The JetBrains Blog

IntelliJ IDEA 2018.1 EAP: Gitの部分コミットなど

IntelliJ IDEA 2018.1 EAPの最新ビルドをリリースしました。サイトからダウンロードするか、Toolbox Appよりアップデートしてください。 IntelliJ IDEA 2018.1ではついにGitの部分コミット(git add -p)をサポートしました。選択した部分だけをコミットし、他をスキップすることができます。 コミットダイアログのdiffビューにてコミットしたい部分にチェックを入れてください。 さらに、変更箇所を 別のチェンジリストにひも付けて別のタイミングでまとめてコミットすることも可能です。別のチェンジリストに移動するにはdiffペインで右クリックしてください。 別の方法として、エディタのガターエリアをクリックすればチェンジリストを選択したり新しいチェンジリストを作ったりできます。 近々Gitの部分コミットについては別のブログポストを公開する予定ですのでお待ちくださいませ。 新しいIntelliJ IDEA 2018.1 EAPではローカルの変更をディレクトリ、モジュール、リポジトリ別にグループ化して表示することができます。Version ControlツールウィンドウのLocal ChangesタブのGroup byアイコンより選択できます。これまではディレクトリとモジュールで同時にグループ化することし

Dataloreパブリックベータ – 機械学習向けのWebアプリケーション

2月12日、Dataloreのパブリックベータを公開しました。Pythonによるデータ解析とビジュアライゼーション向けのインテリジェントなWebアプリケーションです。 今日、機械学習は多くの商用アプリケーション、研究プロジェクトの肝となっています。DataloreでJetBrainsプロダクトファミリに機械学習に特化した環境を追加します。 このプロダクトはJetBrainsのビジョンである、誰にとっても開発を楽しく生産性が高いものにするというビジョンに基づいてローンチしました。Dataloreはスマートなコーディングアシスタンス、インクリメンタルコンピュテーション、内蔵の機械学習ツールによりデータ処理を楽しいエクスペリエンスに変えます。 インテリジェントで簡単に使えるコードエディタ データサイエンスは生データから様々な洞察を得る技術ですが、多くの場合コーディングを必要とします。機械学習のコーディングを楽しく簡単なものとするため、Dataloreはスマートなコード補完、インスペクション、クイックフィックスとナビゲーションを提供します。 コーディングタスクをシンプルにするため、書いているコードの文脈に応じたサジェスチョンを提示する「インテンション」があります。最適なインテンションをクリックすることでDataloreはデータセットをアップロー