IntelliJ IDEA 13 EAPでAndroid端末のSQLiteデータベースの直接接続が可能になりました

IntelliJ IDEA EAP 132.556をリリースしました。いつも通りバグフィクスや新機能がてんこ盛りです。

このビルドで重要な新機能はAndroidデベロッパ待望のAndroidのSQLiteデータベースサポートです。IDEから直接デバイス内蔵のデータベースを読んだり更新したりできるようになりました。

この機能を使うにはDatabase Supportプラグインが有効になっている必要があります。DatabaseツールウインドウよりNew ボタンを押し、Android SQLite データソースを選ぶと以下のようなダイアログが表示されます:

IDEAは自動的に端末やエミュレータ内の指定したパッケージのデータベースを検出してくれます。データベースを選択してOKを押せばテーブルを閲覧したり、編集したりできます:

データソースを選んでSynchronizeを押せば端末のデータベースの更新状況を確認し、必要があれば端末またはエミュレータから変更箇所をダウンロードします。逆にローカルで変更を加えた内容をポップアップメニューのUploadを押すことで端末に反映させることもできます。

この機能について注意点は以下の通りです:

  • この機能はAndroid 2.2以上の端末、またはエミュレータでのみ有効です
  • root化していないデバイスでも使えます
  • アプリケーションはdebuggableとしてビルドしてある必要があります(IDEAはデフォルトでdebuggableでビルドします)。productionビルドのアプリケーションへの接続はサポートしていません。
  • この機能はDatabase supportプラグインに依存しているためIntelliJ IDEA Ultimate Editionでのみお使いいただけます。

その他の変更内容はリリースノートをごらんください。

フィードバックはお気軽に掲示板へ、そしてバグレポートはYouTrackへお願いいたします。

Develop with Pleasure!

This entry was posted in IntelliJ IDEA. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *