課題が、未分類カードのスイムレーンに追加されます。ボードの動作設定の新しいオプションでは、サブタスクを無視して、このスイムレーンで非表示にすることができます。

実験的な機能

フルページ表示

課題表示ページの完全再設計版をリリースしております。これは、説明とコメントでのマークダウン、チェックリスト、コメントを逆順に並べ替え、スマート@メンション、カスタムフィールドのユーザビリティの改善、暗いテーマ、集中モード、すべての添付ファイルをダウンロードする機能をサポートするようになりました。コメント、課題履歴、時間追跡、VCSの変更は、特定のイベントタイプを表示または非表示するオプションを含む単一のアクティビティストリームに統合されました。

FSI

マークダウンのチェックリスト

マークダウン構文を拡張し、チェックリストをサポートするようになりました。チェックリストを使用し、サブタスクに別の課題を作成することなく、課題の完了に貢献するアクティビティを追跡してください。

Checklists_new

この機能は古い課題表示では完全にサポートされていないため、フルページ表示機能も有効にする必要があります。

いかがでしょうか?ぜひYouTrack 2018.1をお試しください!フィードバックも大歓迎です!以下のコメント欄からお気軽にお知らせください。リリースの詳細については、リリースノートをご参照ください。

クラウドでYouTrackをご使用の場合は、当社のメンテナンスカレンダーに従って、お客様のインスタンスが自動的に最新バージョンにアップグレードされます。

Posted in YouTrack, お知らせ | Leave a comment

IntelliJベースIDEのSSHによるGitHubへのアクセスについて

GitHubは先週、弱い暗号化キーのサポートをドロップする変更を行いました。Qiitaの記事にも既にまとめられておりますが、これにより、内蔵のSSHクライアントを使ってGitHubへSSH接続するユーザーに問題が生じました。

IntelliJベースの製品より、GitにSSH接続するには2つの方法があります:

  • 内蔵のSSH クライアントを使う方法
  • ネイティブのSSHクライアントを使う方法

この設定はVersion Control | Git | SSH executableより行えます:

GitHubの最近の変更で影響を受けるのは内蔵のSSHクライアントを使っている場合です。

この問題はすでに2018.1 EAPで修正されており、リリースバージョンに修正は含まれます。それまでの間、ネイティブクライアントを利用することで回避して頂けます。しかしながらSSHキーがパスフレーズで守られている場合、ネイティブクライアントを利用するにはパスフレーズをシステムレベルで設定しておかねばなりません。これは通常ssh-agentなどのツールで行います。

また、この修正は2017.3とEAPにすでにバックポートされており、数週間のうちに正式リリースの予定です。

まとめると、選択肢は以下の通りとなります:

  • 2018.1 EAPを使う
  • 2017.3 EAPを使う
  • ネイティブクライアントに切り替えて回避する

ご面倒をおかけして申し訳ございません。

The JetBrains Team

[原文]

Posted in お知らせ | Leave a comment

DataGrip 2017.3.6リリース

2017.3のマイナーアップデートになります。重要な修正は極力早めにリリース出来ればBと思います。

DBE-5932: テーブル削除時、必要に応じて DROP CONSTRAINTS 句を生成する
DBE-5745: SQL ServerとSybaseで適切にオブジェクトを削除できるようになった
— 新しいintrospectionの追加: point, line, lseg, box, path, polygon, circle.
— ダイアグラムのスクロールが再び動作するように。 reported it in our foruフォーラムでレポートしてくださった Lewislgに感謝いたします

Your DataGrip Team
JetBrains
The Drive to Develop

[原文]

Posted in 0xDBE | Leave a comment

Rider 2017.3 のWeb開発関連機能

JetBrains Rider - cross-platform .NET IDERiderはフルスタックでクロスラットフォームの.NET IDEであり、WebテクノロジーにフォーカスしたWebStormの機能を継承しています。Rider 2017.3ではJavaScript、TypeScript、CSSサポートを強化し、ESLint and TSLint, CoffeeScript, LiveEdit, Polymer and web components, Pug (ex. Jade), Handlebars, Karma, Stylus, AngularJS, spy-js, Gherkin, Cucumber and Vagrantといったフロントエンド向けのプラグインを利用出来るようになりました。

また、SVGファイルのプレビューパネルも追加したのでsvg編集中に文法だけでなく見栄えも確認できます。package.jsonファイルの検出も強化され、npmパッケージのインストールやアップデートをサジェストすることもできます。

このエントリで全てに触れられるわけではありませんが、Rider 2017.3の主要なWeb開発機能をご紹介しましょう!

これはシリーズとなるポストの一部です。(今後ポストが追加されれば以下の一覧に追記していきます)

  • Rider 2017.3 のWeb開発機能Rider 2017.3 のWeb開発機能

 

JavaScript、TypeScript、CSSのアップデート

JavaScript、TypeScript、CSSファイルをアップデートする際のコード補完やパラメータ情報がアップデートされました。JavaScriptやWeb APIsを操作する際、TypeScript definitionファイルで補完が行われます。

Ctrl+Shift+F1 (Visual Studioキーマップの場合)で表示されるドキュメンテーションは詳細なオブジェクトやメソッドの説明が含まれるようになりました。これはMDNより収集された情報になります。

Object and function help from Mozilla Developer Network in quick documentation

Riderはプロジェクト内で複数の異なるJavaScriptバージョンを使うことが出来るようになりました。Preferences | Languages & Frameworks | JavaScriptよりディレクトリ別にバージョンを設定できます。例えば特定のディレクトリはES5.1にして、他ではES6を使うといったことが出来ます。Riderは設定したバージョンに応じたコード解析やクイックフィックスを提供します。

Different JavaScript version per directory

CSSについて、transformtransitionpointer-eventsプロパティのコード補完サジェスチョンも行います。

ESLintとTSLint

.eslint または .tslint 設定ファイルのあるプロジェクトを開く際、Riderは自動的にコードスタイルルールをインポートします。しかしながら、これらの設定ファイルはJavaScriptまたはYAMLで書くこともでき、extendsを使ってより設定することも出来ます。RiderにはApply code style from ESLint アクションが実装され、設定したコードスタイルを適用することが出来ます。このアクションはエディタのトップに、またはAlt+Enterを押すことで表示されます:

Apply ESLint ccode style in Rider

.eslintrcファイルを編集する際もコード補完が効きます:

ESLint code completion in Rider

npmパッケージのインストール/アップデートサジェスト

ソースコントロールからアプリケーションの新しいバージョンをフェッチした後、またはpackage.json ファイルを直接編集した際、依存にマッチする新しいnpmパッケージが見つかる可能性があります。Riderは新しいパッケージをインストール/更新するか尋ねます:

Update npm dependencies with Rider

他には?

このポストではRider 2017.3の一般的なWeb開発関連のアップデートについて説明しました。次回はAngularやVue.jsサポートといったフレームワークサポート関連の改善やJest、Mochaテストランナーの-watch サポートなどをご説明します。

Rider 2017.3をダウンロードしてみてください。また、引き続きブログをウォッチしていてください。フィードバックを心よりお待ちしております。

 

[原文]

Posted in Rider | Leave a comment

IntelliJ IDEA 2018.1 EAP: Gitの部分コミットなど

IntelliJ IDEA 2018.1 EAPの最新ビルドをリリースしました。サイトからダウンロードするか、Toolbox Appよりアップデートしてください。

IntelliJ IDEA 2018.1ではついにGitの部分コミット(git add -p)をサポートしました。選択した部分だけをコミットし、他をスキップすることができます。

コミットダイアログのdiffビューにてコミットしたい部分にチェックを入れてください。Screen Shot 2018-02-20 at 11.57.53

さらに、変更箇所を 別のチェンジリストにひも付けて別のタイミングでまとめてコミットすることも可能です。別のチェンジリストに移動するにはdiffペインで右クリックしてください。

