News

JetBrains IDE と .NET ツール 2021.3 がリリースされました

Read this post in other languages:
English, Français, 한국어, Deutsch, Русский, 简体中文

IDE と .NET ツールの 2021.3 リリースがすべて公開されました。 以下では、それぞれのツールのリリース内容を簡単にまとめています。 いつものように、無料の Toolbox App でお使いのツールをアップデートすることをお勧めします。

このリリースの IntelliJ ベース製品には、以下のように魅力的な新機能が含まれています。

  • リモート開発
  • 対話形式で問題を解決できる新しい「Repair IDE…(IDE の修復…)」アクション
  • 新しい「Bookmarks(ブックマーク)」ツールウィンドウ
  • 「Run(実行)」ツールウィンドウの分割機能
  • Show Usages(使用箇所の表示)ポップアップでの結果プレビュー

注意: すべての IDE で使用できるとは限らない機能もあります。

各ツールリリースの要約と .NET ファミリーのツールに適用された重要な更新を以下に掲載しています。

IntelliJ IDEA 2021.3 には効果的な更新が満載です! リモートマシンに接続して IDE バックエンドをそこへデプロイし、リモートマシン上のプロジェクトをローカルマシンで作業しているかのように処理できるリモート開発(ベータ)機能を使用できます。 バージョン 2021.3 では、Repair IDE(IDE の修復)アクションという新しい IDE 問題のトラブルシューティング手法のほか、デバッガーの更新、Kotlin の定数条件のインスペクションなどの多数の改善も導入されています。

WebStorm 2021.3 には、ES2022 の private クラスメンバーのサポート、リモート開発用の新機能、モノリポと Deno LSP のサポート改善、Run(実行)ツールウィンドウの分割機能などが導入されています。

PyCharm 2021.3 には、依存関係管理およびパッケージングツールとして人気の Poetry と、Python 製 API 構築用 Web フレームワークとして注目を集めている FastAPI のサポート、JetBrains Gateway を介したリモート開発ワークフローのベータサポート、およびデータサイエンス分野に従事するソフトウェア開発者の生産性向上方法を深く理解した上で開発された新しい Jupyter ノートブックエクスペリエンスが導入されています。

RubyMine 2021.3 には、リモート開発ワークフロー、RBS と型チェック用の新機能、バンドルの RBS シグネチャー、Sorbet の初期サポート、UX とパフォーマンスの改善などが導入されています!

DataGrip 2021.3 が公開されました! 待望の Aggregate View(集計ビュー)をご活用ください!クエリを追加する手間を省くことができます。 独立分割機能を使用して、2 つの完全に分離したデータエディターウィンドウ内でデータのフィルタリングと順序付けを行うことができます。また、新しいデータベース差分ウィンドウでは、DDL データソースと実際のデータソースを比較し、同期させることができます。 さらに、DDL データソースの操作ワークフローを拡張したほか、イントロスペクションの高速化とインポート/エクスポート機能の改善を行ないました。その他にも多くの機能強化が施されています!

DataSpell 2021.3 が公開されました! 最新の IDE は、探索的データ解析と機械学習モデルのプロトタイプ作成に従事するユーザー向けに特別に設計されています。 DataSpell は Jupyter ノートブックの対話性と、PyCharm が提供するインテリジェントな Python および R のコーディング支援を 1 つの便利な環境にまとめたツールです。 DataSpell のページで全機能のリストをご覧になり、今すぐお試しください。 

.NET ツールおよび VS 拡張機能 2021.3

ReSharper と Rider では継続的に C# 10 関連の機能が追加されています。 ReSharper 2021.3 には、Visual Studio 2022 のサポート、null 許容参照型に対応した新しいクイックフィックス、およびナビゲーションと Find Usages(使用箇所の検索)への更新が導入されています。 Rider 2021.3 には、ホットリロードを含む .NET 6 SDK の正式サポート、メインツールバーの改良、新しい Debug (デバッグ)タブ、新しい Problems View(問題ビュー)ツールウィンドウが導入されています。 ReSharper C++ 2021.3 には、コードを最新の C++ にアップグレードするための支援機能が備わっています。 Unreal Engine のサポートが改善され、定数式の評価結果が Quick Info(クイック情報)ツールチップに表示されるようになりました。 バージョン 2021.3 の dotTracedotCover、および dotMemory コマンドラインツールは Apple Silicon チップをサポートしています

AppCode 2021.3 には、Swift アクター、マルチキーワード補完、ドキュメントサポートの改善、フル機能のプロパティリストエディター、エラーブレークポイントなどが搭載されています!

PhpStorm 2021.3 には、最近リリースされた PHP 8.1 のサポートの導入、PHP ジェネリクスの処理方法の改善、およびリファクタリング、デプロイ、HTTP クライアント、および VCS 統合の機能強化が施されています。 

GoLand 2021.3 では、WSL 環境の Go プロジェクトがネイティブにサポートされるようになったほか、Inline Function(関数のインライン化) および Inline Method(メソッドのインライン化)リファクタリングが追加され、ベータ版としてリモート開発がサポートされるようになりました。 このバージョンでは、保存時に gofmt を実行する設定がデフォルトで有効になっています。 また、ARM64 向けの Delve、パッケージの短縮名、および Show Types(型の表示)オプションなどのデバッガーに対する若干の改善を行なっています。

CLion 2021.3 では、さまざまなツールチェーンのセットアップがサポートされ、より簡単に構成できるようになっています。 デバッガーの表示が改善されたことで開発の効率が向上し、エディター内の型ヒントによって最新の C++ コードの管理が単純化されています。 この新しいリリースの静的解析では、典型的な C++ に見られるコードエラーをさらにキャッチできるようになっています。

各種 JetBrains ツールの最新バージョンを最新状態に維持するには、Toolbox App をダウンロードし、ツールをバンドルされているプラグインと共に自動アップデートしてください!

今すぐダウンロード

2021 年のアップデートはこれで終了です! JetBrains のツールを使用することで、生産性に優れた素晴らしい一年をお過ごしいただけたでしょうか。 良いお年を。2022 年もどうぞよろしくお願いいたします。来年も魅力的な機能とアップデートを用意してお待ちしております。

それでは、お大事にお過ごしください!

JetBrains チーム一同より

オリジナル(英語)ブログ投稿の作者:

Elizaveta Semakova

Marina Kovaleva

Discover more