WebStorm

WebStorm 8のロードマップ – YeomanサポートやAngularJSサポート強化など

WebStormは二度目のバグフィクスアップデートがリリースされ、次期バージョンを検討する段階に入りました。我々はこれが素晴らしいものになると確信しています!

現在のロードマップは確定したものではありませんのでご注意ください。内容はフレキシブルに変わっていく見込みです。まず早い段階で計画をアナウンスし、皆様のフィードバックを得られればと考えております。

WebStorm 8は2014年の早い段階(2月か3月)のリリースを予定しています。ロードマップの全容についてはこちらをご覧ください。

次期リリースで一番重点を置いているのはツールとワークフローです。ひとまずロードマップに入れたいのが以下の3つです。

  • Spy-js連携Spy-JSはJavaScriptのトレース、デバッグ、プロファイルの強力なツールです
  • Yeomanワークフローのサポート: Yo、BowerGrunt
  • JavaScript debuggerコンソールの改善

もう一つ大きいのはより進化したAngularJSサポート(デフォルトで内蔵)です。是非現在のプラグインをお試し頂き、良い点・悪い点についてフィードバック頂ければ幸いです。

もちろん既にサポートしているテクノロジー(JavaScript、TypeScript、スタイルシート言語等々)の改善やパフォーマンスの改善も予定しています。

1月までにはWebStorm 8のプレビューをEAPにて提供できる見込みです。最新情報にについては@WebStormIDE@JetBrainsJP、そしてこのブログをご確認ください。

皆様のフィードバックは是非YouTrackkerへ寄せてください。

Develop with pleasure!

WebStorm チーム

Discover more

WebStorm 2019.3:起動の高速化、より高度なVue.jsのサポート、よりスマートなJavaScriptのコード補完など

WebStorm 2019.3がリリースされました! WebStorm 2019.3では起動の高速化、Vue.jsサポートの大幅な強化、JavaScriptコード補完のより高度なスマート化、長く未解決であった多数のバグの修正を行いました。 WebStorm 2019.3をダウンロード このブログ記事では新機能ページに記載しきれなかった内容のほか、新機能と重要な改善点を詳しく紹介します。 新機能と改善点は、以下のカテゴリに分類されます。 パフォーマンス:起動を高速化し、ソースマップを使ってデバッグする際のメモリの使用方法を改善しました。 フレームワーク:より高度なVue.jsのコード補完、Vue.jsプロジェクトのクイックドキュメントの提供、Reactコンポーネントのサポート改善、さらに、Angularのサポートを強化しました。 JavaScriptとTypeScript:テンプレート言語のインジェクション、新しいシンボルの名前の提案を実装し、TypeScript 3.7の各種機能をサポートしました。 HTMLとスタイルシート:CDN上のCSSライブラリの補完、CSSの引用符スタイルを変更するオプションを実装し、Sassの@useルールと@forwardルールを初めてサポートしました。 IDEの改善:ツールと構成を実行するための単一のアクシ