Screen Shot 2018-02-20 at 12.00.20

別の方法として、エディタのガターエリアをクリックすればチェンジリストを選択したり新しいチェンジリストを作ったりできます。

近々Gitの部分コミットについては別のブログポストを公開する予定ですのでお待ちくださいませ。

新しいIntelliJ IDEA 2018.1 EAPではローカルの変更をディレクトリ、モジュール、リポジトリ別にグループ化して表示することができます。Version ControlツールウィンドウのLocal ChangesタブのGroup byアイコンより選択できます。これまではディレクトリとモジュールで同時にグループ化することしか出来ませんでした。今回より全部、または一部のみ、必要な形でグループ化できます。もちろんリポジトリでグループ化するのはプロジェクトで2つ以上のルートが設定されている場合のみ可能です。

Screen Shot 2018-02-15 at 18.39.32

Postfix code completionの改善

IntelliJ IDEA 2018.1ではPostfix code completionに改善が施され、カスタムpostfix Java templatesをPreferences | Editor | General | Postfix Completionより定義出来るようになりました。

自分で作成したり、リネームしたり、デフォルトで定義されているものを編集したり出来ます。

Screen Shot 2018-02-19 at 18.33.35

postfix

また新しい.argポストフィックスコンプリーションでは、オブジェクトをメソッドコールでラップすることが出来ます。

バンドルのKotlinプラグインはv1.2.30-eap-16へアップデートされました。

詳しくはリリースノートをご覧ください。

新しい機能を便利に感じていただければ幸いです。是非お試しの上discussion forumiYouTracktwitterへご意見を寄せて頂ければ幸いです。

Happy Developing!

[原文]

Posted in IntelliJ IDEA | Leave a comment

今月のPHP – 2018年2月

PHP Annotated Monthly Logo

PHP, Testing & Development

PHP 7へのアップグレードはお済みですか?The PHP Consulting CompanyはすでにPHP 8をロードマップに入れています。もうPHP 5をこれ以上使い続ける言い訳はありません。古いバージョンを使い続ける方々に罪の意識を追わせるのはこれで最後にさせてください。きっと後に感謝していただけることと存じます。以下は最新のアーティクルです。

フレームワークとライブラリ

Silexは4ヶ月でサポート終了となります。アップグレードかマイグレートを検討しましょう。詳しくはThe End of Silexをご覧ください。

PSR-15が可決しました。 PSR-15は標準のリクエストハンドラーで、サポートするミドルウェア同士の相互互換性を約束するものです。これにより、パッケージやライブラリをPSR-15に対応したフレームワークですぐに動かすことができるようになります。特に認証やキャッシングといった領域に役立ちそうです。

Laravel

Symfony

Other

コミュニティ、キャリア、イベント

MediumのYour Company is Screwing Itself by Not Supporting Open Source SoftwareはOSSやコントリビュータの資金援助をどうすべきか考えさせられます。難しい話題ではありますが、お気に入りのOSSをボランティア支援するのはすばらしいことです。

– Gary & The PhpStorm Team

 

[原文]

Posted in PhpStorm | Leave a comment

Dataloreパブリックベータ – 機械学習向けのWebアプリケーション

2月12日、Dataloreのパブリックベータを公開しました。Pythonによるデータ解析とビジュアライゼーション向けのインテリジェントなWebアプリケーションです。

今日、機械学習は多くの商用アプリケーション、研究プロジェクトの肝となっています。DataloreでJetBrainsプロダクトファミリに機械学習に特化した環境を追加します。

このプロダクトはJetBrainsのビジョンである、誰にとっても開発を楽しく生産性が高いものにするというビジョンに基づいてローンチしました。Dataloreはスマートなコーディングアシスタンス、インクリメンタルコンピュテーション、内蔵の機械学習ツールによりデータ処理を楽しいエクスペリエンスに変えます。

インテリジェントで簡単に使えるコードエディタ

データサイエンスは生データから様々な洞察を得る技術ですが、多くの場合コーディングを必要とします。機械学習のコーディングを楽しく簡単なものとするため、Dataloreはスマートなコード補完、インスペクション、クイックフィックスとナビゲーションを提供します。

コーディングタスクをシンプルにするため、書いているコードの文脈に応じたサジェスチョンを提示する「インテンション」があります。最適なインテンションをクリックすることでDataloreはデータセットをアップロード、トレーニング、テスト、分割、デザインなど様々なことを行うコードを生成します。

インクリメンタルコンピュテーション

洗練された学習モデルを得るには試行錯誤が必要です。たとえばパラメータをいくつか調整することで、挙動にどのような影響が起こるのか確認したいとき、すぐに結果が得られればうれしいはずです。Dataloreはワークブック内の様々なコンピュテーションの依存関係を解析し、変更により必要となる再計算の量を最小化します。これにより、スクリーン右側に表示されるアウトプットはあなたのアイディアを迅速に反映します。

様々なマシンラーニングツールを最初から用意

データアナリストがDataloreを使う際に必要となるツール群であるnumpy、pandas、sklearnといったPythonライブラリ群は最初から用意してあります。
さらに二つの先進的なビジュアライゼーションライブラリを開発しました。ひとつはdatalore.plotで、Rで実装されたggplotのinspired by the “grammar of graphics”にインスパイアされたライブラリです。そしてもう一つはdatalore.geo_mapsで、解析結果にインタラクティブな地図を追加するものです。

Iris、MNIST、Titanicなどのデータセットを最初から用意しており、便利なファイルマネージャで独自のデータセットを.csvフォーマとでアップロードすることも可能です。

編集内用は自動で保存されますので編集結果を失う心配はありません。バージョン管理システムを備えていますので、何かおかしくなったらファイルヒストリーから以前のモデルにロールバックできます。

コラボレーション

コードエディタはリアルタイムにワークブックをリモートから編集できますので、アイディアについて議論しながらチームメイトがコードを追加したり、コメントを入れたりできます。

様々なコンピュートインスタンス

Dataloreではタスクに応じてさまざまなコンピュートリソースを選ぶことが出来ます。シンプルなアルゴリズムは小さなコンピュートエージェントで、ディープラーニングアルゴリズムはパワフルなエージェントで動作させられます。より大規模なインスタンスが必要な場合はDatalore forumよりお問い合わせください

今後は?

まずdatalore.ioよりお試しください!

是非Datalore forumへフィードバックを寄せてください。また、問題があれば教えてください。Twitterアカウントも用意しております。Dataloreはまだ開発中で、より改善するための皆様のご意見を楽しみにしております!

Datalore Team

[原文]

Posted in PyCharm | Leave a comment

Developers Summit 2018に出展いたしました #devsumi

先週東京で開催されたDevelopers Summit 2018に株式会社サムライズムの力を借りて出展いたしました。沢山のベロッパーとお会いできて大変充実した時間を過ごすことができました。

39582659244_5490be8b5e_k

冬のDevelopers Summitへの出展はこれで6回目となります。5年前、日本では「知る人ぞ知る」ツールベンダであったJetBrainsですが、今や多くのデベロッパに愛されるツール・言語ベンダとなりました。5年という期間で、日本におけるJetBrains IDEのシェアは急速に伸び、またGoC#のマルチプラットフォームIDEのリリース、チームツールの日本語化も果たしています。

JetBrainsはカンファレンスに出展する際、定番のステッカーにとどまらず、ヨーヨーや脳みそボールといったユニークなノベルティを差し上げております。

IMG_1629

今回のデベロッパーズサミットでは株式会社サムライズムの発案で作成いたしましたショートカットコースターが大変評判でした。IMG_1609

次回は3月にScala Matsuri、そして5月にはUnite Tokyoに出展の予定です。またデベロッパの皆様とお会い出来るのを楽しみしております。

Posted in お知らせ | Leave a comment